ブログを続けるためにツールにもこだわってみる

ブログ

ブログを毎日書き続けるために、使うツールにもこだわっています。

今回は、毎日書くときに使っているツールやスキルについて、お話しします。

長く書き続けるためにこだわりも持っておきたい

このブログはWordPressを利用して運営しています。

通常、WordPressのダッシュボードから新規投稿を選び、真っ白なところに書いていきます。

GOforIT

ただ、私は、 この新規投稿画面から書いていくというのはずっとやっていません。(最近は投稿画面も少しわかりやすくなりましたが、。)

別のツールを使って書いています。

ブログを毎日書こうと思うと、結構ところどころのスキマ時間が貴重だったりします。

ブログを書くというのであれば、そのための工夫も必要になるでしょう。じぶんにあったやり方を見つけたいものです。

今日現在これまで投稿したブログ記事は、1447記事。日々、記事を書いてきた中で、いろいろなツールを使ってブログを書いているところです。

ブログを書くために日々使っているツール

MarsEdit

現在、ブログを書くとき、メインで使っているのはMarsEditです。(当時6,000円で買いましたが、投稿日現在は無料になっています。)

MarsEdit 4
無料
(2020.05.09時点)
posted with ポチレバ

MarsEditには次のようなメリットがあります

オフラインで書ける

ブログを書きつづけるためには、いつでもどこでもという要素は外せません。

これまでも外出先で書く、カフェで書くといったことはありました。

とはいってもネット環境があるところばかりでもありません。

ネットにつないでいない状態、オフラインでもブログを書ける環境はやっぱり欲しいところです。(書いていた記事が投稿前に消えて凹んだことがありました。)

MarsEditはオフラインでも記事を書くことができます

プレビュー画面を見ながら書ける

次に記事を書いているときに常にプレビューを確認することできること。

通常のWordPressの投稿画面では、記事の体裁を整えつつ、プレビューボタンをクリックして、初めて修正内容が反映されます。

だから何度もプレビューボタンをクリックするということになります。

MarsEditの場合には、プレビュー画面を横に置いておけば、瞬時にプレビュー画面に反映するので、サイトでの表示を確認しながら記事を書くことができます。何度もプレビューボタンをクリックする必要はなくなります。

 

画像のアップロードがかんたん。アップロードは後でまとめて

MarsEditでは、記事に入れたい画像をドラッグして、記事上でドロップすれば、画像が記事に反映されます。WordPressへのアップロードは後でまとめて、にしています。

スクリーンショットでも、このアイコンをクリックして、
スクリーンショット 2020 05 09 16 55 05
ドラッグ→ドロップするだけ。
GOforIT 1

Googleフォトの画像もPCでGoogleフォトアプリを開き、使いたい画像をクリックして、この表示にしてから、MarsEditに画像をドラッグすれば、

GOforIT 5

ブログ記事に反映させることができます。

この画像を使うのをやめたい、という場合は、リンクを削除すればいいだけです。

Macユーザーがブログを書くならMarsEdit 使い慣れるためにやってみた5つのこと | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

音声入力ツール

PCでブログ記事を書くときは、タイピングで書くか、Macの音声入力を使うか、マイクを使ってGoogleドキュメントで書いています。

PCを広げられないような場所、例えば、外で車の停車中などには、FastEver3というメモアプリを使って、声で書くこともあります。

何かメモしておきたい事があれば、FastEver3でメモするようにしています。

FastEver 3
730円
(2020.05.09時点)
posted with ポチレバ

同じようにブログ記事の一部を話して書くことがあります。

ここでしゃべった内容を保存して、Evernoteに連携させてブログ記事に貼り付けます。

多少の文字の揺れはありますが、話すスピードに対する遅れはほとんどありません。私が使ってみた感じですが、実はiPhoneのマイクの精度はかなりいいです。

そのときの気分で、いろいろ試しています。

iPhoneで写真

ブログに使う写真のほとんどは iPhoneで撮っています。

カメラを買うほどのスキルはなくても、自分が撮ったものを使いたいと思っています.

iPhoneには片手で持てる軽さで、ビギナーでもいい写真が撮れます。

広角で取れる写真、ポートレートモードといった機能もあります。

撮った写真が Google フォトでPCと瞬時に連携できるのも魅力です。

ブログを書きながらできること

ブログを書くために、道具にもこだわってみるとかなり書きやすくなります。

実際、私の場合も、書く効率は上がっています。(それでも時間はかかりますが。)

それと、ブログを書くうえでタイピングを身につけておくのをおすすめします。

私の場合、前述したツールを使っているものの、MarsEditから直接投稿するのではなく、一度WordPressの下書きに投稿してから、補正をかけています。

そのときにタイピングやコピぺといったスキルは多少なりとも使います。

なので、タイピングスキルを速くする、ショートカットキーを使えるようにするというのはおすすめです。

実際、私もタッチタイピングやショートカットキーについては、書き始めた頃から「こりゃ、ダメだ」と感じてトレーニングを続けています。

こうしたことだけでもブログを書くスピードが上がる可能性はあります。(スニペットツールというのもあります)

毎日ブログを書くことで、

  • 課題に気付ける
  • スキルを磨ける
  • じぶんなりのアウトプットができる
  • 新しいツールを試せる
  • 体験したことを発信にできる
  • じぶんの写真を使える
  • トラブルをネタにできる
  • 質を必要以上に求めないで、とにかく毎日書くという強い気持ちを持てる

といったことができるようになります。

ブログを書くことに興味がある方は、一例として参考にしていただければ。


【編集後記】
昨日は法人の月次処理とExcelマクロの手直し。夕方には長女(11)と2人で新しい道で散歩にいきました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
GmailからMeet
Facebook新しい画面
新しいルートを散歩