フリーランスが独立後に仕事をしすぎない対策。

独立

フリーランスになってから、必要だと感じたのはプライベートの時間の確保。

わたしにとって勤務時代と同じ仕事漬けを避けるためには、必要な時間でした。

しごとはどこまでもやれる

 

フリーランスになれば、しごとを選べます。
何をやるかをじぶんで選ぶこともできますし、誰としごとをするかも選べます。

 

やらされているしごとはなく、楽しいものです。
ただ、それだけにずっとしごとをしてしまうということもあるでしょう。

 

フリーランスには労働基準法などの法律も関係ありません。
働こうと思えば、いくらでも働くことができます。

 

ただ、働きすぎは避けたいものです。
プライベートの時間もないと、好きなしごとであってもストレスにつながります。

 

なんでも過剰摂取はよくありません。
働きすぎを避ける対策は必要でしょう。

 

プライベートの時間を確保する

 

しごとをしすぎない対策の1つは、プライベートの時間を入れること。
1日のうちにしごとをしない時間を確保してしまいましょう。

 

私の場合には、税理士業は夕方以降は入れないようにしています。
そうすると、仕事をする時間が減ってしまうわけですが、それでいいんです。

 

時間が制限される中で、しごとをこなそうとすると仕事のやり方を考えざるを得ません。

 

そういう環境をつくることで負荷がかかり、なんとかしようと思います。
じぶんなりに工夫はしてきました。繁忙期はないです。

 

わたしの場合は、朝にメルマガを書いていますし、日中にブログを書いています。
特にメルマガは11時までに終わらせないといけません。

 

となると、それ以外の時間で仕事をすることになりますし、仕事のやり方を研究せざるを得ません。

 

時間があればあるだけしごとが膨張するパーキンソンの法則。
先に圧縮してしまえばなんとかします。

 

売上拡大を目指すなら話は変わりますが、そうでなければプライベートの時間も確保しつつ、仕事をすることもできます。

 

予定を先に入れるのがポイントです。あと回しでは、いつまで経ってもそのままです。

プライベートがしごとのエンジン

 

しごと漬けにしないためには、しごととプライベートの混在もできます。

今日は朝起きてから、

・ランニング・ウォーキング
・メルマガを書く
・子どもと話す
・子どもを見送る
・お客さまと雑談
・ブログを書く
・写真を撮る
・プライベートの予定を入れる

といったことをやっていました。

 

お客さまとは、しごとのことばかりじゃなく、プライベートのはなしも。
メルマガやブログも仕事の1つでもありますが、思ったことを言語化して雑談するイメージです。

 

今日とおりすがりに撮った1枚。しごとをしつつ、写真の腕を磨きつつです。

しごとの間にこうした時間を入れることも、仕事漬けにならなくて済む道です。

 

プライベートの予定を入れることで、しごとのやり方ももなんとかしようと考えます。
仕事漬けにすると、プライベートの予定を入れるスキマはなくなります。

 

独立後、決めるのはじぶん。
しごともプライベートも含めた日々の過ごし方も考えておきたいものです。

 


【編集後記】
昨日は税理士業、オンラインセミナー参加など。長女(13)が学校のiPadでスライドを見せてくれました。(パワポではないらしい)じぶんでつくったので恥ずかしがっていましたが、思っていた以上に上手くつくっていました。今はそういうことも学校で教えてくれるのはいいなと。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Dropbox Capture
韓国のサイトでPayPal決済