銀行からお金を借りる前に…決算書に載せてはいけない科目がないかチェックしておく

B/S 貸借対照表

会社が融資を受けようとする場合、決算書は大きな判断材料になります。

マイナスなイメージを抱かれない決算書にするには、日頃からチェックしておくことが欠かせません。

決算書は銀行がチェックする

銀行からお金を借りていると、「決算書一式コピーください」と言われることがほとんどです。

決算書で、会社の現状をチェックしています。

「 どのくらい利益は出ているか?」

「貸借対照表の純資産(自分のお金)がどのくらいあるか?」

「お金を貸しても返せる会社か?」

などなど。

決算書は、税務署に提出していることもあり、信頼性も高いわけですから、銀行からすれば「お金を貸すか貸さないか?」のものさしの1つになるわけです。

となると、融資を少しでも受けやすくするために、決算書の心証というのは大事になってきます。

決算前にチェック こんな科目に要注意

決算書をパッと見るだけでもその会社の状況はわかります。

特に貸借対照表は開業してから、どんな判断をしてきたかがわかる書類。

資産(貸借対照表の左側)の科目を見れば、「お金の管理、甘いんじゃないの?」とマイとナス印象になる科目もあるのです。

次のような科目が決算書にあると、銀行から見た印象は悪くなると言えます。

役員貸付金

文字通り会社が役員にお金を貸していることを意味します。

役員貸付金は、「催促なしのある時払い」

回収してお金に変わることは、一体いつのことやら。

そんな資産があっても、 ゼロで評価されることになりますし、お金を貸しても役員の私用に回っていくのか…と思われても仕方がありません。

というわけで。もし決算書に役員貸付金があるならば、早めに回収して精算しておくべきです。

もし、残高が大きく、すぐに回収できないのであれば、少しずつでも返済しているという確かな実績をつくっておくべきです。

役員報酬から天引きする場合、原則は期中で役員報酬を変えることはできず、手取りが減るといったことにもなるので、早めの対応が必要でしょう。

仮払金

仮払金は「何に使ったかがわからない」「科目がわからないからとりあえず」といった意味合いで使われることが多い科目。

この仮払金が決算書に残ったまま。さらに残高がいくらあるかで、その会社の経理がどのレベルにあるかというのも何となく分かってしまいます。

私の経験談ではありますが、過去には100万円単位での仮払金が決算書に載っているのを見たこともあります。

貸付金と同様に。決算を迎える前に、何に使ったのかチェックして、適当な科目に振り替えておくなどの対処が必要でしょう。

現金

たまに現金が多すぎる決算書に出会うことがあります。

この決算書を見てどう思うでしょうか?

「本当に手元の現金ってこんなにあるの?」と思うのが普通です。

なぜこうなってしまうのか?理由はいろいろありますが、いずれにしても。銀行には経理がずさんであると言う印象を与えてしまうことになります。

そもそも、手元の現金と残高を合わせられないのであれば、最初から現金の科目を使わないのも手です。

現金でなく役員借入金使って処理する方法です。私はこっちの方が好きです。

ひとり会社ならぜひ使っておきたい 「役員借入金」の科目が必要な3つの理由 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

 

決算書を見て不安にさせないためには?

たかが決算書、されど決算書。決算書1つで銀行の判断が大きく変わることも多いです。

それでは、前述したような科目を決算書に表示させないためにはどうすればいいか?

やはり、毎月の決算(月次決算)で、科目の残高をチェックしておき、問題点があれば早めに整理しておくということが欠かせません。

決算まで何もチェックしないで、終わってみれば決算書に前述したような科目を表示せざるを得ない。

そうならないようにするには、毎月など一定期間ごとに前述したような科目がないか、こまめにチェックしておくべきでしょう。

わからなければ、顧問税理士に相談してみるといいです。

役員借入金を返済していたと思ったら、返済しすぎて役員貸付金になってしまった…ということもありますので。

それに今回のように売上が大きく減ってしまうなど、いつどこでお金が必要になるかもわかりません。

そんなときに、少しでも有利な条件でお金を借りれるよう日々、経理しておき、マイナスな印象を抱かれるような科目をなくし、現金が多すぎるといったことがないよう数字を整えておくことも必要ですね。


【編集後記】
昨日は長男を幼稚園に送った後、法人の決算を中心に。夕方、実家に遊びに行っていた長女(11)を迎えに行きました。昨日、ネットで大府市(おおぶし)がRPAを活用しているという記事を見ました。自分が住んでいる市がITに積極的なのはうれしいです。

システム部門へのノウハウ蓄積で「負担化しないRPA活用」を目指す | 自治体通信Online

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
びっくりドンキー  ねぎポンおろしバーグステーキ
実家にAmazonFireTVStickを承継
とある入金