利益とお金のバランスをチェックし続ける 会社が仕事を続けるためにやってはいけないこと・やるべきこと

会社

お金があれば、会社は仕事を続けることができます。お金を増やすために利益を出したり、お金を借りたりするわけです。

お金を増やすために、やってはいけないこと、やっておきたいことについてお話しします。

お金を増やすためには?

会社はお金がないと仕事を続けられない、というのはよく耳にするところです。

お金があれば、赤字が続いても耐えることができるけど、お金がなくなれば会社を続けれない。

でも、仕事を続けられない、というのは困るわけなので。なんとかお金を工面しないといけません。

その手段は?というと、会社においては次の2つが挙げられます。

  1. お金を借りる
  2. 利益を出してお金を増やす

このうち、「お金を借りる」については、パッと見では利益とはなんの関係もなさそうです。

ところが、お金は借りっぱなしというわけにはいきません。据え置き期間があるにせよ、いずれお金を返していく必要があります。

そして、この借入金の返済の元本というのは経費になりません。(利息は経費になります。)

結局のところ、借りたお金を、税金を支払った後の利益で返していく必要があり、お金を増やすためには利益がやっぱり必要だ、ということになります。

節税しすぎた結果に待っているもの

利益を出して税金を払う。

などというと、「やっぱり税金払いたくない」という人も少なくないでしょう。ここだけの話、私もその一人だったりします。

でも、この話はもう少し深掘りして見る必要がありそうです。

ここで今期の利益が100万円になりそうだ、ということであれば、支払う税金は30万円。(利益の3割)

この30万円の税金を減らすために、経費をたくさん使おうとするわけです。で、実際に100万円をパーッと使ってしまいました。

その結果、どうなるのか?実際に計算してみました。(名古屋市の会社を想定)

利益100万円で、経費を100万円使ったとすると?結果はこの表の下になります。

経費で100万円使ってしまえば、利益はゼロで赤字でも払う7万円程度の税負担になります。

仮に上のパターン。利益100万円にムダな経費を払わなければ、30万円の税金を払うところでしたから、税金は減りましたね。確かに。

ところが。その税金以上に減ったものがあります。お金の動きはどうでしょう?

ここで、表の一番右を見ていただくとしましょう。節税と差引きで減ったお金を表示しています。

下の100万円の経費を使った場合を見ると、税金は確かに③欄で23万円減ったのだけれども。

それによって減ったお金は節税?を加味したとしても、およそ85万円にも上ります。

ここで考えていただきたいのは、税金を払うことを嫌ったことでこれだけお金が減ってしまったという事実です。

一方で、利益100万円のままで税金を払っていれば、減ったお金は30万円でした。

税金を払うくらいなら、とにかく経費を増やす。その考えでモノを買ったり、飲み食いした結果、30万円の支出は85万円の支出になったのでした。

こうなると手元のお金が心配されるところです。

税金を払ったほうがお金が残るというのは、税金を払わないとお金が残らないということでもあります。赤字では手元のお金を減らす結果になります。

このことを知らずして、お金を増やすことはできません。

だからできれば税金は払いたくないという私も、毎年税金を払うことは覚悟しています。もちろん。めちゃめちゃ痛みは感じているのですが。

利益と節税とお金のバランスを見る

本当に必要なものであれば、お金を使うという選択は必要でしょう。

ただ、税金を減らすためだけにお金を使うというと、結果的に手元のお金をそれ以上に失ってしまいます。

とはいえ税金を減らすためにお金の支出する必要のない節税というのは、必ずやるべきです。

それ以外にも経営セーフティ共済(倒産防止共済)といったものもあり、将来の選択肢を増やすための効果もあります。

今、まさにその効果を得ている会社も少なくないでしょう。

ただこちらはお金は出ていくものですから、利益とお金のバランスを見ておくことが欠かせません。

判断は人それぞれになりますが、お金がないと仕事ができなくなりますから、手元に安心できるだけのお金をもっておく必要がありますし、お金を借りるにしても黒字の必要があります。

スクリーンショット 2020 06 04 14 48 05

特に現在はコロナの影響もあり、少しでも多くのお金を手元に置いておきたいところです。

税金をいくら払うか?、その後のお金の動きはどうなっていく?といったことを想定しつつ、そのときどきに見合った選択をしたいものです。

じぶんの会社も5月決算なので、先日まさにその選択ってのをしたところです。


【編集後記】
昨日は法人の月次やじぶんの会社の決算などを。夕方、長女(11)がうれしそうに部屋にやってきました。聞けば書道が初段になったようで、賞状も。気づけばあっさり親を超えていきました。私は書道1級で終わったので…。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Xmind2020