電話は便利なようでひとり仕事にはつらいアイテム 電話から逃げるためにあえてSMARTalk

スポンサードリンク




独立してから本当に感じたのは電話のやりとりの煩わしさ。

電話をメインに仕事をすると大きな犠牲を払うことに。

電話をメインに仕事をすると、時間はどんどんなくなっていきます。

電話に時間を奪われると気づく

サラリーマンの頃は当たり前に使っていた電話。

仕事柄、電話を使わないことは考えられませんでした。それが当たり前の世界で生きてきました。

昼の休憩時間にも、電話当番なんていうのがあったくらいです。

ただ、会社を辞めて、会計事務所に勤めるようになっても、問い合わせなど電話対応は続きます。

この頃、時間が奪われることを少しずつ感じ始めますが、給料ももらっていましたたので、1人1台の固定電話に出ないわけにもいかず。

そうは思っていても、仕事する以上、仕方ないのかなぁと。

そして独立。

電話がかかってくると、その音や対応で集中が削がれ、時間が奪われていると気づきました。

勤務している頃と違って、すべての電話に自分で出ないといけませんし。

そこで着信があれば、かけ直ししないといけないですし、相手が出てくれるとも限りません。

こちらが求めなくても、相手がもう少し話をしたい感じだと、切りにくかったりもします。(私の場合は)

仕事もそこで中断。

夜に着信があったり、休日に着信があると、「何だろう??」とドキドキしましたし、気分のいいものじゃありません。

営業のものなどしょうもない電話も多いわけです。

そこで独立してから、電話番号を表に出すことをやめようと、決意。

そして、今は名刺からも電話番号を消しています。

独立して気づきましたが、電話はひとり仕事には、つらいツールです。

電話番号を求められることもまだ多い

お客様は、メールやDropboxでやりとりできるものの、それ以外で仕事柄、電話番号を出さないといけない場面もあります。

例えば、税務署や税理士会などです。

税務署の連絡はまだ電話メインですし、税理士事務所の電話番号を税理士会に登録しないといけないことになっています。

かと言って、スマホの番号を公表したくありません。

何か購入するとき、契約するとき、ネットで申し込みであっても、いまだに電話番号を求められることは多いです。

また、留守電にメッセージを残されると、消すのも面倒です。

こういったことは、できるだけこちらでコントロールできるようにしたいわけです。

SMARTalkで電話をメールに変えて逃げる

その対策の1つとして、使っているのはSMARTalk。

→ SMARTalk(公式アプリ) | FUSION IP-Phone SMART

IP電話なので、携帯電話と別に電話番号をもっています。

申告書を電子申告する場合にも、この番号を税務署に出しています。

基本料無料なので、こちらから電話をしない限りお金はかかりません。

もちろん料金を払ったこともありません。

いつもマナーモードにしてあるので、着信があっても、ネットで検索して、営業ならそのまま放置しておくだけです。

着信があると、こんな感じで登録アドレスにメールが届きます。

留守電が録音されていれば、通常は毎回留守番電話センターに電話して、毎回、削除しないといけなかったりして面倒なのですが、それもデータファイルです。

留守録があれば、電話で聞くのではなく、ダウンロードしてPCで聞くことができます。

不要ならほっておけばそのうち消えますし、削除すれば大丈夫です。

一度開示すると、すぐに変えられないかもしれませんが、今は税務署などか本当にたまに営業電話くらい。

もっといい方法が見つかれば、変えますけど、現状はこれがいいかなと。

通話しなければ基本料無料。

やってみないとわからないこともあります。ツールの1つとして試して頂ければ。


【編集後記】
昨日は1日オフ。実家に行ったら子供たちに、サンタから一足早いクリスマスプレゼントがきていました。「お願いサンタ!」に伝えていたから、明日の朝にもきっと届くでしょう。世の中では今日ケーキ食べるんでしょうけど、我が家は今日、私が別行動なので明日の予定です。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
電動アシスト自転車
64ハンバーグ


スポンサードリンク