子どもがITを体験してみたいなら伝えてみる 

実家にて iPhoneXS
つぶやき

子どもには少しずつITの体験をしてもらうようにしています。

早くても損することはないと思っているからです。

ネットは子どもには早すぎる体験か?

我が家では「Alexa(あれくさ)ー」などと、Aiスピーカーに向かって、話しかけることは日常になっています。

現在はEchoShowがメインですが、たまに私の部屋にいるGoogleHomeMiniにも話しかけています。

ただ、子どもにスマホやパソコン、タブレットなどをどこまでさわらせるかというのは難しいところです。

  • スマホを買ってさわらせるか?
  • PCやタブレットについてはどうするか?

などです。

現状は、やりすぎはN.G.としつつも、さわること自体まで制限しなくてもいいのかなというスタンスです。

親がPCやタブレットをさわっていれば、やっぱりやってみたくなるでしょうし、興味があるならやってもらえばいいかなと。

それで、1ヶ月ほど前に長女(10)用にAmazon Fire HD7のタブレットを買いました。

Amazon Fire HD 8は小学生でのタブレットデビューにおすすめ | GO for IT 

算数の無料アプリをいくつかインストールして、たまにやっているようです。(ダウンロードしたら、メールが届くようになっています。)

さわっているうちに「この後ろの画像(壁紙のこと)を変えたいんだけど、どうやってやるの?」とやりたいことも出てきます。

 

で、長男(4)は、Kindleでキン肉マンの図鑑を見たり、Googleフォトで写真を見たりするのが好きです。あとはiPadにApple Pencilで絵を描いたりしています。

スワイプしてページをめくったり、次の写真を表示させるのは、大人が一度やればすぐに覚えますので、今はもう慣れたものです。

最近は、Kindleでもう一度、最初から見たいときの操作を覚えているところです。

ITスキルはこれから必須でしょうから、気になったものは興味を持ったことから、少しずつ体験してもらえればいいかなと思っています。

「こういうのあるんだよ」と伝えてみる

何に興味を持つかはわかりません。なんでも体験してもらうようにしています。

「やってみる?」と聞くと前のめりで「やりたい」と言うことも多いです。

例えば、コンビニでお菓子を買ったときに、PayPayのボタンを一緒にタップして、決済画面を表示して店員さんに見せてみるとか。

長男に「PayPayで」って言って画面を出すように伝えると、

「PayPayです。」

といってiPhoneをレジのカウンターにゴトっとおいていました。

大人では当たり前の行動も、子どもでは、また違った反応だったりするので興味深いです。

長女(10)は「なんかこわい…」と言っていたので、それ以上すすめませんでした。

「こういうのあるよ」ときっかけだけつくっています。

昨日やってみたLINEカーナビ。アプリの地図と車の動きをみて驚いていました。「ねえClova、このへんにコンビニある?」って聞いてみたところです。

どれも、次も同じようにやりたいと思うか?といえば、そうでもないわけですが、どんなことができるか?ひとまず体験してもらえばいいかなという感じです。

Apple Watchの時計の写真、油断するとすぐにお気に入りのトイストーリーの画像に変えています。。。

IMG 0695

知らないうちにExcelを使っていた話

実家に行ったとき、長女(10)がPCでGoogleの画像検索をしてから、Excelを起動していました。

その後、画像を挿入→ネットで拾ったトイストーリーの画像を貼り付けて、プリントアウト。

IMG 0700

その画像を切り取って長男(4)にプレゼントしていました。

そのようなやり方、教えた覚えはまったくなかったので驚きましたが、どうも父親が教えたようです。

親の思っている以上に、子どもの吸収力ってすごいなと。

体験しないとわからないのは、子どもも大人も同じです。

で、ITを通じて兄弟で仲良く楽しんでくれれば、親としてはうれしいんですけどね。

 


【編集後記】
昨日は午前中は長男(4)の幼稚園のイベントに。午後は妻に予定があり、駅まで送ったあとは、3人で日本モンキーパークの遊園地へ。長女(10)と長男(4)と一緒になって、乗り放題を楽しみました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
子どもたちと日本モンキーパーク遊園地
LINEカーナビ
すき家 41号大口店