お会いしてなくても提供できるのは、ネットに住んでいるおかげ

つぶやき

今のようなひとりしごとができているのは、ネットがあるからです。

ネットがなかったら、私は今のようなサービスは提供できていないはずです。

ネットを使うメリット

ネットを使わない日は、まずありません。

  • 何かわからないことがあれば、調べる
  • Dropboxでクラウドにデータ保管
  • ブログを書く
  • ネットバンクを使う
  • クラウド会計を使う
  • e-taxで電子申告する
  • Webゆうびんを使う
  • 登記情報を取得する
  • ブログで情報発信
  • HPでメニューを出す
  • 最新ソフトにアップデート

といった感じで、たくさんのことができるのネットがあるからです。

私自身も最初は気が進まなかったネットの世界。

でも、そのネットの世界に積極的にかかわるようになったおかげで、できることは大きく広がりました。

ネットがあって実現できたこと

もし、ネットを使っていなかったら?

看板を出していないと知っていただけないですし、広告を出しても、知っていただけるのは、それを見た人だけ。

自分がどんな人間かなどは、実際にお会いしないと知ってもらうこともできませんし、連絡だって、電話がないとほぼ無理でしょう。

でも、ネットがあることで、看板なしでも仕事ができるし、広告がなくても大丈夫です。

そして、距離がまったく関係なくなるのもネットならではのメリット。

 

私の場合、ブログを書くことで、自分の気づきをアウトプットできるようになったわけですが、それさえもどこかで見ていただけている可能性があります。

たとえ、遠方の人にでも、お会いしたことのない人にも知ってもらうことができますし、サービスを利用してもらうこともできます。

行間からにじみでるもの

ネットで伝えるなら、書くチカラは欠かせません。

ブログでもそうですが、読んでいるとなんとなく書いている方がどんな感じかはわかります。

そして、メニューの1つにしているメールコンサルティング

今になって、すごく深く、面白いサービスだなぁと感じています。

補足
メールコンサルティングは、メールでお申し込みいただき、お金をお支払いただき、メールで質問を受け付けて、回答するというサービスです。

他のサービスと違って、お会いすることが前提ではありません。

さらに言うとメールですから、お客様がどこの方かもわかりません。(まぁこちらも住所を出していないので全く問題ないのですが)

わかる情報は、いただいたメールだけという状況。

それでも文章を見れば、ブログと同じようにメールの文章から、

  • どんな雰囲気の方か?
  • どういう立場の方か?
  • お困りごとは何?
  • どういう方向性か?

というのは、にじみでていて、なんとなくですが伝わります。いろいろと想像するのも面白かったりします。

その行間を読んで、どうお役に立てる回答を返せるか?というのが、いいトレーニングになっています。(と最近になって気づきました。)

 

お会いしたことない人にじぶんの知ってもらい、お会いしたことのない人にサービスを提供する、自分だけではとても気づけなかったことです。

これも、先駆者の方のおかげですね。

 

と、どう発信するか?どう使うか?も含めて、いろんな可能性があるネット。

もうしばらく住み続けてみようかと思います。


【編集後記】
昨日は朝、長男(4)を幼稚園に送ってから相続税の申告処理を中心に。来月には提出できそうな感じです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
マネーフォワードクラウド信金口座のAPI連携