契約は身動きをとりやすいかどうかで決める。1年契約とその例外。

お金を借りる

売上拡大を目指さないという道もあります。

ただ、そのためには定期的な見直しが欠かせません。

売上拡大を目指さない代わりに見直し

独立後、どう仕事をするか、方向性はそれぞれです。

規模の拡大を目指しても、目指さなくてもいいわけです。

  • 営業が得意
  • 人を雇って仕事をお願いする

そういうことに長けていればいいのですが、それが苦手なケースもあるでしょう。

わたしはその1人だと自覚しています。

ただ、それでもやりようはあると考えています。

人を雇うことなく、事務所を借りることなく、売上の拡大を目指さなくてもいいというスタイルです。

その結果、売上の拡大は目指せませんが、そのいっぽうで固定費も減らしています。

売上が増えないと利益が出せないかといえば、そうでもありません。

売上が増えても、経費が多ければ利益がむしろ少ないということもあるでしょう。

数が多ければ、時間を失う可能性も大きいです。

いっぽうで、売上がそこそこでも、経費が少なければ利益を出すことも可能です。

ひとりで数をこなせば利益が出せるかもしれませんが、自由な時間は失うでしょう。

そのために数を増やす戦術は捨てています。

やり方次第です。

そのために売上も経費も定期的に見直すことは欠かせません。

特に経費については知らず知らずのうちに増えていることもあります。

見直しのためにあえて1年

経費というのは、気づけば増えているものです。

ただ、あとで振り替えれば「あれ、これいらんかな」ということもあるわけです。

契約してずっと利用するというものばかりであればいいのでしょうが、なかなかむずかしいでしょう。

途中で方向性が変わる、利用しなくなるということはありえます。

だからこそ、複数年契約というのはやらないようにしています。

複数年契約にすると、契約のしばりから逃れるのが難しくなるからです。

見直しをするのが前提だという考えです。今までも見直しはいろいろしてきました。

たとえ割高だとしても、1年契約というのがわたしのルールです。

最近も見直しして、今月で解約する契約があります。

いっぽうで、AdobeのCreative Cloudのように契約を続けるものもあります。

1年使って、体験でも利用でも、払う価値がありましたので引き続き。

GOforIT

Adobe(アドビ)マスター講座(Adobe CCライセンス付属)【デジハリ公式】|通信講座 |デジハリ・オンラインスクール

などというと、そんな小さな経費見直したってと思われるかもしれません。

ただ、金額の大小にかかわらず、今の時点で必要ないものはその後も必要でないものと考えています。

であれば、お金が出ていくだけ。契約しておく意味がないでしょう。

Dropboxも3年契約という手もありますが、1年契約にこだわっています。

Microsoft365、Evernote、サーバーのwPX、メルマガスタンドのAutoBizなどは更新する予定です。

スマホの契約も毎年見直しています。この1年間はほぼ無料でしたが、2月で1年になるので再度検討する予定です。

そのまま続けるかもしれませんが。

契約の見直しもそれなりに労力がかかりますが、研究しますし、判断を磨くトレーニングにもなります。

やめたいと思ったときに複数年契約だと、どうしても身動きがとりにくくなります。過去に違約金で苦しめられました。

仮に1年なら、「違うな」と思ったらすぐに変えればいいわけです。

ひとりで身動きをとりやすくするために、単年契約にこだわっています。

あえて複数年契約を選ぶものもある

1年契約をしつつも、例外であえて複数年契約を選ぶものもあります。

その1つはお金を借りて、複数年かけて返すという契約。

お金を借りるのも、違った意味で身動きをとりやすくするためです。

なにかやろうとおもったときに手元のお金がないと身動きがとりにくいですし、手元のお金がないと不安にもなります。

もっとも、お金を借りて、1年後期限一括返済というのは、お金が一気に減るからやりたくはないです。

となると、複数年で少しずつ返していくというのが、売上の拡大を目指さなくてもいい、今のやり方にはあっています。

ということで、独立後どのように仕事をするかについてはやりようがあります。

契約をするときの判断基準として、効果があるか、身動きがしやすいかどうかといった視点で考えてみるのも1つです。


【編集後記】
最近、FIFA22を一緒にやっている影響から長男(6)がサッカー選手の話をします。とりあえずはエムバペ、マラドーナ、カントナから。どこまで興味もつのかわかりませんが、いい方向性です。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
とある解約
AdobeCreative Cloudの更新処理