独立してから初めて大事だと感じた「健康」と「時間」

つぶやき

独立してから大事さを感じたのが、健康と時間。

ひとりで仕事をする以上、意識しないわけにはいきません。

独立してから痛感。 健康と時間

時間。

独立するまでは、正直なところそれほど意識をしたことがありませんでした。

勤務していたときは、自分の仕事を誰かにお願いすることができたからです。

  • 会計入力をお願いする
  • 郵送をお願いする
  • チェックをお願いする

仕事の一部を誰かにお願いして、自分はやるべき仕事に専念していればよかったのです。

だから、時間の使い方というのは、それほど意識していませんでした。

ところが、独立した当初、そういった仕事を自分ですべてやることになるわけです。

「これはいかん、すべてやっていたらとてもじゃないけど…」と、そこで1日に使える時間は限られるんだということを強く感じました。

 

そして健康。

独立する前には、熱が出れば誰かが代わりにフォローしてくれるわけですが、ひとりではそういうわけにもいきません。

やっぱり健康を意識したのも、実際に風邪をひいたときでした。

年末で仕事にはそれほど影響しなかったのが幸いでしたが…。

 

健康も時間も資産とはよく言いますが、どちらも独立してから本当の意味で実感したことです。

時間のために意識してやっていること

独立してから時間をどう使うか?と言うのを意識するようになりました。

時間を貯金できればいいのですが、そういうわけにもいきません。

実質的に使える時間は寝る時間と食事や準備の時間などを除いたところで限られていますが、仕事をやるのにも、子どもと遊ぶのも、飲み会も自分のことも楽しみたい主義です。

 

そのために、必要だと感じたことには時間を使っています。

ITスキルをみがくことはその1つです。

 

確かに学ぶこと自体に時間がかかるのですが、先を見れば必要なことだと感じてやっています。

節税か?お金か? Excelマクロを使った法人税のシミュレーション

2018年10月23日

UiPathにExcelから上場株式の評価明細書への入力をお願いしてみた

2018年10月5日

少しでも身体に異変を感じたら行動

風邪引かない、気分悪くならない、がいいのは間違いないのですが、それでもやっぱり年1回くらいは…。

家族の誰かが風邪を引くこともあります。

ひとりだと言うことを考えて、赤信号になる前に少しでも気になったら病院に行くようになりました。

 

今月のはじめにも、喉が痛いと感じたので、「やばい、風邪引くかも…」と即病院へ。

「のどかぜですね」と告げられましたが、薬とシロップを飲んでなんとか熱も出ず、寝込まずにすみました。

(こういうことにならないのがベストなんでしょうが…)

 

それから。歯医者に2ヶ月に1回は行っています。

先日も。現在は問題ないものの、どんな傾向があるかといったことも教えてもらっています。

早めに予防する、アドバイスをもらっておくといったことも、今は健康への投資だと思っています。

少しオーバーに感じるかもしれませんが、ひとりなのでそれぐらいがちょうどいいかと。

 

ひとり仕事なら健康と時間のことは、意識しておきたいところです。

 

独立して変わった時間の使い方 

2018年10月12日

「働きすぎていないか?」の判断基準は子どもとの時間をもてるかどうか

2018年8月2日

【編集後記】
昨日は年末調整。個人の申告などを中心に。気づいたら開催していたクラブワールドカップ。見たいところですが今回は録画になりそうです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Amazon EchoをBluetoothスピーカーに


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。

相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。
スポンサードリンク