書き続けたいなら悩みを攻略しないといけない。

ブログ

ブログが続かないという声はあり、実際に「ブログ、続ける」というキーワードでの検索もされています。

書くことはラクではありませんが、続けないとわからないこともあります。

ただ、書き続けるためには超えないといけないカベもあります。それについてのわたしなりの考えをまとめてみました。

書くのが続かない理由

書くというのはカンタンではありません。少なくともわたしにとっては。

まぁ、「カンタンに書けるよ」という方とは仲良くなれない自信があります。

毎日それなりに時間はかかるものです。

わたしの場合はブログで平均で2時間、メルマガで30分くらいは確保しています。

書くのに時間かかりすぎなのかもしれません。それは受け入れます。

「そんな時間ないよ」というのは、書くのが続かない理由になりえます。

さらに、書きたいと思っても、時間がない以外にも、

  • ネタがない
  • 文才がない
  • 反応がない

と考えることもあるかもしれません。

書きたいけど続かないという場合には、このどれかに当てはまるのではないでしょうか。

もし、書きたいけど続かないというのであれば、考えたいのは、じぶんがどうしたいか。

書きたいなら、前述したような「ない」と戦わなければいけません。

書くのには時間も手間もかかるもの

わたし自身、書くことは独立してから始めたことですし、前述したような「ない」は、わたし自身も体験したことです。

ただ、書くという習慣を続けることはできていますし、この「〇〇ない」とも向き合っているわけです。

じぶんなりに整理したのは次のようなことです。

ネタがない

ネタがない…と悩むことはあるかもしれません。

ただ、よーく目を凝らすと、ネタは意外と日常にあるものです。

その日常の一部を拾って、ネタにする。読んでもらえる文章にするという工夫が必要です。

これが書くことのトレーニングになります。

メルマガを書くようになり、それまでの倍のネタが必要になったわけですが、それも日常だったり、体験をもとにネタを生み出しています。

メルマガのほうがより踏み込んで書いていますし、ブログとメルマガで同じようなネタであっても、書き方を変えるということも工夫次第です。

ないと思っても、探せばあるというのを体験しました。

そのネタ探しの腕は書くことで磨けるものです。

文才がない

確かに面白く書ければいうことありません。ただ、むずかしい話です。

そもそも面白さの基準というのは、人それぞれ。

Aさんにはまったく響かないけど、Bさんには響いたということはありえるわけです。

万人受けする必要もないですし、一部の人に伝われば、その記事から興味を持っていただく、仕事につながる可能性もあります。

上手な文章だけが読まれるわけでもないでしょう。

書いておけば、それだけで読まれる可能性がでてきます。

もし、面白くかけるかどうかを考えたいなら、他人との比較より過去のじぶんとの比較でしょう。

そうなると、書くことを続けないことには腕は上がりません。

それだけに、毎日続けるという道を選んでいるということです。

シュートの精度を上げるために日々実戦練習です。

 

反応がない

書いても反応がないというのも悩みの1つでしょうね。

ただ、書いてすぐに反応があることはそうそうないんじゃないかと。少なくともわたしはそう思っています。

じぶんなりにあれこれと想定して書いたものの、がっつり気合いをいれて書いた記事が読まれない。

いっぽうで、さらっと書いた記事が読んでいただけるということもあるわけです。

もし反応していただく確率を上げようとするなら、ネタを変えてみたり、手数を増やしておく必要があるかと。

反応には、それなりに時間がかかるもの。

それだけに反応があったときには、格別にうれしいわけです。仕事の依頼なり、メッセージなり。

書くのは効率がいい

そういうデメリットを踏まえても、書くことをつづけるのは、やはりネットで書くことは効率がいいからです。

たとえば、ブログを書いていれば、どこからでも見ていただくことはできますし、じぶんのことを知っていただけるわけです。

メルマガを書くことで、「読みたい」と希望していただいた方に毎日メールを届けることができ、読んでいただくことができます。

ブログやメルマガを通じてつながれますし、仕事につながる可能性もあります。

一度もお目にかかったことがない方に知っていただけている、依頼をいただけるといったことも、書き続けることの魅力です。

 

日々書くことで、書く時間はかかるのですが、それによってじぶんの軸をつくることもできますし、ネタのために新しいことを試すということもできるわけです。

わたしはブログを書いていなかったら、メルマガも書いていませんでしたし、Macも使っていないし、プログラミングにも興味をもっていなかった可能性があります。

ネットからしごとの依頼をいただくこともなかったでしょうね。

書くことで悩ましいこともあるかもしれませんが、反面、得られることも多いのです。

だからこそ、書くことを続けていますし、おすすめもできます。


【編集後記】
昨日はオフ。長女(13)のテストが近いので、自宅で。セミナーの準備などをすすめました。
夜はおばあちゃんからの長男(6)への誕生日プレゼント探しを手伝いました。残った候補はネットで調べて人気ありそうなゼノブレイド、カービィか。おばあちゃんからは「決まったらPayPayで送金するから」とのこと。電子マネーも使いこなす75歳です。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
スタバ アイスコーヒーをグランデで