「ずっと」が苦手なのに日々続くヒントはフランス料理。

独立

独立後、望まないなら仕事もずっと同じことをやらなくても済みます。
ずっとが苦手ならじぶんにあうやり方を見つけたいものです。

ちょっとだけ味わう

先月、とある理由で食べた人生初のフランス料理。

うわさには聞いていましたが、順番に料理が出てきて、量も少しずつです。

お皿はかなり大きいので、その量の少なさが余計に強調されます。

まずは前菜が出てきて、
IMG 1272

続いて魚料理が出て
IMG 1274

パンが出てきてという感じです。
IMG 1273

一品ずつ食べ終わったのを見計らって、店員の方が1品ずつ運んでくれます。

個室なのにどうやって食べ終わったのに気づくのだろうと不思議でしたが。

さらに、その後。リゾットが出てきて、
IMG 1276

グラタンと鳥料理。
IMG 1275

最後にデザート、ともうおなかいっぱいです。
IMG 1278

というフランス料理。

周囲が静かなのはよかったのですが、店員の方が料理を1品ずつ運んでは食べ終わった食器を下げるというので部屋に出入りするので落ち着きませんでした。わたしは。

とはいえ、いろんな料理を楽しめましたし、どれも食べ過ぎない少なめな量なのであきません。

いろんなものをちょっとずつ楽しめるというのはよかったです。

独立すれば、仕事もフランス料理と同じように「ちょっとずつ、変える」ができます。

ちょっとずつで変える

 

独立してからは、ずっと同じことをやる必要はなくなっています。
税理士の仕事も好きですが、ずっと同じ税理士の仕事をやっていたら集中力も切れますし疲れます。

結果、気分転換もしたくなります。

 

勤務していたら、ずっと同じ仕事をするということはあり得るわけです。
実際、外出の予定がなければ、1日事務所の中で仕事をするということもありましたから。

 

ずっと中にいるのがいやで、ランチの時間には弁当を持参していても必ずその後に外出して気分転換をするというのは必須でした。
特にわたしの場合は、ずっと同じことを続けるのが苦手です。

 

だからこそ、独立後はやることをいろいろ変えています。

朝起きてから

  • 経理
  • 朝の散歩・ランニング
  • メルマガ
  • 税理士業
  • ブログ
  • 外出

 

というように、ちょっとずつやることを変えていますし、土日や祝日でもずっと休むというのはありません。

特に経理や朝の運動、メルマガ、ブログを書くというのは毎日やっていることです。

 

また、ずっと同じ場所で仕事をしてもしなくてもいいわけです。

これまたわたしは同じ場所でずっとが苦手なので、スタンディングデスクで立ったり座ったりと変えながら仕事をしたり、外出してカフェでブログを書くということもあります。

 

ずっと同じ仕事をすることもなければ、ずっと休むこともない、というのが飽き性なわたしが続けるためにやっていることです。

 

じぶんに合うカタチが見つかれば続く

 

続けることが苦手だとしても、続けることができないということはありません。
毎日寝て起きて食事をして、歯を磨いて…寝るという日々はずっと続けていることです。

 

続ける目的とじぶんに合うカタチが見つかれば、続けることはできます。
続かないことは、それが見つからなかったということでしょう。

 

じぶんに合うカタチが見つかったこのブログやメルマガは続いています。

 

  • 見つけてもらう、依頼していただく
  • 日常からネタを集めておく
  • 「こんなこと」でもとにかく毎日書く

というように。

 

1日の時間をどう使うか、どの仕事をするかはじぶんで決めるすることができます。

続けたいなら、「ちょっとずついろいろ」飽きないように、というのがわたしのカタチです。

じぶんにあったカタチを見つけましょう。続けるのが苦手な人が続けるならちょっとずつもおすすめです。

 


【編集後記】
昨日はオフ。妻と長男(7)のリクエストで朝早くから犬山城と城下町に。お城が気に入ったようで、長女(13)がいないときはまた違うお城にも行きたいと。その後は城下町で食べ歩きをして雨が降る前に帰ってきました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
三光稲荷神社
クシカツとなまる 華串カツ
おかだや
本町茶寮