フリーランスが売上入金の仕訳をするときにはExcelのゴールシークを使って逆算してみる!

Excel

スポンサードリンク




フリーランスは自分で売上代金の回収を管理する必要があります。

会計処理をするときには、Excelのゴールシークを使えると便利です。

売上は入金されるまできっちりチェック

フリーランスはお客様にサービスを提供して、その後に請求書を発行しただけでは終わりません。

売上の請求書通りに入金があったか確認しなければいけません。

入金が遅れれば、資金繰りが悪化したり、税金を前払いするような結果になることも。

それだけに売上は仕事をしたら完了ではなく、入金までしっかりチェックしておきたいところです。

入金が期日までになかったら、そのままにしないで電話やメールなどで再請求をしてみましょう。

連絡してみるだけでも滞納はある程度防げます。

そして、入金があれば、会計処理も必要です。

ただ、この会計処理の際に一部のフリーランスの方にはちょっと面倒なことがあります。

源泉徴収です。(振込する側のほうが源泉所得税の納付もあり、面倒なのでしょうが。)

私のような税理士をはじめとする士業(行政書士は源泉徴収なし)やFP、カメラマンなどは源泉徴収がされて売上金が入金されます。

で、いざお客様からの入金額をみても、いくらで請求したかは、パッとわからずに、その都度、請求書を確認したりしないといけなかったりします。

まぁ、今はクラウド会計のツールである程度わかりやすくはなりましたが。

入金額がわかるのであれば、Excelのゴールシーク機能を使ってみると、一瞬で計算できます。

売上の請求・入金と仕訳を確認

例えば、売上が消費税抜きで200,000円の請求で考えてみます。

お客さんにこの請求書を出したあと、仕訳はこんな感じでされます。

その後、振込で入金がされれば、通帳には195,580円だけが表示され、源泉所得税や報酬の金額は表示されません。

ただ、会計の仕訳では源泉所得税を表示するべきです。

通常はこういった仕訳になるのですが、わかっているのは預金入金された195,580円だけ。

売上が1つだけなら、まだわかりやすいですが、わかりにくいケースもあります。(わかりやすくするため取引はシンプルにしてます。)

連動で入ってくるとしても、こういった仕訳になることが一般的です。

なので、源泉所得税や売掛金の金額がすぐにわからなかったりします。

この場合、売掛金は216,000円で消込をしなければいけません。

Excelのゴールシークで逆算してみる

こんな場合にゴールシークが使えます。

例えば、売上代金として入金された金額が、293,370円だった場合、ゴールシークで売上額を逆算で計算することができます。

ゴールシークは「Alt」→「A」→「W」→「G」で。

  • 数式入力セル  C9(差し引きの金額)
  • 目標値     293,370(振込入金額)
  • 変化させるセル C6(売上金額)

として、OKをクリックすると、

売上金額が300,000円とわかりました。

同様に支給額が200,000円だった場合に売上を逆算して計算する場合にもゴールシークが使えます。

目標値を200,000円にすれば、

売上は204,520円とわかります。

請求書を確認すればいいのでしょうが、手間なので私はこのExcelシートを使って逆算しています。

Excelスキルアップのトレーニングにもなりますので、是非。

【編集後記】
昨日は相続の手続きをいくつか。普段デスクでできることでも、現場でやってみると新しいこともわかり、勉強になりました~。相続人は外国で仕事をしている方なので、早めに進めないといけません。


スポンサードリンク