セミナーや研修に参加する判断基準は「経験を語っているかどうか?」

スポンサードリンク




セミナーや研修に参加して、いいと思えるのは経験を語っているかどうか?

税理士会の研修に参加してきました。

経験は自分にしかない財産。語らないと損です。

楽しめるセミナーとは

税理士には研修があり、これまでは義務ではなかったのですが、今年から厳しくなりました。

年間で36時間を受講する必要があるのです。

今日、税理士会の研修に参加してきました。

最初から最後まで、楽しく聞けました。

過去には、早く帰りたいと思った研修もありました。(笑)

今日の研修が、眠くもならず楽しく聞けたのは、ところどころで経験を語って頂いたからです。

テキストもあるにはありましたが、スクリーンに写っているパワポ資料と同じで、テキストがないも同然。

素晴らしい研修でした。

経験は財産 経験を語らないと損

セミナーや研修となると、いかに深い知識を教えているかという点が注目されがちです。

ただ、深い知識であっても、それを実際に使えなければ、あまり効果がありません。

自分がどうやってきたか、などこれまでの経験を語れば、聞いている側にとっても「あ、自分にもできるかも」とか「やってみよう」という意欲を持ってもらえます。

経験は自分だけのもの。同じ経験をしている人は二人といません。

語り方も違うでしょうし。語らないと損だと思うのです。

経験を語ってくれるセミナーには、積極的に参加するようにしています。

そのセミナーで刺激を受けて、やってみたことも多いです。

私も自分が話す側の立場になった時には、経験したことを少しでもお伝えするようにしています。

プラスの経験だけでなく、マイナスの経験こそ語るということも話をしてみて学びました。

聞く側でも話す側でも参加する

セミナーや研修に参加する時には、聞く側として参加するのですが、同時に話す側の研究もしています。

  • 自分ならこういう資料にするかなぁ
  • これは自分も取り入れてみようか?
  • 身動きはどんな感じ?
  • 最初の導入部分はどうしてる?
  • 話し方は?
  • 笑いはあるか?(笑)

といったことも考えています。

そして、誰が話すかという点も重視しています。

新しいスキルを身につけるのにインプットが必要なように、こういったセミナーに参加して学び、自分の話す仕事でアウトプットしたいのです。

試行錯誤しながら、経験して話すスキルをあげていくしかありません。

セミナーに参加するなら、経験を語ってくれるセミナーはおすすめです。

そして、話す側なら自分にしかない経験を語ってみましょう。

「こんな経験じゃあみんな知ってるし、誰にも響かないんじゃ…」と思うかもしれません。

私も悩んだところですが、その経験は誰もしていないはずで、語れることはあると思うのです。

今はそう思って話をしています。


【編集後記】
昨日はオフ。久しぶりにコストコに行きました。いつも買っていたチキンベイクが新メニューに変わってました。あれよかったのに…。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ

コストコ チキンチャバタホットサンドイッチ
コストコグローバルカード

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサードリンク

相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。

スポンサードリンク


5/25 or 6/15 フリーランスのための『わかる!確定申告キックオフ ⚽ セミナー』

確定申告をただ「めんどくさい」とだけ感じるのは、目的を持っていないから。

「何のために?」

目的を知れば、経理をすること、確定申告をすることのイメージは大きく変わります。

そのイメージを変えていただくきっかけとして、「フリーランス向けの確定申告セミナー」を開催することにしました。

確定申告が終わったばかりの今だからこそ、はじめる意味があります。