土日祝の前日にテンションが上がらなくなった話

スポンサードリンク




土日や祝日の前の日は、「明日から休みだ!」とテンションが上がるもので、独立前もそうでした。

カクキューの工場見学(愛知県岡崎市)

ただ、これが独立してからテンションが上がらなくなったと感じています。

あと2日で祝日だ〜??

 

独立して大きく変わったことのひとつに祝日を感じなくなったこと。

会社で働いているとき、会計事務所に勤務しているとき、翌日の土曜日や日曜日、祝日のことをいつも考えていました。(確定申告の時は出勤だったので日曜日も)

「今日が終われば休みだ!」と。

 

グラフにしてみると、こんな感じです。

日曜日のサザエさんが始まる時間には、「あ〜月曜日かぁ」とちょっとブルーになり、月、火、水と少しずつ曜日を重ねるごとに仕事に慣れていき、

金曜日になると、「ドーン!」とテンションが跳ね上がって、土曜日は仕事のことを忘れて楽しむ。

で、日曜日の夕方に、またサザエさんで・・・。このサイクルの繰り返し。

 

さらに、会社勤務の頃、一時的ではありましたが、毎日夜中に帰っていたときがありました。

ほとんど寝るために帰っていただけでしたから、下のグラフの青い点線くらいで、前述ほどではないものの、金曜日にはわずかにテンション上がっていました。(ただ、休みでも仕事のことは頭にありましたが)

【スポンサードリンク】



 

それが独立してから、テンションがさっぱり上がらなくなってしまったのです。

独立してからテンションはゆるめに

と言っても、決してマイナス要素のものではなく、むしろプラス要素です。

ブルーになる日があるから、テンションが上がる日がある。

でも今は、仕事に追われるということもなく、拘束されるということもありません。

当然、ストレスもありません。

 

結果、テンションが「ドーン!」と上がる日がないなぁと感じている今日この頃です。(独立して2年経ってようやく気づいた・・・)

別のことでテンション上がることは、もちろんありますが。

現に、明後日、21日が祝日だというのは、完全に頭にありませんでした。(これはこれで問題なんでしょうけど)

 

環境は自分でつくるもの

 

勤務時代にテンションが上がっていたのは、平日に楽しめず、その反動を休日に求めたから。

特に会社員の頃は毎日、日付が変わってからタクシーで帰っていました。

帰宅しても寝るだけで自分の時間はありませんでした。

 

でも今は、毎日何かしら自分の時間を持つようにしています。

例えば、

  • 読書
  • ブログ
  • 子どもと遊ぶ
  • 企画する
  • 新しいチャレンジ
  • セミナーへ行く
  • 遊びに行く

仕事としながら、何をするかを自分で決めることができる、自分も磨ける環境になり、さらに夜の残業がなくなり、テンションは上がらなくなりました。

もちろん、人のストレスもありません。(独立ならではの不安はありますが、まぁ、これはずっと消えることがないので。)

 

 

私の場合は、テンションの上がらない環境をつくるために、

  • 残業をしない
  • 自分の時間を毎日確保

するといったことをしています。

 

ご自分の環境を振り返ってみましょう。

残業はしないか?毎日自分の時間を確保できるか

もし、これができないなら、環境を変えてみるのも一つの選択です。

 


【編集後記】
昨日は午前中からジムに行って、午後は実家に。
Amazonでまとめ買いした本が箱で届いたのですが、開けてみたら一番上になぜかエド・シーランのCDが。????と思って宛先をよく見たら、別の方の名前が・・・。郵便局に連絡したあと、すぐに配達員の方が見えて、「今間違えてると連絡しましたよ」と告げるとどこか凹んでいる様子で帰って行きました。他人の箱を開けちゃってこっちが落ち込みたいけど。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
アクセスアラーム
ソーシャルアナリティクス


スポンサードリンク




相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。