とあるフリーランスのカフェ利用事情 仕事・気分転換・ランチ

つぶやき

「ちょっと気分変えて集中したいなぁ」というなら、カフェに行ってみてはどうでしょうか?

ガヤガヤしたイメージがありますが、意外に人もいませんし、わたしはかえって集中できるくらいでおすすめです。

カフェに行くのが好き

好きなことの1つに「カフェ巡り」があります。

独立してから、時間も自由になったこともあり、行くことが多くなりました。

何と言っても、その良さは食事しながらまったりできること。ランチを食べたり、カフェラテを飲んで落ち着けるのがよかったりします。

 

View this post on Instagram

 

ランチはカフェでまったりと。 #largecafe #BLT #極KIWAMI食パン #カフェ巡り

Go Uemuraさん(@go.uemura)がシェアした投稿 –

カフェに行くのは、妻も好きなので、家族でも行きますし、旅行に行ったときに、現地のカフェに行くことも多いです。

 

モーニングで有名となった名古屋。カフェ(喫茶店)王国?の本領発揮なのかどうかは定かではありませんが、最近、新しいカフェもいろいろできていますので、カフェネタには事欠きません。

そんな中、最近行ってみてよかったのは、mozoに入っているジェラート ピケ カフェ(gelato pique cafe)。

クレープのお店ですが、席と席の間のスペースが広く、開放的でよかったお店です。クレープを作っているところも見ることができます。

(長男(3)がずーっと見ていたので、店員さんが若干困っているようでしたが…)

カフェ好きな方は、一度行ってみてはどうでしょうか?

「カフェで仕事する」は集中できる環境だった

カフェで仕事をするというのは、独立してからやってみたことです。

これが結構ヒットでした。ブログを書いたり資料をつくったりというのは、カフェでやることも多いです。

「カフェだと人がたくさんいるから」

 

というのは、よく言われることですが、私は意外と集中できます。

人の声やバックで音楽がかかっていたりというのはありますが、それほど気にならず。

田舎だから、東京とかに比べると、人も少なめというのもあるかもしれません。

 

 

逆に静かすぎるのも苦手で、ちょっと音するくらいの方がかえって集中できます。

 

とはいえ、ときどき、いきなり電話で話し始める方がいらっしゃいますが、あれはさすがに気になります。

(それにしても、スタバに行くと、Macの人ばかりなのはなぜ??)

 

「コーヒー1杯=利用料」と考える

仕事の合間にカフェに行くようになったのは、集中できる環境だと感じたからです。

もともと1つの場所にずっといるというのが得意ではなく、場所を変えてみるのは、気分転換にもなります。

休みの日にひとりのときは、カフェに行って本を読んだりブログを書くこともあります。

今日はその日でした。

出張したときにも、仕事できる場所としてパッと思いつけるのもカフェです。(私は)

コーヒー代は、集中できる環境のための利用料だと考えれば安いものです。

 

カフェが好きだと書いてきましたが、あえて行かないようにしているカフェもあります。

喫煙できるカフェには、煙の匂いが苦手なので行かないようにしています。

以前、お客さんも少なめで「いいカフェを見つけたっ!」と思ったのですが、3回目くらいで喫煙のカフェだったことがわかり、行かなくなりました。

 

そんな感じで、入ってみて失敗したなぁというカフェもありますが、試してみないといいカフェは見つけられません。

コーヒー1杯で場所を利用できますし、どこにでもあるので、試しに入ってみて、意外なところにお気に入りのカフェを見つけた、なんてのもあり楽しめます。

 


【編集後記】
昨日は1日オフで実家へ。先日、父がPCを買いたいというので、一緒に選んだのですが、そのPC(Dell)が届いていたので、初期設定をしたりと、ゆっくり過ごしました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
むらさきや
Better Touch Tool


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。