【緊急企画】ロシアW杯抽選会レビュー 抽選会のドラマをブログで再現してみた

ライフ

スポンサードリンク




ロシアW杯のグループリーグの組み合わせが決まりました。

本大会だけでなく、抽選会にもドラマがあります。

 

W杯は特別な大会 3つの魅力

ロシアW杯が来年の夏に開催されます。

W杯を初めて見たのは、1986年のメキシコW杯。

アルゼンチンのマラドーナがイングランド戦で見せた5人抜きドリブル。今も伝説的なプレーになっています。あと神の手も。

「すごい!」

「あんなプレーできるのか?」

そこから海外サッカーの映像を見まくりました。

あと高校生の頃にはフットサルをやったり、サッカーゲームも。

サッカー雑誌も発売すれば速攻で買っていました。

このワールドサッカーダイジェストと、今はありませんけどワールドサッカーグラフィック。

そんなサッカー小僧にしてみれば、W杯はやっぱり特別な大会なのです。

W杯の3つの魅力

チャンピオンズリーグの方がレベルが高いと言われますが、それでも全世界で盛り上がるW杯は特別でしょう。

このW杯の魅力、個人的には何と言っても次の3つです。

① 予選にもドラマがある

W杯は本選ばかりが注目されがちですが、本当のドラマは予選にもあります。

日本で言えば、1994年アメリカW杯で初出場を目指したものの、イラクに試合終了間際にヘディングを決められたドーハの悲劇。

そして、フランスがやっぱり試合終了直前にブルガリアにゴールを決められて、同じように涙を飲んでいます。

大好きなカントナをアメリカW杯で見ることは叶わず…。

ロスタイムにこんなことが起きるなんて、誰も描けないシナリオです。

その後、1998年フランス大会から前回の2014年ブラジル大会まで、たいていW杯の常連とされる国のどこかが、W杯本選へのキップを逃しています。

今回で言えば、オランダ、イタリア、アメリカなど。

特にオランダとイタリアの予選敗退は、かなりのショックでしたね。

まぁ、それも含めてドラマなのでしょうけど。

② 新しいスター選手が誕生する

W杯は、約1ヶ月にわたる長い戦いです。

どの大会でも大抵、ニュースターが誕生します。

前回のW杯で日本に勝利したコロンビアのハメス・ロドリゲスなどはまさにその1人でしょう。

今回のロシアW杯でも、きっとニュースターが誕生します。

それも楽しみの1つです。

③ 本大会の行方はまったく予想できない

もちろん、本大会の試合もまったく予想できないものです。

強いチームが勝つと思いきや、番狂わせはありますし、グループリーグは、完全決着でなく引き分けもあります。

だから、失点が少なくても、得点が取れないとキビしいのです。だから格下のチームでも油断はできないわけです。

前回のブラジル大会で言えば、無敵艦隊スペインのグループリーグ敗退なんて、誰も予想してなかったでしょう。

もっと言えば、地元開催のブラジルがドイツに1-7で負けるなんて、世界中の誰一人として予想してなかったでしょうしね。

ドイツの皇帝、シュナイダーの言葉を借りるなら、「強いものが勝つんじゃない、勝ったものが強いんだ!」ってことでしょう。

抽選会の結果しか知らないなら 抽選会にもドラマがあった

今やW杯の本選どころか、抽選会から世界中で大盛り上がりです。

今日も来たるロシアW杯のグループリーグ抽選会があり、生で見るか、録っておいて翌朝見るか迷いましたが、生放送は回避することにしました。

まぁ、朝といっても3時過ぎに目が覚めて、そこから見ましたが…。

ここから、抽選会の行方を追って見たいと思います。私の感情とともに。

注意
ここからロシアW杯の抽選会の行方を追っています。知りたくない人は見ないほうがいいです。

それじゃあ、進めます。

抽選会のルール

  1. POT1から順番に抽選
  2. ヨーロッパを除き、同じ大陸のチーム同士は同じグループに入らない
  3. その場合には、1つ先のグループに入る

組み合わせの決定は、POT1から順に抽選していくというもの。最後はPOT4です。

なので、日本の組み合わせがわかるのも、後半です。

①「POT1」はFIFAランク上位+開催国

最初のPOT1は、開催国のロシアとFIFAランク上位7国が入ります。

ロシアはFIFAランクはもっと下なのですが、開催国で開幕戦が決まっています。結果スペインがまさかのPOT2になることに。

FIFAランクなんて、そんなに関係ないんですけどね。

だからスペインと同じグループになったチームは、ちょっときつくなるワケです。そして死のグループになる可能性も。

まぁ、この辺は落ち着いて見ていられます。対戦相手も決まらないので。

この時点では、グループD〜グループFは勘弁してほしいと。それだけです。

次行きましょう。

② POT2 スペインはどこのグループに?

