FIFA22をやるためにPS5(プレイステーション5)を買ってみた!準備したこと。Switch版との違い。

ライフ

先月末に長い抽選の末にようやくPS5(プレイステーション5)を手に入れました。

PS5でFIFA22をやるために準備したこと、Switch版との違いについてまとめてみます。

ゲームが親子共通の趣味に

 

コロナでの収穫の1つはゲームの復活。
自宅にずっといないといけない中、Switchを買い、税理士受験時代から長年封印されていたゲーム熱が復活しました。

 

ゲームをやるときは長男(7)と一緒に、というのが我が家のルールです。
2人でよくやるのはFIFA22というサッカーゲーム。

 

このFIFA22の影響もあって、長男(7)も海外のサッカーチームや選手にかなり詳しくなりました。

今や選手の顔を見て、名前を言えるほどです。
ゲームきっかけに長男(7)の新しい興味も見つかりました。

 

そのゲーム、今はわたしとの共通言語でもあります。

対戦を楽しんでいますし、負けて悔しそうにしていることもあります。
負けもどこかで通る道。いかにして勝つかをじぶんなりに考えます。

で、わたしが負けることもあります。

そうして、ゲームから得る体験やきっかけも多いです。

FIFA22というコスパ最強のサッカーゲームと7歳の長男の変化。 – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

 

そのSwitch版のFIFA22をやる中、しばらくしてPS5版のFIFA22の映像を見て、実際の試合にかなり近づけたSwitch版を上回る臨場感に感動。

 

当時はさほど興味のなかったPS5(プレイステーション5)を手に入れようと強く決意したのです。
そして、数ヶ月抽選で戦い続けて、先月末にようやくPS5を手に入れました。

 

 

PS5版 FIFA22の違い

 

同じFIFA22のゲームでも、Switch版とPS5版にはけっこうな違いがあります。
わたしがPS5を欲しくなったのも、前述したようにこの違いを体験したかったからです。

 

では、どんな違いがあるか。PS5版にしかない点を挙げてみます。

 

チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグやリベルタドーレス杯、コッパ・イタリアなど主要国のカップ戦を体験できます。

たとえば、チャンピオンズリーグ決勝の舞台で対戦プレイができます。わたしの知る限りはSwitch版にはない機能かと。

DSC07187

チャンピオンズリーグでは、このようにトロフィーにズームアップする中、選手が子どもと入場するシーンも本番さながら。

DSC07188

観客の大合唱によるチャンピオンズリーグアンセムも感動モノです。
DSC07190

 

Switch版に比べると、選手だけでなくそれ以外のカメラワークや、
DSC07226

 

観客のチャントも響き渡ります。観客のひとりの表情をカメラがとらえたり、試合を見ているさながらの光景を楽しめます。

DSC07241

試合終了間際にゴールを決めたときのどよめきは、PS5のコントローラーのバイブでも強調されます。サッカーファンならずとも興奮するのではないでしょうか。

 

スターティングメンバーの発表も試合映像そのもの。サッカーファンなら感動のシーン。
DSC07196

 

Switch版とはカメラの種類も違っていて、より全体を見渡しやすいという印象です。
DSC07203

クロスをいれたり、スルーパスを通す、直接フリーキックを狙いやすいというのもPS5版のFIFA22の魅力です。
あと、Switch版にはないチームが1つあります。それは買ってからのお楽しみということで。

 

PS5をプレイしたいなら必要なもの

 

PS5をこれから買ってみよう、FIFA22をやってみたいという方に向けてどんなことを準備したかをまとめてみました。

 

なによりもPS5本体を手に入れなければいけません。
ただ、店頭で売っていることはほとんどなく、ネットで抽選です。

当選までに次のような応募をしました。

  • SONY×2回
  • ヤマダ電機×3回
  • エディオン×1回
  • 楽天ブックス×2回
  • Amazon×1回
  • ゲオ×3回
  • TSUTAYA×3回
  • ドンキ×2回
  • イオン×2回

 

といったところ。

  • カードをつくらないといけない
  • メルマガを登録しないといけない
  • 店頭に並ぶ

というのは、やりませんでした。じぶんのパソコンやスマホからできる範囲で。

 

なかなか当選しないので、気長にやろうと思っていたところヤマダ電機から当選メールが届きました。
Twitterも使わず、通知もオフにしているので見逃している情報はあるかもしれません。もっと早く手に入ったのかもしれません。

それでも、メールで届いたヤマダ電機の当選には気づけました。

 

当初よりは競争率は下がっているでしょうけど、それでも前述したようにいろいろ申し込んでようやくです。

写真で縦置きにしてあるのがPS5。

DSC07181
とにかくサイズが大きい…。すぐ上にあるSwitchと比べても明らかかと。
ただ、これで終わりではなく。長男(7)と一緒にFIFA22をやる場合には、さらに準備が必要でした。

 

FIFA22のソフト。それと追加のコントローラーを1つ。
DSC07243

実はPS5の本体にはコントローラーが1つしかついていません。

対戦する場合には、もう1つコントローラーを買う必要があります。2つセットでいいやんとは思いますが。

 

コントローラーもSwitchに比べると大きめです。長男(7)も最初は大きくて握れないと言っていたくらいですから。

DSC07184

 

コントローラーの充電スタンド。Bluetooth接続ができるPS5のコントローラー、充電式です。

DSC07183

有線で充電することもできるのですが、めんどくさいかなと。スタンドに置いておけばその間に充電してくれます。

 

ゲームが終わったら、コントローラーを収納する場所もないと困ります。結果、買っておいてよかったです。充電のストレスもありません。

 

 

PS5にはまだソフトが少ないという印象がありますが、それでもPS5でしか味わえない臨場感と映像のよさはあります。
サッカー好きならこのFIFA22をやるためにPS5を買ってみてもいいんじゃないかと。

 

 

ただ、ゲームに関してはFIFA22をやるなら、来月末にFIFA23が発売されます。
それを待ってもいいでしょうね。

 

SwitchでもFIFA23のエッセンスは充分に楽しめます。

 

Switch版は以前に記事にしています。

FIFA22というコスパ最強のサッカーゲームと7歳の長男の変化。 – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

 


【編集後記】
昨日はオフ。夕方に家族で寿司を食べにいきました。店を出る頃には行列に。16時台のガラガラの時間に店に入るのがわが家のルールです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
にぎり長次郎