2023年買ってよかったアイテム10

  • URLをコピーしました!

毎年、買ってみてよかったものを10個挙げています。
2023年にこれは買ってよかったというもの10個挙げてみます。

目次

iPhone15 Pro

ほぼ毎年買い替えているiPhone。

スマホよりパソコンで入力する派ですが、テザリングやスタバなどのMobile Order & Payなどのスマホ決済など、なんだかんだで毎日使います。

iPhone15はProシリーズにしました。

大きな特徴はアクションボタン。ロック状態でもボタン1つでアクションを起動できます。FaceIDでロック解除してアプリを探さなくてもいいのはラク。

アクションは選べますが、わたしはKindleにしています。

ロック状態になっていても、Kindleを読みたければアクション長押しです。

こちらの記事でも書いています。

iPhone15 Proレビュー。アクションボタンでKindleを起動。さらに高速充電にする方法。 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 OFFICIAL BLOG

Anker PowerDrive+ III Duo

クルマの装備でもっとも使わないと自信を持って言えるのがシガーソケット。

タバコを吸わないわたしとしては無用の長物。
ずーっとフタをしたままでした。

2023年、ふと思い立ってその無用の長物を活用することにしました。

充電ができるように。

買ったのは「Anker PowerDrive+ III Duo」です。最大30Wと20Wの端子ですが、Macも問題なく充電できます。

旅行に行ったときにも移動しながら充電できますし、停電になったときにもリスクヘッジにもなるかと。

Anker PowerDrive+ III Duoで苦手を活かすという発想。 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 OFFICIAL BLOG

次の2つは防犯部門からのエントリーです。

Sesamiタッチ

Sesamiタッチは、2023年に発売されるのを知ってすぐに買いました。もともとSesamiは使っていましたので。

ところでSesamiというのは、玄関のオートロックができるアイテム。Sesamiタッチでは、Sesamiと組み合わせて指紋でカギが開けることができます。

子どもが外に行って帰ってきたときに指紋でカギを開けられるように導入しました。

で、その読みがあたりました。子どもたちも指紋でカギを開けることができています。もうないと困るでしょうね。

両親にもおすすめしたら、さっそく実家にSesamiタッチが投入されていました。わたしの指紋も登録したので、今は実家にカギがかかっていても、指紋で開けられるようになりました。

SESAMIタッチレビュー。子どもの指先で玄関のカギが開いた。 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 OFFICIAL BLOG

お子さんがいるなら指でカギを開けられるオートロックとしておすすめです。

AirTag(エアタグ)

AirTag(エアタグ)はアップルでおなじみのタグ。

持ち物をなくしても、探すことができます。遊びに行って帰ってこない子どもにも1つAirTagをわたしていますが、わたしがAirTagを入れているのはクルマのダッシュボード。

もともと、忘れやすい傾向はあるのですが、ショッピングモールなどにクルマを停めたときに、クルマを駐車した場所を忘れてしまうということが何度かありました。

同年代の方なら経験あるのではないでしょうか?
ないってことなら記憶力がいいってことです。

まぁ、それはそれとして。その対策としてAirTagを使うことにしました。もしどこに停めたかわからなくなっても、AirTagでだいたいの場所を把握できます。

1枚4,000円もしないですから、コスパはいいでしょうね。防犯のアイテムの1つとしておすすめです。

記憶に頼らずにAirTag(エアタグ)で。忘れていいことを手放してみた。 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 OFFICIAL BLOG

Anker USB-C & USB 3.0 変換アダプタ

次にパーツ部門。派手さはありませんがこれはかなりよかったという一品。

USB-AからUSB-Cに変換できるアダブタです。

今、iPhoneを含めてほとんどのアイテムがUSB-C対応になっていますが、まだUSB-Aのものもあります。カメラ関係だと多いです。

たとえば、わたしがカメラをオンラインで使うときのケーブルがUSB-AとUSB-Cをつなぐケーブルですが、カメラの接続端子がUSB-C。パソコンにはUSB-Aをつなぐことになるのですが、わたしの使うMacにはUSB-Aの端子がありません。

そこでこの小さなアダプターを使うことで、USB-C3.0に早変わりして

MacのUSB-C端子に接続することができます。

これがなかったら仕事のもっと大きいコネクタを使わなければいけないのですが、アイテム1つで仕事のやり方が変わるを体現してくれる一品です。

次はゲーム部門から2つのエントリーです。

FC24

去年のFIFA23の続編。もはやお約束ではありますが、実際に買ってよかったのは事実。自信をもってのエントリーです。


イエローカードを出すときは、審判の目線からカードを見ることができたり、フリーキックのときにラインスプレーをひくのがリアルに再現されています。

秀逸は毎度ながらサッカー好きにはたまらないチャンピオンズリーグや各リーグの映像が見事に再現されている点。

FIFAがライセンス料を跳ね上げたことで、FIFAの名前はゲームから消えゲームタイトルはなんともわかりにくくなりましたが、その楽しさはやはり折り紙付きと言えるでしょう。

