立ち位置は動きながら見つければいい。

独立

独立後、どんな立ち位置を選ぶかはじぶん次第。

見つけて、それを伝えることが欠かせません。

独立すれば方向性は自由

 

独立後は、どんなスタンスでしごとをするかは自由です。
わたし自身も独立して6年。それなりにこだわっていることがあります。

 

  • 朝は早起きする
  • 紙を前提のしごとをしない
  • パソコンはMac
  • 残業しない
  • 人を雇わない
  • ITスキルを磨く
  • 発信する

といったこと。

 

最初からこういうスタンスだったわけではなく、あう部分を加えて、あわない部分を少しずつ見直していったというイメージです。

 

独立したなら、じぶんなりのスタンスを見つけることが大事です。
独立後、食べていけるのであれば、どんな立ち位置でも問題ありません。

 

わたしの場合は、ひとりという立ち位置があっていたということです。

 

試行錯誤しつつ立ち位置を探せばいい

 

独立すれば、じぶんで選べます。
やるべきしごとも、パソコンやデスクなどのツールも。

 

ただ、言うのはカンタンですが、そうそうすぐに見つかるものでもありません。
独立当初は特に、じぶんが何を望み、何が必要でないのかも見えていないというケースもありますから。

失敗して気づくこともあるわけです。

 

わたし自身、独立後に事務所を借りて、そこに固定電話やFAXを置いていました。
ただ、じぶんがそれを望んでいたかというと、そうではありません。

 

これまでの環境をもとに、なんとなく置いていただけ。
1年半ほどして、ようやくほとんど使っていないということに気づきました。

 

これで、

  • 電話やFAXはなくてもいい
  • 通勤しなくてもいい

とそれまでと立ち位置をずらしました。

 

同じように、紙を預かって入力するしごともやめています。
少しずつ立ち位置も変えていきました。

 

最初から軸がはっきりしていれば理想ですが、走りながら1つずつ見直ししていくというのでもいいと思うのです。
試行錯誤しつつ数年かけて見つけた立ち位置、それはそれで感慨深いものです。

 

立ち位置を伝えるための発信

 

立ち位置は知ってもらいたいものでもあります。
そのメリットの1つは、見つけてもらえること。

 

方向性がまったく同じではないにしても、共通点が1つでもあれば、つながりやすいものです。
それも、じぶんの立ち位置を伝えないことには、なしえないことです。

 

また、じぶんの立ち位置を知ってもらえば、依頼につながる可能性もあります。

 

もし、立ち位置を伝えていなければ、じぶんにあわない依頼が来てしまう可能性もあります。
その結果、お互いにとって意味のないやりとりをすることにもつながります。

もし、じぶんの立ち位置を知ってもらいたいのであれば、事前に出しておくべきです。

 

じぶんがやりたいしごとについては、HPなどでメニューとして出しておく。
いっぽうで、お役に立てないケースがあれば、それを挙げておけば、立ち位置も伝わります。

 

  • とにかく安くやってほしい
  • 脱税したい
  • 数字は適当にまとめてくれればいい

という方のお役には立てないというのは、HPにも載せています。

 

独立後、じぶんがどこに立っているか、ときには微調整しつつ、伝えていきましょう。

 


【編集後記】
昨日は今日は法人の決算、打合せをしたあと図書館へ。夜は長男(7)に本を読み聞かせたり。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
ロッテ アップルブランデー