写真を撮られるのが苦手なワタシがじぶんで写真を撮る理由。

独立

ネットにじぶんを出すなら、じぶんの写真をある程度出しておくのがおすすめです。

わたしはその写真をじぶんで撮影しています。その理由をまとめてみました。

写真を撮られるのは苦手

写真を撮られるのが苦手という人もいらっしゃるでしょう。

わたしもそのひとりです。

思い返せば、小学校の集合写真でも目をつぶったりしていましたし、卒業アルバムの写真もイケてない表情。

ところどころで写真を撮ってもらっても、あまり納得がいったことはありません。

じぶんの写真映りの才能はないなと敗北感を何度も味わってきました。今も。

独立するときに名刺用の写真を撮ったのですが、そこでも苦戦でした。

ただ、そうも言ってられません。

独立後は、ある程度じぶんを出していくことが必要です。

内面としてはこのブログでいいわけですが、イメージとしては写真がその1つでしょう。

顔がわかったほうが依頼していただきやすいでしょうし。

となると、このコンプレックスを乗り越えることも必要になります。

  • プロに撮ってもらうか?
  • じぶんで撮るようにするか?

わたしは後者を選んでいます。

じぶんで撮るデメリット

間違いなくプロに撮ってもらったほうがいい写真になるはずです。

それはこれまで撮ってもらった写真を見ても明らかですし、じぶんでカメラを使ってみて、改めて撮るということの深さを感じています。

プロにお願いすれば、いいカメラ、写真を撮るスキル、アングルなど熟練されたものです。

キチッとした写真を撮るなら、プロにお願いしたほうがいいでしょうね。

じぶんで撮るメリット

いっぽうで、じぶんでカメラを手にして撮ることのメリットも感じています。

「頼みにくい」がない

写真を撮ってもらうときに、「どう撮って欲しいか」というのを伝える必要があります。

とはいえ、なかなかうまく言葉にできないこともあります。

撮ってもらってから、「あ、この感じで撮ってもらえればよかった」ということもありましたし、写真を選ぶにしても「しいていえば…」という感じのこともありました。

そうなると、もう1回お願いすればいいかもしれませんが、スケジュールもあるでしょうし、なかなかお願いしにくいものです。

じぶんで撮る場合には、失敗したら何度も取り直しすれば済みます。

とにかくシャッターボタンを押して、そのうちに奇跡の1枚があれば万々歳です。

いつでもどこでも

使う写真にもよりますが、わたしはHPの写真をじぶんで撮っているので、スタジオではなく、外で撮影したいというのがあります。

お願いする場合、いつでも、どこでもいい、「今からちょっと〇〇に来てもらえますか?」とお願いするわけにはいきません。

わたしが言われたらイヤですし。

ただ、じぶんで撮るなら外出した先で写真を撮ることはできます。

カメラも常に持ち歩く習慣になっていますし、いざとなれば妻にお願いできます。意外といい感じに撮ってくれます。

写真スキルが磨ける

スキルでは、とてもプロには勝てません。

せめてカメラだけは…とフルサイズのカメラを手に、写真を撮ることを日々やるようになっています。

シャッタースピードを下げてみたり、

DSC01343たまにじぶんの写真も撮るようにしています。これは妻にお願いして…。

DSC01569やっぱりじぶんが被写体になるのは苦手ですけど、ネットにある程度じぶんを出す必要もあるので、やっています。

HPやブログに載せる写真であれば、あえて、じぶんで撮るというのもありかなと思っています。

その撮った写真がよければ、それをすぐにブログやHPに出せるのもじぶんで撮るメリットです。

独立後は自由に選べるのがメリットです。じぶんで撮った写真をネットに出すのもおすすめです。

スマホでもいい写真が撮れるなら、それでもいいと思います。わたしはムリでしたが。


【編集後記】
昨日は打合せをしたあとはプライベートの予定を。2日前の天気予報では金曜日は雨。ところが、前日に予報が変わって変わって金曜日は曇りに。予定をこなせました。ただ、雨どころか両腕が日焼けしていましたけど。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
福みつ 持ち帰りで購入