人を雇わないというデメリットの解決策。

サンタさんのしごとは人に頼めない…。
独立

人を雇えば仕事をお願いすることはできます。じぶんの苦手な仕事も、得意な仕事も。

そのメリットは高いでしょう。ただ、人を雇わずにあえてひとりで仕事をすることにも意味があると感じています。

社員がいるとやってもらえる

人を雇っていると、じぶんのしごとをお願いすることはできます。

じぶんが苦手な仕事でも、その方が得意であれば、任せることができますし、じぶんが得意なことであれば、その方にどうやるかを教えて任せることもできます。

人を雇えば、そういったメリットもあるわけですが、雇っていなければ任せることができず、すべてじぶんでやらないといけません。

人を雇うか、じぶんでやるかという天秤で、わたしはじぶんでやるほうを選んでいます。

つまり、ひとを雇わないデメリットを背負っていく道を選んでいます。

ただ、人を雇わないというのは、デメリットもありますが、メリットもあります。

固定費が少なくて済む(給料、事務所)
設備投資(パソコン、机)も少なくて済む
人以外のパワーで解決策を考える
遊びに行っていても気にしなくていい

といったこと。

だからこそ、事務所を借りていませんし、パソコンもじぶんの分だけあれば足ります。

そして、人のチカラを借りないで、ITにお願いするという道を選んでいます。

教え方がヘタでも怒られない

人に教えるというのは、カンタンではないとおもっています。

伝えたと思っていたら、うまく伝わっていなかったということもありえます。

こちらが当たり前のようにできることが同じようにできるとも限りません。

気をつけていても「そんなこと言われても」と感じることもあるでしょう、イラッとされることもあるでしょう。

ただ、ITであればそうしたことはありません。

伝え方が正しければ、動いてくれますし、間違っていれば動かない。怒られることもありません。

夜に申込があっても、自動でメールを送ってくれますし、決済が完了したこともメールで教えてくれます。

深夜残業にもなりません。これが人ならブラックな職場です。

Dropboxが自動でクラウドに保管してくれますし、自動でネットバンクやe-taxにログインもしてくれます。

プログラミングで何度エラーになっても、Excelに「ふざけないで、ちゃんと教えてください」と言われることもありません。

人なら多少ゆうずうが効くところもありますが、ITはゆうずうが効かず、間違って伝えると仕事してくれません。

ただ、正しく伝えれば、人にお願いするより確実で速いのがITです。

そして、ITでできることで、すぐにメールが届いたりとお客様にもメリットはあるでしょうし、コンサルティングやセミナーでやり方を伝えれば、お客さまのところでも活躍してくれる可能性があります。

ひとだと転籍というわけにもいかないでしょうから、その意味でも人にお願いしないでITにお願いすることのメリットもあると感じています。

人がいないからより考える

人にお願いするとした場合、その方が優秀なら多くのことを「お願いすればいいや」で解決しようとしてしまう可能性があります。

わたしはおそらくそのタイプです。

ただ、ひとりだと、じぶんでなんとかしないといけないですし、何度も同じことやっとるがなと感じれば、プログラミングで処理しようとも考えますし、その勉強もしないといけなくなります。

そもそも、受けていいい仕事かどうかの判断もするようになります。

じぶんに負荷をかける意味でも、わたしのような方であれば人を雇わずにひとりを選ぶという道があります。

そして、あえてじぶんでやらないといけない仕事もあります。

たとえば、このブログを書くこと、メルマガを書くこと、HPをデザインすること。

そこだけはじぶんの言葉でないと意味がないでしょう。

どこかからコピペした文章、外注に出してもじぶんを出せず意味がないでしょう。

じぶんのやりたい仕事
じぶんひとりでできる仕事量
じぶんを出すための仕事
仕事にかける時間

じぶんひとりであれば、やりようがあります。


【編集後記】
昨日は午後からオンラインセミナー。ご参加ありがとうございました。マクロ、日々書いてみていただければ。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
マクロ超入門セミナー開催
Anker PowerCast M300をオンラインセミナーで利用