PDFファイルの結合を無料でやってみたいならCubePDF pageがおすすめ!

IT

PDFファイルを結合させたい。

そんなときにおすすめなのがCube PDF Pageです。

PDFファイル

仕事をしていてよく使うPDFファイル。

まるで紙で印刷したようなイメージをファイル形式で確認することができます。

最近FAXをやめたのですが、このPDFファイルを使って色々できるようになったことも影響しているでしょう。

PDFファイルはExcelやWord、Powerpointからも出力することができますし、資料をお客様に提供するときも、数字の変更ができないPDFファイルで。

今はシステムのマニュアルもPDFファイルのものが多いです。

PDFファイルには、

・PCやタブレット、スマホなどいろんなツールでファイルを見ることが可能

・ファイルサイズは小さめ

・紙の様に印刷が色褪せることがない

・メールに添付ができる

・パスワード設定できるなどセキュリティー面でも優れている

といった特徴があります。

だから紙もたくさん溜まる、印刷が色褪せる、「ピ~」とか「プ~」とか音がするFAXを利用することが減るのは必然ですね。

PDFファイルを結合したいなら Cube PDF Page

PDFファイルといえども数が増えてくれば、管理はしにくくなります。

いくつかのPDFファイルを1つにまとめたいと思ったとき、PDFファイルを紙で印刷して、それをまたスキャンして1つにするといったことをやっているなら、ファイル形式のままPDFファイルを結合することがおすすめです。

PDFといえば、Adobe Acrobat Reader DC。

ファイルの結合機能ははあるのですが、

月額制の有料のサービスです。

このファイルの結合のためだけに月額を払うというのは現実的じゃないですよね。

別のツールを使って、かんたんにPDFファイルを結合させることができます。

それがCube PDF Pageです。

Cube PDF Pageはかんたん操作

先日、紹介したiPadの記事でもサラッと紹介したのですが、もう少し具体的に。

まずはCube PDF Pageをダウンロード。

結合したいPDFファイルを準備して、Cube PDF Pageにドラッグするだけです。追加のボタンをクリックでもできます。

結合するファイルの順番の変更はドラッグやボタンで変えることも可能です。

順番を並び替えして準備できたら、右下の「結合」のボタンをクリック。

保存先とファイル名を聞かれるので、指定して、「保存」をクリックすると、

PDFファイルの結合ができました~。指定した保存先にもファイルができているはずです。

私は最近、iPad Proで作成書類をチェックしているので、よく使ってますが便利です。

数字の整合性、Excelは計算式など画面でチェックした方がはるかに効率的ですが、申告書などは今のところこれがいちばんいいのかなぁと。

PDFファイルも整理してみると、結構スッキリしますよ。

【編集後記】
昨日はお客様訪問。午後から事務処理と法人の月次処理を。
【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
ネットバンキングのMac移行手続き