Switch版もありますが、おすすめはPS5です。歓声やカメラアングルなど全然リアル感が違うので。

¥6,600 (2024/05/26 09:59時点 | Amazon調べ)
¥4,926 (2024/05/26 09:59時点 | Amazon調べ)

ダウンロード版でもよければ、1月5日まで正月セールをやっているので60%オフの3,880円で買うことができます。

60%オフて…。

スーパーマリオブラザーズ ワンダー

スーパーマリオワンダー。鉄板のマリオシリーズに説明の必要はないでしょう。
スーパーマリオの新シリーズです。

キャラクターがかなり増えていてアイデアも満載。単純に面白いし、子どもにとってもやりやすいゲーム。

わたしにとっては子どもと一緒にプレイできたのもよかったです。

ときには頭も使いますので、どうやってクリアすればいいか謎解きも一緒に考える。

クリアをしてからは役目を終えましたが、秋には毎日ちょっとずつの楽しみをもらっていたことは間違いありません。

Switchがあるなら、ぜひ一度はやってみていただきたい一品です。

SONY α7Ⅳ

2022年まで使っていたカメラ、α7Cから乗り変えて新たに手にしたカメラ、SONYのα7Ⅳ。

これまでのα7Cとの価格もありますが、大きな違いはファインダー。

α7Cは左上に小さなファインダー窓があったのですが、α7Ⅳは真ん中に大きなファインダー窓があります。これがすごくよかったです。α7Cを使っていたときは、気にならなかったんですけどね。

メニューが見やすくなったのも、オンラインで使いやすくなったのもあり投資の価値がありました。

写真を撮ることがより楽しめるようになりましたし、カメラの魅力により深くハマった感も。

この写真でも活躍してくれたのがα7Ⅳです。

値段は少し張りますが、カメラをこれから始めよう、フルサイズを使ってみたいという方にはおすすめできるカメラです。

SONY 24mm F1.4 GM

今年買ったレンズ、いくつかありますが、1つはSONY 24mm F1.4 GMです。

広角域のレンズなので広い範囲を撮ることができるメリットがあり、いっぽうでパソコンなどを撮るとひしゃけてしまうなどのデメリットも。

ただ、このレンズはけっこう近くまで寄れるのでパソコンも撮れますし、

F1.4だからこそのボケ感も魅力です。

カメラ入門 広角レンズ(SONY 24mm F1.4 GM)のデメリットと解決策。 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 OFFICIAL BLOG

フルサイズのカメラを使うなら、1本は持っておいていいレンズかと。

Pentax Super Takumar 55mm F1.4

もう1つカメラレンズ。Pentax Super Takumar 55mm F1.4。中距離のレンズです。

オールドレンズという昔のレンズですが、その映りは今のレンズにはない魅力です。

フレアが入りやすいのもオールドレンズの特徴。

このSuper Takumar 55mm F1.4、映りもいいのですがポケットに入るくらいに小さなレンズ。持ち歩きやすいも買ってよかったものになった理由です。

(次点)ChatGPT Plus

10個は紹介したのですが、もう1つだけ。

ChatGPT PlusはChatGPTの有料サービスです。ChatGPT、無料でも使えますがあえて有料を選んでいます。

この2023年、いろいろ気になったことがあれば、これまでのネットで調べるという手段とともにChatGPTに聞いてみるという道もできました。

ChatGPTの出した答えを採用するかどうかは別として、その回答の速さは圧倒的です。

なるべく早く足がかりをつくって、動く。
プログラミングを勉強するのにも触れておくのはおすすめです。

それでいて月20ドル(月3000円)ですから、人を雇わないひとりにとってはいい相談相手です。

ただ、何もかも頼るつもりはなく、参考にするといった程度です。この記事もChatGPTには書いてもらっていませんですし。

ということで、2023年に買ってよかったもの10を挙げてみました。
気になるものがあれば、お試しいただければ。


【編集後記】
昨日はオフ。夕方に長男(8)と2人でサッカーの練習。その後、お手伝いの報酬でビックリマンチョコを買いに行ったのはいいのですが、何といつものお店が売り切れでコンビニをクルマでまわることに。3店舗目でようやく手に入れました。いいシールが出たということで報われましたが。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
PARM モンブラン


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次