税理士試験まであと約1ヶ月 誘惑から「逃げる」ことも攻めの姿勢だからこそ

税理士試験

スポンサードリンク




税理士試験は来月、8月9日~8月11日の3日間です。

c6d0875f-5c77-4389-8c4b-b06e824924d9

あと約1ヶ月後に迫った税理士試験ですが、実は、ラストスパートのこの時期が結構、勝負を決めると思います。

ここからは自分との戦いです。ここまで一生懸命に頑張ってきた努力をムダにしないためにも、ストイックにラストスパートをかけて、本番に望みましょう。

 

時間がどれだけあっても足りない、だからこそストイックにやる

これまでは毎週決まった時間に授業などがあって、直前対策講義を受ける、実力完成答練を受けるという仕組みの中で勉強をすればよかったのですが、

本試験まであと1ヶ月というタイミングになってくると、TACや大原の直前期の授業も終了し、カリキュラムなしの状態になり、ここからは自分でカリキュラムを組むことになります。

 

自分の勉強を拘束する仕組みがなくなります。1ヶ月という期間は長いようでアッという間に来てしまいます。

本試験は年1回の1発勝負です。

後悔したくないので、最後の1ヶ月、焦りの気持ちをもって勉強します。

「時間がどれだけあっても足りない・・・。」受験生であれば誰もが思う気持ちだと思います。

だからここから「これまで以上にストイックにやる!」なのかそうでないのかでは集中力がまるで違い、試験日当日には大きな差となるでしょう。

 

働きながら税理士試験を受験されている方は、平日の昼間の時間に仕事をしているため、

朝、仕事に行く前や仕事を終えた後のスキマ時間があればTACに来て勉強、スキマ時間を徹底的に活用していました。

受験中は「スゴイな~。」と思ったものです。本当に頭が下がります。

 

税理士試験は結局のところ競争試験です。合格する方は毎年僅かです。

合格しなければまたもう1年です。

ストイックに勉強するといってもわずか1ヶ月のことです。

睡眠も規則的にとって、体調管理さえしっかりしていれば問題無いでしょう。

家族など周りの方もこれまでの頑張りを見ていれば、1ヶ月間ストイックにやってもきっと理解してくれます。

もはや自分一人の試験ではないです。後悔のないようにラストスパートをしましょう。

 

○○○があらわれた! コマンド? 「逃げる」も攻めの姿勢だからこそ 

税理士試験直前のこの時期にいろんな敵?(誘惑)があらわれます。他にもあるかもしれません。本試験に向けて対策を考えましょう。

ネット、スマホなど

自習をしているとついついスマホを触りたくなります。

気づいたら何時間も時間が経過してしまったということにもなりかねません。

時間を確認する程度の時間であればいいのですが、一度入ると脱出不可能のラビリンス

受験中ならではの気持ち、悩みからネットで検索する気持ちもわからなくもありません。

ただ、一番大事なのは「残された時間をどう使うか?」です。

「何が最優先か?」スマホはカバンの中にいれておきましょう。

 

学校の中にいる友人・知り合い

直前期でのモチベーションは正直受験生によって違います。

しかしそれに引っ張られてはいけません。

私の受験中、直前期でも廊下でよく長話をしている方もいました。そういった方に見つかったら脱出困難なラビリンス

なかなか回避することはできません。

そこでバシッと「勉強したいから」と言えればいいですが、そういう方ばかりでもないでしょう。

私もどちらかと言うと、そっちでした。

なので、席を立ってトイレに行くときなどは、ドラクエのようなロールプレイングゲームをイメージし、コマンド「逃げる」を選択し、

敵?(知り合い)に合わないようにしていました。(笑)

例えば私が3階で勉強しているとしたら、3階のみんなが集まる場所を通らずに、2階のトイレに行くなどしていました。

これも誘惑を回避するためです。

特に3科目やっていて、ほかの人以上に私には焦りがありました。この気持ちわかってもらえれば・・・。

 

テレビ、マンガ、イベントなど

自分が勉強している時期でも好きなTVは放送をやめてくれません。

ドラマにバラエティ、スポーツが目白押しです。

やっぱり一度見てしまうとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

私の場合にはサッカーのW杯、オリンピックなどはそうでした。

どうしても見たいものがあれば、時間を決めてみるか、ハードディスクに録画しておいて試験が終わってからまとめて見るなど。

この誘惑も断ち切りましょう。

私は何かイベントがあっても、試験後に参加するようにしていました。

 

息抜きをするなら時間を決めよう

特に1日中勉強して、自宅に帰ったあとは疲れていて息抜きしたくなります。

いくら1ヶ月でも、息抜きが全くないでは苦しくなります。

いろいろ書きましたが、この時期でもやっぱり息抜きは必要でしょう。

人間が酸素を吸って、二酸化炭素を吐くのと同じように息が詰まりすぎても良い影響はありません。

ガス抜きは必要です。

ただ、時間などを決めるべきです。

1時間なら1時間と決めて、その時間を天引きし、残りの時間をどう使うかでしょう。

残りの時間をどのようにつかいますか?

誘惑に流されて時間を消費するか?、それともストイックに投資時間とするか?

 

これは自分自身で計画するしかありません。後悔のない選択をしましょう。
本試験が終わった後はおもいっきり遊べます。

 

【編集後記】
昨日は、ブログの執筆時間以外は相続税申告の業務に。
7月で暑い日が続きますが、水分をたくさんとって熱中症にならないようにしましょう。

相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。
スポンサードリンク