衝撃すぎたRPA WinAutomationでロボットスキルを体感してみてわかったこと 

スポンサードリンク




「RPA(Robotic Process Automation)・ロボットの世界とは、どんな世界なのか?」を体験できるところまで来ています。

ロボットを試しに作ってみた。半日かかったけど。

実際に体験したロボット、感じたことをまとめてみました。

AI・ロボットで仕事が減っていく?

 

AIの台頭により仕事が減っていくと言われています。

過去、産業ロボットの出現でブルーカラーの仕事は効率化されました。

 

そして、RPA(Robotic Process Automation)。

ルールに沿って進められるホワイトカラーの仕事。自動化され、効率化されるのは、目に見えています。

税理士の仕事も例外ではないわけです。

 

ただ、AIでも現状できないとされていることはあります。

例えば、AIには判断力に欠ける面があります。想定外の質問には回答してくれなかったり。

Amazon Echoと触れていてもそう感じます。(現状は)

Amazon Echoですき家の牛丼を注文してみた AIの現在地を感じてみる

2018.02.10

Amazon Echoが我が家にやってきた! 未来を体感できて親近感も持てる不思議な関係

2017.12.03

そういうところを人が対応し、ルールに沿って、できるような入力などの仕事はAIに任せるという形がいいのかなと思っています。

 

そうなると、やっぱりRPAにどんなことができるのかは知っておいたほうがいいわけです。

ひとり仕事、ロボットを利用しない手はありません。

 

今回、実際にロボットをつくってみました。

個人的な印象としては、ちょっとExcelなどのマクロに似た感じがするなぁという印象です。(どちらかといえば記録マクロ?)

Excel VBA超入門 マクロを書いてみたい人集合! 仕事ときどきアウトプットがおすすめ

2018.04.25

 

ただ、プログラムを1から書くわけではなく、アクションパターンがある程度決まっていて、それをチョイスして動かすという感じです。

自分で記述するExcelマクロに比べたら敷居が低いと感じる部分もあります。

変数とかちょっとややこしい部分はありますが、とりあえず体感するだけなら後述するようになんとかなります。

 

RPAを体感してみた ロボットをつくれるようになるのに必要なもの

 

そのRPAを体感してみました。今日、夕方からずっ〜と研究していました。

基本的なロボットをつくってみて、RPAを体感するのに必要だったなぁと思えるものを挙げてみます。

まだ、感じたばかり、ホカホカです。

 

ロボットソフト

ロボットは正確にはRDA(Robotic Desktop Automatic)といわれるものです。まず、これがないと始まりません。

補足
RDAは個人のデスクトップにインストールするもので、サーバーにインストールするRPAとは厳密に言うと違います。ただここでは複雑になるのでRPAとします。

色々ありますが、今回私が体験したWinAutomationは30日間無料です。

とりあえず30日以内に体験するのも手でしょう。

→  WinAutomation

他では、Uipathというのもあります。個人なら無料のようです。

 

記事・動画

ダウンロードしたのはいいものの、「はて?どう使ったらいいんだろ??」となります。

そんなときは先駆者の力を借りましょう。

わかりやすく記事にしていただいています。

 

私はAIセミナーで教えてもらった井ノ上さんの記事を参考にやってみました。

 

それから、Youtubeで検索しても日本のものは少ないながらも、光る2人の動画が参考になりました。

ここまでのものをつくるとはさすが。

 

戸村さんに、

 

それから、メガネロボットの谷口さんも。

が、がんばろ(汗。

 

あと、Youtubeにはあと企業のものもあり、そちらも参考になりました。いろんなものを断片的に見て組み合わせていくのがいいのかなと。

 

英語力

WinAutomationはギリシャのソフト会社らしく、Googleで検索しても、ほとんどの情報が英語…。

もちろんソフトも英語。(NTTデータのものは超高い)

 

ってっことで英語力のなさを痛感したのでした。

 

ただ、英語が少しでもわかればと、ふと思いついたのが、Google翻訳

Cromeのアプリにもあるので、これはおすすめです。

例えば、これはWinAutomationのHPですが、全部英語です。

Google翻訳でページを翻訳すると、

読めるレベルで日本語化してくれます。

なんとかなりそうな気がしてきました?(笑)

これからやろうという方の参考になれば嬉しいですが。

英語がわからなくてもあきらめない Google翻訳を使えば解決したようなもの

2017.07.26

まずはマネから とにかく1つ完成させてみる

 

セミナーに参加してやってみようと思っても、ダウンロードしてみると英語ばかりだし、何からしたらいいのか?という戸惑いがありました。

とりあえずは、なんでもマネをしてやってみることが一番の近道。

 

時間はかかりますが、最初は必要なことです。

そこから自分なりにやっていけばいいわけで。

最初に時間をかけて、理解しようとするから効率化につながるわけです。

 

使い方がわかれば、ここでかかった時間はすぐに取り返せます。

それくらい衝撃でしたよ。ロボットのスキルは。

Excel同士でのデータ自動ってのは、あるんでしょうけど。Web×ExcelっていうのはRPAだからこそでしょう。

 

最後に私が今日半日かかってつくったのを動画で載せておきます。

前述の井ノ上さんの記事を参考につくってみたものです。

もっといいやり方があるんでしょうけど、とりあえずはこれが限界(笑)

 

 

次は仕事に直結しそうなのを作ってみたいなぁと思っています。できたものは消える仕事ということなんでしょうね。(笑)

 


【編集後記】
昨日は、自分の仕事を整理。GW前ということもあって、昨日は自分の仕事、研究をしていました。まぁ、私はあまりGW感がありませんけど。この間に色々やってみようかと。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Right Inbox for Gmail


スポンサードリンク