やっぱりブログにはメリットがたくさんあるなぁと思った話 

ブログ

スポンサードリンク




ブログを書き続けているのは、効果を感じているからです。

ブログは1日1日の積み重ね

毎日更新のこのブログ。

「ブログを書くのは時間もかかるし。それなりに大変だ。」と言いながらも、続けています。

大変さが目立つ感じなんですが、ブログには強みもあります。

ブログが他のSNSなどに比べて、「情報の蓄積ができる」ということ。

Facebookなどと違って、ブログを見れば、これまでに書かれたすべての記事を見ることもできます。

記事が増えていけば増えていくほど、ブログは個性を持ち始めます。

記事を見ていれば、その個性も読み手に伝わります。

そう言った魅力がブログにはあります。

ブログを書くことでのメリット

自分自身、実際ブログを1年ちょっと書いていますが、よかったと感じることは次のようなことです。

毎日考える時間を確保できる

ブログを毎日書くということは、毎日何かを考えているということ。

これを毎日やっているということの効果は小さくないでしょう。

時間の大事さに気づく

ブログを書く時間が必要だということは、就寝時間や食事の時間などを考慮すると、結局、仕事の時間をコントロールすることが必要です。

効率化も意識しないというわけにはいきません。

ネット社会に慣れる

自分を知ってもらうために始めたとはいえ、その反対でくすぶっていたのが、ネットで自分自身を出していくこと。

最初の頃、ネットに自分の記事をかくことに抵抗があった自分が、今日のこの記事で386記事目。

自分が考えていることをネットの大海で表現する練習にも1年超えて鍛えられたということでしょうか。

本当にわからないものです。

いろんなつながり

ブログをやっていたからこそのつながりもあります。

ブログを通じてコミュニケーションをとる、実際にお会いするといったことも。

新しいことに挑戦できる

ブログを通じて、新しいことに挑戦できるといったことも魅力です。

最近でいうと「1日1新」はその1つでしょう。

他にもきっとあるのでしょうけど、パッと思いつくのはこんなところです。

ブログを書くことを負担に感じたら

ずっとネタに際限なくブログを書ければいいのですが、そんなことはなかなかありません。

仕事のやる気があるとき、ないときがあるようにブログを書くのにも波はあります。(私はですが。)

ブログを書くのがしんどくなったときに、いつも考えるのが、「なぜこのブログを始めることにしたのか?」ということ。

これを自分に問いかけています。

あとは前述の「ブログを継続してきたことの効果」を振り返ってみる。

目的さえ失わなければ、ブログは続けられます。

 

【編集後記】
昨日は相続税の申告の打ち合わせ。今日はサッカーW杯予選イラク戦があり、TVで観戦。スタートはよかったんですけどね。やっぱりアウェーでは簡単に勝たせてもらえないですね。
【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
さかなや道場 ラスパ太田川店


スポンサードリンク