貸借対照表はこうしてできていく その時、その時の判断で今後が決まる

スポンサードリンク




経営をする上で貸借対照表は損益計算書に比べて見られにくいです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ただ、貸借対照表こそ、意識して作っていきたいです。

貸借対照表と損益計算書

わかりやすいようにざっくりの説明で書いてみます。

損益計算書は1年間の収益と費用の差額で利益を計算して表示したものです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

これに対して、貸借対照表は決算日時点での財政状態を表示したものです。といってしまうとわかりにくいかもしれません。

お金の調達をどのようにしていて、何に投資をしているかという状態を示すものです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

こちらの記事で貸借対照表のもう少し詳しい説明をしています。

貸借対照表をイメージ図で見てみよう 貸借対照表を理解するはじめの一歩 
経営をする上で重要なのは損益計算書よりもむしろ貸借対照表です。損益計算書にて計算される利益は毎期、貸借対照表に積み上がっていきます。貸借対照表をもっと活用す...

利益を出さないとお金はたまらない

この貸借対照表の右下、純資産の部ですが、ここをクローズアップしてみると、

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

資本金と繰越利益剰余金から構成されます。

資本金は増資をすれば、増やすこともできますが、増資をしないものとすると、繰越利益剰余金を増やしていく必要があります。

この繰越利益剰余金というのは、その時点までに出した税引後の利益の蓄積です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

毎期、利益を出していけば、純資産を増やすことができます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

純資産が増えれば資産が増えたり、負債が減ったりします。

資産である現金を増やすには、利益を出さないといけないといわれるのはこういったところでもわかります。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ただ、忘れてはいけないのが税引後利益の上にある税金です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ここで税金の精算をした上で税引後利益がプラスでないと、純資産を増やすことができません。

税金を払いたくないからと利益を出さないように経費を使えば、税金は最低限に収まりますが、利益がないのでお金も残りません。

お金を増やすには、利益を出していくことが必要です。

こういった仕組みを知っておくことが大事です。

貸借対照表は自分でつくっていく

貸借対照表はフリーランス・会社で必ず違ったものになります。誰ひとりとして同じものはありません。

貸借対照表は、それぞれの判断によって作られるものだからです。

利益を出してもその使いみちはいろいろです。

例えば、土地を買うという判断をすれば、現金だけでは変えないので借入金も増えることになり、土地も増えることになります。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

さらにその後には借入金の返済もしていく必要があります。

税金が200✕40%(税率は40%と仮定)=80だとすると、税引後利益は120です。

この120が借入金の返済にまわり、返済額が100だとすると手残りは20です。(土地は減価償却しないので、返済原資は税引後利益のみです。)

借入金の返済原資はなぜ税引後利益なのか? ざっくり考える
書籍を読むとよく借入金の返済原資はキャッシュフローを表す「税引後利益+減価償却費」であると記載されているのを目にします。西尾市の環境保全課を訪問。隣には市民...

 

土地を借りるという選択をすれば、借入金は増えません。

同じ損益状況で、土地の賃料が50の場合だと利益は150になります。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

税金は150✕40%=60で、税引後利益は90です。

返済はないので、この90は貯蓄にするか、投資をするかの選択になります。

利益も税金も手残りもこのように変わってきますが、もう1つ変わっているのが、貸借対照表の高さです。つまり総資産です。

この場合には、土地を購入した方が、総資産が大きくなり同じ利益を上げるのに、たくさんの資産を使っており効率性がわるくなります。

簡単に言えばメタボ体質になっているということです。

判断をする場面では、それぞれで貸借対照表がどうなるかを考えてみるといいです。

「土地を購入するとお金は寝る」 貸借対照表で考えるとわかりやすい
以前、社長から聞かれたことがあります。「会社で土地を購入したいんだけど、どうかな?」こういった場合、貸借対照表を使って説明するようにしています。土地を購入す...

 

 

【編集後記】
昨日は午前中だけ仕事。今日はこれから長女(7)の自転車の練習です。宿題やっていたり、自転車の練習をしているのを見ると少しずつ成長しているんだな~と感じます。^_^

 

,

スポンサードリンク







相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。