いちフリーランスが早起きを続ける小さいようで大きなメリット

早起き

日頃から早起きをするようにしています。

早起きを続けて感じているメリットについてお話します。

早朝に起きる習慣

早起きは続けていることの1つです。

独立当初に事務所を借りているときも、車で30分かけて通っていましたが、朝7時過ぎには事務所に到着。

当時でだいたい5時30分くらいに起きていました。

早起きという習慣があうあわないというのはあると思うのですが、わたしの場合はあっていました。

最近の起床時間はまちまちなのですが、だいたい4時から5時30分の間で起きています。目覚ましをかけていないので起きる時間にブレがあります。

そこから窓を開けて、トイレに行き、顔を洗って毎日やることを始めます。

独立する前はなかなか布団から出ることができませんでしたが、独立してからできるようになったのです。

いわゆる、日曜日の夕方に、憂鬱になっていたサザエさん症候群。それと似たようなものがなくなったのでしょう。

早起きするわたしなりのメリット

朝早起きしていると、次のようなメリットがあると感じます。

少数派

早起きは「少ない」。

朝4時過ぎから物音がすることはありません。

子どもたちが部屋にやってくることもないので、集中して仕事をすることができます。

朝散歩をするのに5時過ぎに外に出ても、歩いているヒトは日中に比べたらかなりの少ないです。

急な坂を上り下りして運動するおばあちゃんは毎日見かけますが、早朝から急な坂を上り下りするおばあちゃんはさらに少数派のはず。

仕事を早く終わらせる

もともと独立したころから早起きを始めたのは、残業をしないためでした。

9時から仕事をはじめるところ、7時から始められれば早く終わっても同じことだと思ったのです。

これは今でも変わっていません。

フリーランスは、仕事を始めるのも、終わるのもダラダラしようと思えばできてしまいます。(特にわたしはじぶんに弱いので)

そうならないようなしくみとして、早起きという習慣をつくっています。

セルフイメージ

フリーランスとして仕事をする以上は、じぶん自身にいいイメージを持っていたいものです。

わたしの場合は、早起き、朝散歩がそれです。

コロナの影響で運動不足を感じてから、毎日運動するというルールにしています。

ここから気づいたことがあります。

毎日となると、暑い日があるし、雨が降る日もあるわけです。

昼よりも午前中のほうが涼しいですし、10時よりも5時のほうが涼しかったりします。(7時でもちょっと暑かったくらいで。)

雨が降るにしても午後からというのもあるわけです。

夕方に仕事が終わってからとなると、疲れて続けられていたかどうか。できたかもしれませんが、続いていない可能性は朝より高かったでしょう。

仮にこれが勘違いだとしてもいいと思うのです。

フリーランスは気持ちのコントロールもじぶんでやらないといけません。

「習慣化できている」
「運動できている」

と感じたほうがじぶん自身のイメージを高められますので。

早起きのために夜の予定を減らす

早起きするとなると、夜の予定は減らさざるをえません。

飲み会がしょっちゅうあると、わたしは早起きできなくなるでしょう。

最近の懇親会はもっぱらオンラインなので遅い時間にはなりませんが、最近の強敵は子どもが寝てからこっそりやっているゲーム。

やりすぎると早起きできなくなるので、「もっとやりたい」という感情と戦っています。

「もうちょっとやりたい」と思うのですが、でも、睡眠時間も確保しないと明日が…と思い、なんとか遅くまでにならないように踏みとどまっています。

というような夜の予定のコントロールが早起きには必要になります。

早起きがあうかどうかは人それぞれですが、早起きを選ぶメリットというのはあります。

Google Fit×Apple Watchでじぶんの身体を見える化。 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog


【編集後記】
昨日は相続税申告の提出を。コロナ当初はどうなるかと思っていましたが、なんとか無事に。
午後はクレジットカード決済の検討と歯医者。2ヶ月ごとに定期的に行ってきます。虫歯はいやなので。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
会社のStripeアカウント