リングフィットアドベンチャー抽選の事例  仕入れたモノは売らないといけない 

B/S 貸借対照表

仕入れたモノは売れてようやくお金に変わります。売れないと在庫のままなのです。

とあるリングフィットアドベンチャーの事例を考えてみました。

「リングフィットアドベンチャー」の在庫が2つ?

ちょっと小耳に挟んだはなしで、こんな事例がありましたのでお話します。

先日、Switchのゲーム、リングフィットアドベンチャーを購入したそうです。

リングフィットアドベンチャーは身体を動かしたり、付属のリングをつぶしたり、ひっぱったりすると画面でも敵をやっつけることができてフィットネスも同時に楽しめるゲームです。

GOforIT

実際にやってみると、結構負荷もあり新型コロナウィルスの影響が大きかった時期によく売れた理由もうなづけるとか。

ただ、このリングフィットアドベンチャー、記事執筆日現在で購入しようにも抽選でないとなかなか手に入りません。

長女(11)が「ほしい!」ということで、夫婦でネット抽選で応募したそうです。

…とそろそろ気づいたかもしれませんがこれは我が家のはなしです。

それじゃあ続きを。

その数日後、晴れて「当選しましたので…」と電話連絡。(ネット抽選なのに連絡は電話とツッコミどころ満載ですが…)

で、仕事を終えてから、その足で取りに行きました。

このときに限って妻とLINEのやりとりもしないで。これがそもそもの始まりでした。

わたしは「長女(11)がよろこぶだろうな」とニヤニヤしながら決済。

ところがその後に我が家に新品のリングフィットアドベンチャーが2つあることが発覚するわけです。まさか2人とも当選しているとは思わず。

思い返せば、店員さんに「競争率高いですか?」と聞いたときに、「けっこう当たっていますよ」という返答があって、「?」と。そのときに気づくべきだったのですが…。

もちろん、長女(11)も「欲しい!」とは言ってましたが、1本あればよく、2本あっても困ります。

こうして在庫が生まれました。

さぁ、どうするか?

買ってくれる方を探すことになります。

買ってもらわないことには、いくら抽選でしか買えないリングフィットアドベンチャーとはいえ在庫のままです。

ところがメルカリに出そうにも、同じような額で売っている競合他者もたくさん。そんなわけで未開封でも数日動きなし。

数日後、どうにか購入してもらい、手数料や送料を引いてもマイナスにならずに済みました。

なんとか、在庫をお金に戻せたわけです。

何のために商品を仕入れるか?

今回の事例、流れて考えると、次のような流れです。

買う(電子マネー決済)

お金がモノ(在庫)に変わる

売る(メルカリ)

モノがお金に変わる

商品を売る場合には、お金をモノ(商品)に変えて、売って再びモノをお金に変えるという流れになります。

このとき、最初に買うときに使ったお金と売ってもらったお金との差額が利益です。

で、またそのお金でモノを買って…とぐるぐる回ります。

じゃあ、 モノがたくさんあれば、それだけ利益を得られるかといえば、必ずしもそうではありません。

まとめて買えば安く仕入れることができるとしても、それだけお金がモノに変わります。

でも、そのモノが必ずお金に変わるとはかぎりません。そうなると資金繰りもそれだけタイヘンになります。

さらに。新しいモデルが出れば、一気に売れない商品になることもあるわけで。

結果として、在庫が多すぎると、売れなくなる前に多少値下げをしてでもなんとかお金に変えるという決断をする場面もありえます。

それでも在庫のままでは、お金になることはないわけですし、もっと安くしないと売れなくなったりする可能性もあるわけですから。

それは今回の事例を見れば明らかです。

売れなくなる前に早く手放したことで、ほとんど利益は残らずともマイナスにもならなかったので、発注ミスによってお金が減るのをなんとか回避できたという事例でした。

資産の整理をしておく

商品に限らず、資産の見直しをしてみることをおすすめしています。

たとえば、当時は必要だったけど、今となっては車を使わなくなったというなら売ればお金に変わりますし、保険や自動車税がなくても済みます。

そのときは必要だとおもったけど、環境も何年かすれば変わっていることがほとんどなので、たまに見直しをしてみるというのはいいかと。

使わない資産が残っているという状態は、前述のお金にかわらないモノと同じですし、貸借対照表を考えた場合もメタボになっているともいえます。

そんな小さな経費減らしても効果がないでしょ?と思われるかもしれませんが、その小さな経費を減らすことで他にお金を使うことができたりしますし、小さくても期間が増えればそれなりです。

家の中にもあるかもしれません。手放せば部屋のモノも減りますし、ちょいちょいやっています。

も、モノを置くスペースがそんなにないことも理由ですが。


【編集後記】
昨日は法人の月次や相続税申告の資料作成などを。Apple WatchのGoogleMapアプリを試してみました。ただ、iPhoneでしか操作できないので、Apple Watchから使えるMapアプリのほうが好みです。地図自体はGoogleですけどね。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
はじめての税務署類の提出
Watchアプリ GoogleMap