次にPOT2の抽選。

ここで注目すべきは無敵艦隊スペインはどのグループに入るのか?ということ。

スペインはW杯予選で10戦無敗、失点だってたったの3です。どこでも避けたい相手じゃないでしょうか。

注目のPOT2。

他にもイングランドもルーニーがいなくなって、日本で知れた選手は少ないものの、やっぱり強敵。

メキシコはオリンピックで優勝しているし、ウルグアイも2010年では3位だし、コロンビアの強さは前回わかっているし、クロアチアも…。

って、どれも強い気がしてきた。

で、今回最初の大きなどよめき。

その瞬間がやって来ました。

何と、スペインは初戦でポルトガルと当たることに。サッカーファンなら誰もが唸ります。

もし、ブラジルやドイツのグループだったら、もうその瞬間、死のグループ確定でしたね。

さぁ、そしてPOT2が終わり、少しずつ組み合わせが見えて来ました。

この時点では、グループB、グループDはちょっと嫌で、グループFなんか最強のドイツがいて、メキシコがいて絶対避けないと…。

③ POT3になるとちょっとランクが下がった印象

3巡目。

POT3のチームを見ると、日本が勝てないチームはないという印象。

強いて言えば、イタリアに勝ってきたスウェーデンくらいですね。

イランはアジアでFIFAランク最高位なので、POT3に入っています。

そのイラン、スペインと同組のグループBに。

同じアジア勢同士は同じグループにならないので、この時点で日本のBグループはなくなりました。

「よしっ、いいよ、いいよ〜。」とひとりで夜中に声を出すワタシ。ちょっと怖いかも。

でも、このスリル、声を出さずにはいられない。

決勝トーナメントに進むためには、運も必要です。そうしてPOT3までが終わりました。

やっぱりDグループもFグループもキツイな〜。

あとは、日本のいるPOT4を残すのみとなりました。

④ いよいよPOT4 日本はどうなった?

いよいよ日本のいるPOT4です。

ここからが緊張します。ここに入ればラッキーというところはないですが、強いて言えばグループA、グループC、そしてグループHならチャンスはあるでしょう。

逆に入りたくないのは、まずグループF、次にグループD。

まぁ、これ人によって違うんでしょうけど、私の場合にはグループFが絶対的にヤバイ。

グループAはチャンスあると思うんですけど、地元ロシアだけに地の有利がやっぱり気になります。

そうしてPOT4の抽選が始まりました。

まずはグループA。ここにはサウジアラビアが。ここ、日本でもよかったんだけど、その後、決勝トーナメントに行くとBグループのチームと当たるから…。やっぱ避けたいかも。

そして、Bグループはアジア勢が入れないので 、別の地域からになります。

Bグループに入ったのはモロッコ。

そしてCグループはオーストラリアが。Cグループは何とかなりそうな気もしますが、やはり入らなくてよかったかも。

グループD最後の1枠はナイジェリアに。

アルゼンチンとナイジェリアってしょっちゅう同じグループになるな〜。

参考までに過去の実績を。

1994年 アメリカ グループD アルゼンチン ギリシャ ナイジェリア ブルガリア
2002年 日韓 グループF アルゼンチン ナイジェリア イングランド スウェーデン
2010年 南アフリカ グループB アルゼンチン 韓国 ギリシャ ナイジェリア
2014年 ブラジル グループF アルゼンチン ナイジェリア ボスニア イラン

そして、今回です。こうやってまとめてみるとやっぱり多い…。

だんだんと枠が減っていきます。残りの枠はあと4つ、まだ日本は出てきません。

残りを見れば、あえてグループEに入って、ブラジルに続く2位狙いでもいいかも、と思い始めました。

Fグループは絶対に回避したい、私的には絶対ここはダメ。

Hグループもコロンビアがいるものの、チャンスはあるグループでしょう。

そしてEグループ。

ここにはセルビア。なんか嫌な感じです…。

順番でいけば、次は注目のFグループ。引かれるのはどこの国か。

世界中が息をのむ中、引かれる国は…。

 

 

パナマだ!

でも、このパナマは北中米の国。

すでにFグループにはメキシコがいるので、パナマはFグループに入れず、Gグループに入ることに。

「うわー、やばい、やばい!頼む」と夜中の4時過ぎに声をだすワタシ。

抽選会、すでに終わっているのに、この抽選会の興奮伝わりますでしょうか。

残る枠は…。

Fグループと

Hグループ、

の2つだけ。

そして、残っているのは、韓国と日本。

引かれた国がFグループ確定。

緊張の一瞬…。神頼みとはまさに今です。

引かれたのは…。

韓国だっ!

ということで、日本はグループHに。

日本、最後の最後まで引かれなかったのもある意味すごい!

何かを感じさせてくれる抽選会。

個人的な感想としては、前回のブラジルW杯に比べれば悪くないなと。

全然チャンスあるでしょう。

確かにどこも強いけど、他のグループはもっと厳しいですし。

初戦はコロンビア。ここで絶対に勝ちたい。最低でもドローに。

そしてポーランド。

POT1の中では、ポーランドは恵まれたといってもいい。

セネガルも体力にモノ言わせてきそうだけど、大丈夫でしょう。

今度こそ、初戦、コロンビアに勝ってグループリーグを突破してほしいです!

そして、今年の夏も熱くなりそうです。

このサッカーネタ、一度書いてみたかったんですよね。書くの時間かかりましたけど。(笑)


【編集後記】
昨日は午後からお客様訪問。その後、ブログ更新など。Jリーグの最終節、久しぶりに盛り上がりました。川崎の逆転優勝にまたドラマがあり。この何が起こるかわからない、諦めない気持ちを学べる。これがサッカーの魅力でしょう。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
なごや知多農協 あおぞら支店
Amazon music Unlimited

スポンサードリンク