ひとり仕事ならブログを書いて発信し続けるスキルを身につけるのはどう?

ブログ

スポンサードリンク




ひとり仕事なら「発信するスキル」を磨くことをおすすめします。

私自身もやっていて効果を感じています。

発信なんかしたことないし…

自分発信。

勤めている頃はとてもやろうと思わなかったことです。

実は過去勤めていた事務所で「ブログをやろうか?」(たぶんアメブロ)みたいな話がありました。(そういえば…)

どこかの事務所でリレー形式でやっていたのは見たことがありましたが、まぁ別世界に見えたわけです。

「発信するなんて…」

こう思ったのは、私だけじゃなかったこともあり、おそらく数記事で終わったんじゃないかと。

(私はそのブログすら見ていませんので特定もできません。もうないでしょう。)

独立してからも、必要性は感じていたものの、自分から発信しようとも思いませんでした。

そんな中、「どうやって知ってもらえばいいのか?」という初歩的なことを1年経ってからようやく考えブログを始めたわけです。

発信スキルは発信しないと磨けない

「発信する」。

やったことがないと、私のように高い壁と感じるかもしれません。

文章を書けるかどうかというより、「書けるのか?」というメンタルの方が手強かったりします。

 

ただ、私自身ひとりで仕事をしていて思うのは、

  1. 読む
  2. 書く
  3. 話す

といったスキルはひとりで仕事していれば、必要だなということ。

それらを磨くには、ブログはいいツールです。

結局、「発信するなんて」を克服しようと思ったら、発信することに慣れるしかありません。

 

ブログを書いていると、こんな効果があります。

 

ブログを書くと
  1. 自分が書いた記事で誰かの役に立てる
  2. 誰かが書いた記事を読んで学べる
  3. 話すスキルを書くことで磨ける

 

さらにブログをずっと続けてネットの世界に住むことで、

  • ITスキルを磨ける
  • 行動力が上がる
  • 仲間ができる
  • 予想もしないことが起きる

といったメリットもあります。

と言っても、毎日続けることはかなり大変で、相変わらずおすすめはしませんけど。

 

ずっと発信し続けていれば見つけてもらえる

発信し続けていれば、そのうちネットの世界にいることに気づいてもらえます。

「誰だろ?」「何やってる人?」といった感じで。

ネットの世界に住むのは、何がいいか?

距離が無関係になることと、書くことでバリアを張れることです。

愛知県の方に限らず、離れたところにいる方にも知ってもらえますし、ブログやHPからそう言った方にサービスを受けていただくこともできます。

苦手なことがあれば、ブログに書いておけば来なくなります。

営業メールはほとんど来なくなりました。

面白いことに自分が苦手なタイプの方(例えば、電話じゃんじゃんかける方、タバコ)には一人もお会いしていません。

初めてお会いする方がいるたびにブログの効果を感じます。(県外の方だったりすると特に。)

 

ひとり仕事で営業が苦手な方、存在を知ってもらいたいという方にはやっぱりブログがおすすめです。

ブログをやる、毎日書くといったことでも違いが出せるかと。

 


【編集後記】
昨日はフリーランスセミナー開催。ご参加いただきありがとうございました。浜松から新幹線に乗って参加いただいた方にびっくり&感激。テンション上がりまくりでした〜。そのあとは帰ってきてからW杯観戦。すでに夢の1ヶ月が始まっています。

NEW!【W杯ひとりごと】→期間限定・ネタバレなし
これまでの試合は大きなハズレはなし。ウルグアイのツートップはやっぱ見ているだけで強力。今後期待できます。そして、スペインVSポルトガル観戦。この試合は見る側にとっては最高のゲームでした。「うぉ〜」と何回言ってたか…。近所の人に怒られるかも…。(汗)

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
モダン会議室
スタバ アメリカンスコーン抹茶


スポンサードリンク