Withコロナの時代にこそ使っておきたいキャッシュレス決済

キャッシュレス

キャッシュレス決済を利用しています。マイナスイメージもあるキャッシュレスですが、メリットも多いです。

キャッシュレス還元の終焉

できるだけキャッシュレス決済を使うようにしています。

キャッシュレス決済と一口にいっても、その範囲は広いです。

電子マネー以外にもクレジットカード、デビットカードやQRコードもキャッシュレスです。

このキャッシュレス決済を広めるために、派手なキャッシュレス還元が行われていましたが、それも2020年6月30日をもって、一区切りとなりました。

一応、9月からは、マイナポイントが始まるのですが、やはりインパクト不足は否めないでしょう。

とはいえ、キャッシュレス決済は使い続けていく予定です。

メリットがあるからです。

キャッシュレス決済を選ぶ理由

キャッシュレス決済には、還元以外にもメリットがあります。

速い

現金払いだと、レジに表示された金額を見てからサイフからお金を出しますが、キャッシュレスは、店員の方がレジを触っている間に、QRコードを読み取って、画面を出しておいたり、決済を済ませることもできます。

QUICPayやSuicaなどは腕をかざすだけですので、決済が速く時間的なメリットも感じます。

「お金を降ろさなくちゃ」と心配しなくていいというのもメリットといえます。

じぶんのサービスでも、クレジットカードでのキャッシュレス決済は置いています。お客様でも振り込みより、カードのほうがいいという方もいますから。

待たない

キャッシュレスの大きなメリットは、この待たなくていいという点。

先日もそれを感じました。

久しぶりにスタバに行ったのですが、名古屋市の中心だけでなく、近所のスタバでもレジに並ばずに買えるようになったので、いってみたのです。

スタバアプリから取りに行く店舗を選んで、
IMG 4675

オーダーし、
IMG 4679

持ち帰りか店内かを選んで、決済。

IMG 4677

結果、レジを経由しないで、直接、カウンターでコーヒーを受け取ることができます。(このニックネームで呼ばれるのはちょっとなぁ…。変更もできるみたいですが、やっていません。)

IMG 4683

並ばなくていいという点は、キャッシュレスならではです。

持たない

キャッシュレス決済の店舗が増えてきたこともあり、サイフを持たなくてもよくなりました。

正確に言うとリュックにいれたままということですが。

腕をかざすだけで決済できますし、なんならセルフレジもあります。

この1ヶ月で考えても、現金を出すということは、ほとんどありませんでした。

今月だと、

  • 歯医者
  • お祝い金(お客様)
  • コンビニでコピー2枚

といったところです。

以前に比べて、外出は減っているのでしょうが、サイフを出さずにキャッシュレスが使える環境があるのは、ありがたくもあります。

Withコロナの環境で意識したいキャッシュレス

新型コロナウィルスの影響で、外出がしにくい状況ではあります。とくにここ数日は。

お客様ともオンラインでの打合せが多くなりました。

最近は本を買うのももっぱらAmazonですし、モノを買うのもネットが中心です。ただ、食料品などはお店で買っています。

今後のWithコロナの環境を考えると、ネットで取引する機会は、これまで以上に増えるでしょうね。

そして、行列に並ばないようにしています。ソーシャルなんとかというのがありますが、意外と距離とらなかったりもしますし。

行列に並ばないためには、ネットを利用ことが欠かせませんし、決済手段としてのキャッシュレスも必要でしょう。

キャッシュレスだと、お金の感覚がなくなるとか、いくらあるかわからなくなるという声もありますし、確かにそれには一理あります。

だからこそ、お金の動きを記録して、感覚に慣れておきたいものです。

記録を見て常にじぶんに注意を投げかけるという感じです。

メリットだけでなく、デメリットもあるのですが、今後コロナとつきあっていくためには、キャッシュレスとも上手く付き合ってみるというのも手です。


【編集後記】
昨日は会社の決算を中心に。金曜日から土曜日にかけて幼稚園のお泊りがあったのですが、ここに来て中止に。まぁ、現状を踏まえると仕方ないですね。ただ、幼稚園での思い出がひとつ減ってしまうので、なにか作戦を立てないとなという感じです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
たねや のどごし一番本生水羊羹