BoseのSoundLink Mini Bluetooth speakerレビュー  どこでも手軽にサウンドを楽しめる!

ライフ

スポンサードリンク




BoseのSoundLink Mini Bluetooth speaker。

コンパクトながら音質もよく期待以上でした。

最新機種でなくてもぜんぜん戦える!

大型から小型へ。

以前はオーディオ機器が大きいほど音質がいいというイメージがありました。

しかし、今はBluetooth接続などができるようになり、コンパクトでも音がいいものも出てきました。

私も音に強いこだわりがあるわけではありませんが、音はいい方がいいわけで。

今度購入するときには、コンパクトなものがいいと思っていました。

長女(8)が英語を習っていて、英語を音でも聞きたいということで、今回、新しいものに変えてみることに。

気になったのはBose製のBluetoothスピーカー。

いろんなお店で調査して、コンパクト性で候補に上がっていたのが、現行の最新モデル、2015年に発売された「SoundLink Mini Bluetooth speaker II」

しかし、今回購入したのはその前のモデルの「SoundLink Mini Bluetooth speaker」

旧型ですが、機能的には満足しています。旧ザクとザクほどの違いはおそらくないでしょう。

今回、旧型を購入したのは、コストコで通常19,000円台が17,000円台で販売されていたため。

amazonで中古品で平成29年3月20日現在、17,800円で売っていますから、お値打ちでしょう。

価格差からして最新じゃなくてもいいかなと。^^;

ちなみにSoundLink Mini Bluetooth speaker Ⅱ」は23,000円台。

購入するに当たって、同様なBluetoothスピーカーも使ってなかったこともあり、旧型というイメージもなかったのもよかったです。

持ち運びできるコンパクトさ シンプルな操作が魅力!

SoundLink Mini Bluetooth speakerは655g。

ちょっと重さは感じますが、手のひらサイズで持ち運びもできます。

外出するときにバッグに入れて持ち運んでもいいでしょうね。
ボタンは6つしかなくシンプルさが追求されています。

このようにBluetoothでペアリングさせて接続します。9メートル離れたところまで届き、8つまでの機器と接続させることができます。

ただ、1つ残念だったのは、同じ空間だと、どれか1つだけの接続しかできないということ。

例えば、自宅であれば、PCとiPhoneで同時につなぐことはできません。(私の場合にはできず。)

PCで接続をしていれば、iphoneではデバイスを見つけられず。

PCの方で一度デバイス接続を削除すればiphoneで接続可能です。

当然、ペアリングを同時にというのも、むずかしいのでしょうが、削除までしないといけないというのはちょっと・・・。^^;

接続は本当にかんたん

内蔵されているのは、本体と充電台、ACアダプタ。

ACアダプタは本体に直接接続することもできますし、

充電台に接続して、本体を充電台の上に載せて充電することもできます。

ランプがついているBluetoothの接続ができている状態です。

コンパクトですが、音質は重低音も効いていて気に入っています。

スマホと接続していると、スマホを触っている音もスピーカーから出てきて笑えます。

以前のような大きなオーディオがないと聞けないという感じではなく、スマホやPCとBluetoothで接続して、お手軽に音楽や動画の音質をより楽しみたいという人にはおすすめです。


【編集後記】
昨日は1日オフ。こどもたちと最近なかなか行けなかった公園へ。すべり台やサッカーボールを蹴ったりと楽しみました。


スポンサードリンク