セミナーの自主開催でアウトプットのオンパレード! そして「相続をやらない税理士のための同族会社株式セミナー」

セミナー・プレゼン

先日とあるセミナーに参加しました。

話す仕事はやって行きたい仕事のひとつ

セミナーでは内容を聞くだけでなく、自分がやる側の視点でも見ると学べることは多いです。

セミナーに参加すればいろいろ見える

セミナーに参加すれば、学べることは少なくありません。

もちろん、内容を学ぶのがメインなのですが、それ以外にも学べることは数多くあります。

  • 告知の方法
  • セミナー会場の探し方
  • セミナー会費の支払い方法
  • 受付の完了の通知方法
  • 入金の完了の通知方法
  • セミナーの内容の伝え方
  • 資料の作り方
  • 話し方、進行
  • アンケート

セミナーに参加すると、それぞれの講師の個性も見えます。

それがまた興味深いですし、感じることもいろいろ。

「おっ、この伝え方はわかりやすくていいや。」

「あ〜、専門用語ばかりでイヤっす・・・。」

「判例を紹介するばかりのセミナーで退屈するなぁ。」

「自分が開催するときにはこうしてみようか。」

セミナーに参加するときには、自分が開催する側の立場からも見るようにしています。

話す仕事の時間をつくるために逆算する

独立するとひとりで仕事をすることになります。

通常の仕事もこなしていく必要がありますが、独立したからこそできる、やってみたい仕事もあります。

その一つは「話す仕事」。

独立してから何回かやってきましたが、もう少し増やしていきたい仕事です。

ただ、話す仕事、準備はそれなりに大変。

いずれにしても、ここ最近やれていないことは自分自身の反省点。

やれていない状態が続くのであれば、逆算の考え方でゴールから設定します。

逆算で考えると効率がいい 事業計画、売上目標、フリーキャッシュフローにも使える

開催日を先に決めてしまいます。

セミナーの自主開催でアウトプットのオンパレード

セミナーを自分で開催することはそれなりに大変です。

初めてのネタで開催するセミナーなら、資料を作成する時間もそれなりにかかります。

これによって、インプットした知識や経験、それをもとに資料をつくるといったアウトプットすることができます。

最初は「人前でも上手に話せるようにしなきゃ・・・」とそればかり考えていました。

話をしてみると意外となんとかなるものです。

頭が真っ白になることは避けたいですが、とりあえず「伝えられることをしっかり伝えよう。」と。

自分なりに積んだ経験をベースに、学んだ話し方をアウトプットします。

自分でセミナーを開催するのであれば、セミナーに参加して学んだことを最大限にアウトプットしてみましょう。

  • 告知の方法
  • セミナー会場の探し方
  • セミナー会費の支払い方法
  • 受付の完了の通知方法
  • 入金の完了の通知方法
  • セミナーの内容の伝え方
  • 資料の作り方
  • 話し方、進行
  • アンケート

言うなれば、アウトプットのオンパレード。

そして、前回上手くいったこと、失敗したなぁと思うことも見直しして次に活かします。

話すこと、話し方、運営、すべて頭に入っていればいいのですが、そう言うわけにも行かず、これは経験を積んでいくしかないでしょう。

まとめ

自主開催をすれば、学んだことをたくさんアウトプットできます。

誰一人として、同じインプット、アウトプットはないわけですから、自分にしかできないセミナーをやってみましょう。

人前でたとえ上手く話せないとしても気にしない 自分らしく伝えるための5つのマイルール

と言ったところで、最後に告知を。(笑)

セミナー開催情報
11/30(木)  相続をやらない税理士のための同族会社株式セミナー

【編集後記】
昨日は法人の決算処理のあと、セミナー資料作成を。そのあとはブログ更新。長男(2)が来年から行く幼稚園で入園決定通知書をもらってきました。かわいいイラスト付きでほっこりします。(笑)

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
インスタベース