仕事の集中力を上げるには「馬の鼻先に人参(にんじん)をぶらさげる」作戦。

独立

仕事をしているとき、できるだけ効率を上げたいものです。

ダラダラを減らすために、ちょっとした楽しみをいれるようにしています。

仕事の効率を上げるには?

ひとりで仕事をしていれば、じぶんでじぶんを律する必要があります。

ダラダラしごとをしようと思えば、いくらでもできるわけです。

それはそれで注意も必要です。

集中してやれば1時間で終わる仕事が、ダラダラとやることで2時間、3時間とかかることもありえるからです。

ひとはある時間をあるだけ使ってしまうというパーキンソンの法則。

その対策も必要でしょう。1日に使える時間も限られていますし。

ときには集中できないときもあるわけですが、なにかしらモチベーションがあれば、集中しやすいとは思うのです。

そこで馬の鼻先に、にんじんをぶら下げるがごとく、これが終わったら…というのをつくるようにしています。

「馬の鼻先ににんじんをぶらさげる」作戦

昨日も長男(6)が妻に「宿題終わったら遊んでいいよ」と言われていました。

その言葉を聞くとすぐに机に向かい、学校の宿題を集中して終わらせていました。

これも馬の鼻先ににんじんをぶら下げる効果です。

ただ、違うのは、終わったあとのごほうびを手にできることです。昨日はAmazon Primeでポケモンを見てました。

じぶんのしごとも、常に集中して仕事ができるわけでもないでしょう。

わたしはそうです。なんだか集中できないなぁという日もあります。

ただ、「にんじん」があることでその精度を上げることはできると思っています。

この仕事が終わったら、

  • 読書できる
  • 勉強できる
  • 外出できる
  • 友人とメッセージをやりとりする

など、ちょっとしたことではあるのですが、じぶんのやりたいことをいれておくことでダラダラは減らせるのではと考えているところです。

ちなみに、わたしは平日の昼間はゲームをやらないというルールにしています。

遊びに行ったまま戻ってこれなくなりそうな気がするので。

はやく「にんじん」に辿り着くために

にんじんを早く手にするには、どうしたらいいかも考えておきたいものです。

いままで1時間かかっていた仕事を45分でできないか。30分でできないか。

たとえば、Excelやプログラミングで処理できるようにする、いらない処理を削る、いらない仕事をなくすといったことも1つの方法でしょう。

さらに脱線しにくい状況をつくっておくことも大事でしょう。

たとえば、メールやスマホを何度も見てしまうのをやめるといったようなことです。

なぜ、そんなことを考えるようになったかというとブログを書いているからです。

ブログを書き始めた頃は、ブログのネタが思いつかず、気づけば時間が過ぎていた…。という経験をしたことがあります。

普通に書いても2時間、あるいはそれ以上かかるわけですから、そういうことを意識せざるを得ないわけです。

これもブログを書くことで気づけたことの1つです。

独立前だと「にんじん」をぶら下げるのはカンタンではないでしょうね。

この仕事が終わったら読書するってわけにもいきませんから。

ただ、Excelのスキルを磨くというのはやっていましたけどね。仕事の中で試しつつ。


【編集後記】
昨日は法人の決算、セミナー準備、読書などを。夜は長女(13)の勉強方法の相談があり、秘伝を伝授しました。その後、AmazonでKindle版のおすすめ教材を購入。長女(13)にはKindle端末を渡しているのですが、画面の大きいわたしのiPadProを貸したら、画面を分割して左に教材、右にメモアプリを置き、Apple Pencilで問題を解いていました。学校で教えてもらったんだとか。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Kindle コレクション機能
長女の歴史の問題集をKindle版で買う