ほろ苦い経験が独立してから活きる 独立後は楽しめる時間を増やす

独立

スポンサードリンク




ほろ苦い経験が独立してから活きることがあります。

過去にやってきたほろ苦い仕事

苦い経験、独立前にも独立後にもたくさんしてきました。

サラリーマン時代、会計事務所に勤務していた頃を含めてこんな経験をしています。

  • 毎日、日付超える残業
  • タクシー帰宅
  • 会議に日々参加
  • 誰でもできる伝票チェック
  • 固定資産登録だけを山ほど
  • 激安な仕事の担当
  • 朝7時からお客様訪問
  • 経理やってくれない会社で1日張り付き

こういったことは、誰でも多かれ少なかれあるのかもしれませんが、もう一度…と言われれば、どれも避けたいものばかりです。

過去の経験を独立後に活かす

ただ、こういった経験がすべて無駄になっているかといえば、そうでもありません。

この経験があったからこそ、独立した今はこういう経験を再びしないようにしています。

残業

残業をしていたら、いつまでも家族や友人との時間をもつことができませんし、何よりも自分の時間を持つことができません。

入力たくさん

入力の仕事もやるとなると時間も必要ですし、そのボリュームが多ければ、とてもひとりではやりきれなくなるでしょう。

報われない

ひとりでできることも限られます。売上があっても報われないような仕事をやるわけにもいきません。

何度お願いしてもやってくれない、時間もかかる割に報われないのは、ひとり仕事としては痛すぎます。

 

 

そう考えることができるのも、過去のホロ苦い経験があったからでしょう。

 

楽しめる時間を増やし、楽しめない時間を減らす

前述のようなことに時間をかけることをできるだけ減らしています。

ひとりで仕事をする以上、できることも限られますし。

それならば、成長できると感じるような仕事をやりたいです。

食べていくことだけ考えれば、どんどんやれるだけやればいいじゃんと思うかもしれませんが、それでは将来につながりません。

結局あとで苦しむことになるでしょう。

目の前の仕事だけやっていては、言われたことをやっているのと同じになります。

久々のWindowsPC

やりたい仕事、楽しめる仕事をやる、そのためには自分を磨く時間も必要です。

 

もちろん、楽しめる時間を増やすのも簡単ではありませんし、ある程度の犠牲も払うのですが、新しい仕事をつくったり、提案しつつお客様に貢献していくには、やりたい仕事、楽しめる仕事をすることが欠かせません。

やらない仕事を決めて、やりたい仕事を積極的にやるべきです。


【編集後記】
昨日は株価評価をした後に法人の処理を。退職金の住民税納付書のExcel版を名古屋市のHPからDLしたのですが、これがなかなかのネ申エクセルでした。金額は1桁1セル、合計も手入力って…。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
e-typingでFast
名古屋市の住民税のExcel納付書


スポンサードリンク