マネーフォワードクラウドにクレジットカードのデータを連携したときの注意点。

クラウド会計

クラウド会計はデータ連携ができるというメリットはあるのですが、しくみをつくっておくことが欠かせません。

自動が正しいとは限らないという事例、クレジットカードを例にまとめてみました。

クレジットカードのデータを連携させたら…

クラウド会計ソフトの1つ、マネーフォワード。

freeeなどと同様に、ネットバンクやクレジットカードのデータを連携することができます。

freeeは自動で仕訳登録をすることもできますが、マネーフォワードは登録ボタンをポチポチと押す必要があります。

一括で登録することができるのですが、そうは言ってもそれなりに手間です。

そんな中、今回取り上げたいのは、クレジットカードを連携したときの事例。

マネーフォワードの場合は、クレジットカードカードを分けていても、クレジットカードのデータが連携されてごちゃまぜになってしまうというケースがあります。

必要なデータならともかく、いらないデータまで連携されてきてしまった場合、データが混在してしまいます。

GOforIT 4

仕事なのか、プライベートなのか。登録するか、しないかを判別し、処理を変えないとないといけなくなります。

一応、連携サービスを選ぶことはできますが、これは表示させるデータを選ぶに過ぎません。

GOforIT 9

プライベートのカードのデータは、未処理のまま残ります。

それを対象外にする必要がありますが、そもそもデータ連携させたくないはずです。

関係ないクレジットカードのデータが連携されてしまったときの対処法

なぜ、こんなことが起きるかというと、マネーフォワードの場合、キーとなるログイン情報で取得できるデータをすべて連携してしまうからです。

だから、プライベートのカードのデータも連携してしまいます。

ということで、プライベートのクレジットカードのデータが連携されないようにあとで設定を変更する必要があります。

不要なデータ連携をはずすには?

次のように処理しましょう。

データ連携→登録済一覧から「連携データの選択」タブを選び、

GOforIT 5

 

いらないクレジットカードがあれば、チェックを外しましょう。

 

GOforIT 7

 

そうすることで、その後に不要なクレジットカードのデータ連携がされることはなくなります。

 

ちなみに、同じクラウド会計ソフトでもfreeeの場合はクレジットカードのデータ連携を設定すると、どのカードを連携するかを選ぶことができます。

GOforIT 5

が、マネーフォワードは、連携するカードを選ぶことはできず、いったんすべて登録されてしまいます。

こちらで連携をはずすしかありません。

クラウド会計ソフトはしくみづくり

クラウド会計があれば全自動だとうたわれることも多いですが、自動でできないことも多いです。

たとえば、データ連携できない取引もありますし、前述したようにデータ連携をしても、うまく設定できていなかったり、連携をしたことで手間が増えてしまうという可能性もあるわけです。

学習機能があるといっても、科目が間違っていたらくちゃくちゃになります。

確かに便利なのですが、大事なのはじぶんの取引を理解して経理のしくみをつくっておくことです。

これはデータ連携する
これはExcelからインポートする
借入金の返済は自動仕訳を設定しておく

というように。

その設定をしっかりやっておけば、経理の効率化につながりますし、数字をチェックする時間も持てるようになります。

数字をチェックできるようになるには、じぶんで経理をすることが近道です。

ただ、今回のようなケースがあれば、手間でしかなく同じような事例があれば対策しておきましょう。


【編集後記】
昨日は午後に確定申告の打合せ。夜は長男(6)とどうぶつしょうぎを。ひさしぶりだったこともあり、負けが確定したらスネていましたけど。でも、負けず嫌いなのでまたやりそうです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
とあるツール
GASの関数