シートに関するショートカットキーを使ってみよう マウスに手を持っていかなくてもよくなる

ショートカットキー

ショートカットキーはパソコンの操作速度を上げるのには是非覚えたいです。

unnamed

今回はシートに関するショートカットキーをとりあげてみます。

シートを追加したい「Shift」+「F11」

Excelを操作しているときにシートを追加したいときやシートを削除したいときがあります。

通常はシートのタグの横の+にマウスをもっていくため、マウスでやろうと思うと、どうしても時間がかかります。

シートの追加や削除もショートカットがあるので、覚えておくと操作性が向上して便利です。

シートをもう1枚追加したいと思ったら、

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ショートカットキー「Shift」+「F11]を押してみると、

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

Sheet2が追加されました。シートタブの横の+を押したり、メニューからシートの追加をするよりも早いですよ。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ちなみにリボンからの操作では、マウスに手を持っていき2回クリックをする必要があります。

他にも「Alt」→「H」→「I」→「S」でもシートの追加はできますが、これよりも「Shift」+「F11」のほうが早いでしょう。

シートの削除は「Alt」→「E」→「L]→「Enter」

今度は逆に削除をしてみます。

削除は通常シートのタブの上で右クリックをして削除を選択するのですが、つぎのような操作をすることで削除が可能です。

「Alt」→「E」→「L]→「Enter」もしくは「Alt」→「H」→「D]→「S」でシートの削除が可能です。

このようにシートが2枚あるとき、1枚を削除したいのであれば、マウスを持っていく必要もなく、「Alt」→「E」→「L]→「Enter」もしくは「Alt」→「H」→「D]→「S」を入力してみましょう。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

シートの削除ができました~。^_^

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ブック内でシートを移動したいときは「Ctrl」+「PageUp」と「Ctrl」+「PageDown」で

ブック内にシートを複数作成したのはいいけど。シート間を移動するときには、マウスに手を持っていくことになります。

これもショートカットキーを使うことで、マウスに手を持っていく必要がなくなります。

入力するコマンドとしては次のとおりです。

・「Ctrl」+「PageUp」→左のシートへ移動

・「Ctrl」+「PageDown」→右のシートへ移動

デスクトップパソコンの場合には、「PageUp」や「PageDown」キーは、「Enter」キーの右側にあるのがわかりますが、ただ、ノートパソコンの場合にはどこにあるんだろう??となるのではないでしょうか。

ノートパソコンの場合には、パソコンによって違うのかもしれませんが、私の使っているパソコンであれば、テンキーの「9」にPGUPと「3」にPGDNと表示されています。

NUMLOCK(ナンバーロック)のキーを押して切り替えします。

unnamed

デスクトップでの操作は普通にショートカットキーを押せばいいのですが、ノートパソコンはNUMLOCK(ナンバーロック)で切り替えをした上で、「Ctrl」+「PageUp」あるいは「Ctrl」+「PageDown」を入力する必要があります。

そんな点を踏まえて、やってみましょう。今、左のシートを操作しているので、右のシートに移動するためには、「Ctrl」+「PageDown」です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

「Ctrl」+「PageDown」を入力すると、Sheet2に移動することができました。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

このシートに関するショートカットキーだけでなく、以前紹介したものも含めて実際に何度も触っていると効果を感じやすいです。

何度もやって体で覚えちゃいましょう。

 

【編集後記】
昨日は1日オフ。子どもと一緒に公園めぐりをしました。花に関心があるわけではないですが、公園にキレイな花が咲いていたので写真をとってきました。