PC苦手は本当か? 苦手のままで終わらせないためにやってみるべきこと

つぶやき

スポンサードリンク




人は誰しも得意なもの、苦手なものがあります。

 

苦手だと思っているもの、実は芽がでるものがあるかもしれません。

苦手といってしまうとそのあとは出てこない

「PC使うのがどうも苦手…」

自信がない、上手くいかないとついつい出してしまう言葉です。

苦手なものがゼロなら一番いいのですが、なかなかそうもいきません。

 

子供の頃を振り返ってみると苦手なもの結構ありました。

  • トマト
  • メロン
  • 刺身
  • 牡蠣
  • 水泳
  • 国語

特に水泳は苦手(水を怖がっていた)で、小学2年生のときにスイミングに通うことになったのですが、「行きたくない」と申込書を隠したという経験の持ち主です。

(申込書を隠しても、またもらうだけで何の意味もないのですが…。)

ただ、いざ通ってみると楽しくなり、その後、ひととおり泳げるようになっています。(人並みですが)

 

同じようにメロン、刺身、牡蠣も苦手でしたが、大人になってから大好きになっています。

 

さらに、国語が苦手で、中学生のころはあまり平均点を超えた覚えがありません。

そんな人間が本を執筆するという経験をしたのですから、世の中何が起こるかわかりません。

この中でいまだに苦手意識があるのは、トマトだけです。

といっても、そのトマトも、大人になった今、完全に苦手というわけじゃありません。

丸い固形のトマト、輪切りにスライスしてサラダに入っているトマトはダメですが、パスタに入っていたり、ハンバーガーに挟んであれば大丈夫というなんとも中途半端…。

 

苦手といってしまうと、そこから先の発展はないのですが、何かがきっかけでやってみると意外にできたということもあるものです。

 

苦手なものの中には得意なものがあるかも? やりたいと思えるかどうか

独立するとき、苦手だと感じていたこともありましたが、大抵のものは本気でやっていなかったりします。

苦手で、かつ興味がないものは、やるべきではなく、捨てればいいのですが、苦手だと思っていても、「やってみたい」と興味があるなら一度やってみるべきです。

  • ネットに住む
  • 人前で話すこと
  • タイピング
  • Excel VBA

ネットの世界に住む

ネットにHPを作ったほうがいいと思っていても、自分をネットの世界に住めないと苦手だと思っていました。

でも、必要性を感じてから、ネットの世界に住むことに。今3年目です。

苦手だと思っていたのは、何だったのか…。

人前で話すこと

人前で話をするというのが苦手だと感じてました。

「何をどう話せばいいのか…。」ろくにやったこともないけど、勝手にそう思い込んでいました。

でも、今、人前で話をするという仕事もやっています。

いざやってみると、ずいぶん景色が違っていたわけです。

タイピング

「キーボードを早くタッチできればいいな」という願望はあったものの、何から始めていいのかわからず。

今は苦手ではなくなり、むしろ楽しいものになっています。

Excel VBA

Excelは人並みに使えるものの、マクロやってみたいなという思いがありました。

まずはセミナーに参加して、少し壁が下がりました。

 

あ、ちなみに私は何をどうやっても残業だけは本当に苦手です。

やりたいことじゃないので、残業するスキルは退化していけばいいかなと。(もう退化してるでしょうが)

日々コツコツで得意になることも

やりたいことなら、「苦手」と言うのを禁止して、とにかく日々少しずつ触れるようにしてみましょう。

 

私も苦手だと思っていたことのなかに、やりたいことがあります。

 

ネットの世界に住むことは毎日。

タイピング、ExcelVBAは毎日少しずつ練習することでだんだん苦手ではなくなりつつあります。

人前で話すことも毎日というわけはいきませんが、少しずつやっています。

 

苦手だと思っていたものが、やりたいことであれば得意にもなり得ます。

 

まずは苦手と言うのをやめて、日々触れてみるようにしましょう。

気が進まないなら、時間がもったいなく徹底的に捨てればいいだけです。

 


【編集後記】
昨日は1日オフ。午前中はジムへいって運動。午後は子供たちのカットに付き添い。夕食は焼肉屋に決まっているといい、そこで子どもたちから渡された手作りのプレゼント。W杯に夢中で父の日だってことすっかり忘れてました。好きなものをチョイスしてくれたようで。嬉しいっす。笑

【W杯ひとりごと】→マニア向け・ネタバレなし
みんなが予想している結果になっていないな〜と感じる今回のW杯。昨日の試合では、特にメキシコの試合巧者ぶりが目立った。ドイツの猛攻に真正面から向かい合うことはせず、そのほとんどは自陣に戻って壁を作り、素早いチェックから一気にカウンター1本。自分たちに持ち味がわかっていて見応えがあったな〜。これは意外に早くドイツVSブラジルが実現するかも。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Google Home Mini
ミニストップのアイスカフェラテ


スポンサードリンク