独立後に仕事とプライベートを分けるか混ぜるか。

独立

仕事だけ、プライベートだけというのを減らしています。
独立後はわけることもできるし、混ぜ合わせることもできます。

仕事モードとプライベートモード

 

勤務していたときは仕事用、プライベート用をハッキリ分けていました。

当時の仕事用といえば、

・パソコン(勤務のパソコン)
・スーツ
・カバン(手提げ用)
・場所

といったもの。

 

組織にいればパソコンを使わせてもらえますし、机を買う必要もありません。

 

ただ、その環境は仕事に限ってのもの。
プライベートでは利用できませんし、オフに事務所に行きたくもありません。

 

オン・オフで仕事とプライベートをきっちりと分けていました。
会社員の頃から休みの日に職場の近くに行きたくなくて、勤務先から離れた場所で自宅を選んでいました。

独立すれば仕事とプライベートをわけるかわけないか、じぶんで決めることができます。

 

仕事もプライベートも混ぜ合わせる日々

 

私自身は独立当初、仕事とプライベートをきっちり分けていました。

 

そのために事務所を借りて、ひとりでも17時まで仕事と決めていましたし、土日は基本オフ。
事務所に通勤するのは平日だけ、というように。

 

それまでは勤務時代とさほど変わりません。
ただ、それが少しずつ変わっていったのです。

 

平日でもプライベートの予定をこなすようになり、ときには事務所に行かない日も出てきました。
当時、仕事とプライベートを分ける理由になっていた事務所も撤退することに。

 

独立したあとは、仕事とプライベートを分けなくても問題なかったのです。

 

独立したときは、それまでの環境を前提としがちです。(わたしはそうでした)
ただ、前提となる環境には他の人はいませんし、すべてをじぶんで決めることができます。

仕事とプライベートが混在していても何ら問題なかったのです。

むしろ、仕事とプライベートが入り混じっていることで時間を自由に使えてじぶんにはあっていました。

現在は

  • 道具
  • 私服
  • リュック
  • 場所
  • カメラ

平日も休日でも、仕事、プライベート分けずに過ごしていますし、道具を使い、私服、リュックで毎日行動しています。

 

独立後であれば、毎日仕事をし、プライベートの時間をもつということも自由にできます。

 

独立後の生き方をどうするか

 

独立後は自由ではあるのですが、それだけにどういうやり方がじぶんに合っているか。
見つけるのはカンタンではありません。

 

私自身は仕事もプライベートも分けないような過ごし方が結果的にはあっていましたが、友人はそうではありません。

仕事とプライベートをきっちり分けています。

・事務所を借りる
・人を雇う
・スーツ
・自宅と事務所が離れている

というように。

正解はありません。じぶんに合う生き方が違うだけのはなしです。

 

いろいろな独立があります。じぶんで決めることができるわけですから。
同じ独立でも考えに違いがあって、それが興味深くて楽しめます。

じぶんで選べるのにムリをしているというのではいけませんが。

せっかくの独立。じぶんに合った生き方を見つけたいものです。

 


【編集後記】
昨日は新セミナーの告知をし、Excelのメンテナンスなどを。午後は外出しとある研究を。夜はAmazon Primeでガンダムの15話「ククルス・ドアン」を長男(7)と復習でした。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
新セミナー告知