iPhoneXSでブログを書いてみた WordPressアプリで体験

ブログ

スポンサードリンク




iPhoneでブログを書いてみました。

(この記事はiPhoneXSで書いています。)

PCで記事を投稿

ブログを毎日更新で918日目です。

昨日まですべてPCで書いてきました。

一度、iPadProで記事を更新してみようと試みたことがあったのです。

ただ、慣れたPCに比べると、文字入力はまだしもリンクを貼るのもやりにくく、プレビューの見やすさなどに大きな差を感じて、「やっぱPCだな」となったことがありました。

ただスマホでブログを更新する方もいるようで、今一度チャレンジしてみようかなと思ったわけです。

スマホでブログを書いてみた

今回つかってみたのは、WordPressアプリ。

このWordPressアプリで普段は「アクセスがどのくらいあるか?」、「どんな記事を見ていただいているか?」などの情報を見たりしているのですが、記事投稿の画面も一応あります。

WordPress
無料
(2018.11.29時点)
posted with ポチレバ

アイキャッチの設定

アイキャッチの設定は、投稿画面の右上にある(…)をクリックして、投稿設定から設定できます。

写真の挿入自体はメニューバーのプラスボタンを押せばいいので、それほど難しくありません。

見出しの設定

見出しの設定もそれほど難しくありませんでした。

下に表示されているマークの(H)をクリックして見出しの種類を選びます。

文頭でこの設定をすれば1文を見出しにできます。

HTMLモードへの切り替え

テキストモードとHTMLモードがありますが、この切り替えも投稿画面の右上にある(…)をクリックして切り替えします。

スマホで記事を書いてみて感じたこと

スマホで記事を書いてみて感じたことは次

のようなことです。

◯スマホなので軽い

軽さはメリットになります。なんといってもスマホの重さですから、PC以上に場所を選ばずに書けるというのは大きなメリットです。

ただ、スマホで書くことに慣れる必要はありますが。

×画像に触れると..メディア設定が起動されちゃう

投稿画面で記事に載せる画像ファイルに触れるとメッセージが表示されてしまいます。

表示させるつもりなくても、表示されてしまいます。

スマホはPCに比べると画面が小さいので仕方がないのかもしれませんが、操作性としてはやっぱりマイナス評価です。

◯ 写真の挿入

驚いたことの1つ、写真を載せるのはかんたんだったということ。

普段、記事を書くときはMarsEditというMac対応のツールを使っていますが、写真を記事に入れるのが、ドラッグ&ドロップなどで、操作がとてもかんたんなのが魅力 です。

通常のWordPressサイトに写真を載せたいときは、一度写真をインポートする必要があるので、めんどうです。

スマホもMarsEditと同じように写真アプリから選ぶだけなのでかんたんです。

ちなみに写真の位置指定やサイズは画像をクリックして、編集をクリックして調整します。

× プレビューしても実際の画面表示がわからず

通常、投稿前に実際の見映えがどうなるか?を確認してから公開します。

スマホアプリからだと、投稿後の実際の画面表示でプレビューできませんでした。(やり方があるかもしれませんが)

「実際の画面でこれがどう表示されるか?」はこれから投稿してみてどうなるのかというところです。

まとめ

初めてスマホで記事を書いてみました。

いつもはPCでMarsEditを使って書いていますが、たまには違ったことにも足を踏み入れてみると、PCのよさも、スマホのよさ、それぞれの違いもわかって楽しめます。

PCの方が書きやすいのは間違いないですが、スマホ、基本的な機能だけならありという印象です。

遠回りになることもありますが、色々試してみるのもおすすめです。


【編集後記】
昨日は会社の決算を中心にやりました。いまさらながらスタバのタンブラーを買ってみました。冷めにくくて意外にいいかも。

【1日1新】

相続でとある依頼
スタバ タンブラー
神戸Franz 半熟チーズケーキ


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。


スポンサードリンク