「ちょっとだけ」は独立後に活かせるスキル。

独立

「ちょっとだけ」には、マイナスなイメージもあるのですが、効果も大きいものです。

また、「ちょっとだけ」を重ねることで、仕事も遊びも楽しめるようになります。

「ちょっとだけ」の効果

 

「ちょっとだけ」というと、物足りないと思われることも多いです。

  • ちょっとだけ勉強した
  • ちょっとだけ運動した
  • ちょっとだけ売上が立った

 

新しいことをやれば、反応があるまでには時間がかかるものですし、それをマイナスにとらえてしまうこともあるでしょう。
ただ、「ちょっとだけ」は、もっと深いものだと考えています。

 

  • ちょっと経験すればわかる
  • ちょっと行けばわかる
  • ちょっと食べればわかる

 

というように、「ちょっとだけ」は発見や行動の足がかりになるものです。
「ちょっとだけ」でも経験しないことにはわからず、その差は大きいもの。

 

何をやるにしても最初のうちは「ちょっとだけ」。
でも、その「ちょっと」を日々繰り返せば、やがて大きく育ちます。

 

たとえば、このブログもメルマガも最初は1日目からのスタート。
最初のうちは誰の目から見ても「ちょっと」です。

それでも日々書くことで、「ちょっと」が2000記事以上に積み重なっていきます。
「ちょっと」ではなくなります。

 

「ちょっとだけ」を前向きに考えたいものです。そうすれば「ちょっとだけ」の状況を楽しむこともできます。

 

冒頭の写真は、先日友人と外食したときに食べた前菜。
1つのお皿で複数の味を楽しむことができます。

少しずつの量ですが、1皿で見れば程よいボリュームです。

 

独立後も、この「ちょっとずつ」を活かしたいものです。

 

ちょっとずつ仕事するやり方

 

仕事も「ちょっとずつ」を選ぶことができます。

独立後はその日に何をするか、じぶんで考えて動くことになります。

1日、ずっと同じ仕事をすることもできますし、1日のうちにちょっとずつやることを変えることも自由です。

 

  • ちょっと座って、ちょっと立つ
  • ちょっとMac、ちょっとWindowsを使う
  • 部屋で仕事をして、ちょっとカフェで仕事をする

 

私自身も税理士業をずっとやるという日はほとんどなく、やる仕事をちょっとずつ変えています。

 

また、1つの場所でずっと同じ仕事をするのが得意でなければ、ある程度の時間で切り替えてちょっとずつ仕事するのも手です。

 

  • ブログやメルマガを書く
  • セミナーを開催する
  • サイトのメンテナンス
  • セミナー動画を見る
  • 読書
  • 研究

 

ちょっとずつができるから

ちょっとずつ遊ぶ

 

独立後はちょっとずつ遊ぶようにもしています。

 

  • Excelでしくみをつくる
  • プログラミングしてみる
  • じぶんの経験やスキルを話す
  • 写真を撮る
  • 新アイテムを触る

 

独立後は仕事をしつつ、その過程で遊びを入れることもできます。

歩いていて外出先で気になる光景があれば、立ち停まってカメラで写真を撮ることもあるのですが、新たな発見もあったりと楽しめます。

DSC08344

仕事をするときにもちょっと遊びをいれてみるなど、「ちょっとずつ」は独立後にこそ強味を発揮できるおすすめスキルです。

 

 


【編集後記】
昨日は法人の決算を終えてから、私用で外出して友人とランチでした。夜はFIFA23でアップデートされたワールドカップモードを長男(7)とプレイ。出場の32チーム+予選敗退のイタリアなどもあり、パワーアップしています。イマイチな点を言うなら、代表に選ばれてない選手がレギュラーにいるのと、控え人数が多すぎるかなと。今後のアップデートに期待します。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
FIFA23 ワールドカップモード
ラ ファルファーラ