お金の使い方を学ぶことで得られるもの お金を上手に循環させよう

スポンサードリンク




お金にも使い方があります。

unnamed (1)

私も書籍を読んで学びました。

お金を貯めるだけではダメ 上手に使わないとお金は入ってこない

今思えば、サラリーマンの頃は「できるだけお金を節約して貯めよう。」という考えが強かったと思います。「将来、お金が必要だから貯金をしないと・・・」という漠然とした意識も強かったと思います。

そんな私がある時、和仁達也さんの「世界一受けたいお金の授業」を読んで、「お金の使い方」があるんだということを学びました。

確かにそれまでに税理士試験など自己投資もしていました。そのことから考えると体感もしていたのですぐに納得できました。

お金の使い方には二種類あります。「自分の価値を上げるお金の使い方」と「自分の価値を下げるお金の使い方」です。「自分の価値を上げるお金の使い方」とは自分の格を引き上げ、人生を豊かにする使い方のことです。反対に「自分の価値を下げるお金の使い方」とは、自分の格を引き下げ、ゆくゆくは身を滅ぼす使い方です。

手許のお金を上手に使っていかないと、新しいお金も入ってきません。

お金だけあればいいかといえばそうでもなく、上手にお金を使って循環させないといけないということですね。

このことは個人だけでなく会社でも同じことが言えます。

「お金の使い方」があるということをを知って、それ以後は自分なりに考えてお金を使ってきました。

意識的に行っているものは「自己投資」です。サラリーマン時代も書籍こそ購入していましたが、やっぱりセミナーに行くことは少なかったです。

給料から税金や生活費を引いた中で、自分なりの自己投資をしていました。

できることをやるだけでも、自分の意識への働きかけなど効果はありました。

ただ、独立するとさらに必要性を強く感じました。独立した今は自分自身が商品。自分自身の価値を上げていく必要があります。

書籍、セミナーなど気になったものには積極的にお金を出しています。

あとは人に喜んでもらうようにお金を使うということも大事なことだと思います。逆に最終電車に乗り遅れてタクシーで帰ったりなど浪費はしたくありません。

「お金の使い方」にも訓練が必要でしょう。私もまさに訓練中です。

客観的に見ると自分の投資の仕方がどう映るかはわかりませんが、「自分自身が自己投資をしている、自分の価値を高めている。」という意識を持っているという事実を大事にしています。

それが自信にもなります。

自分なりの「お金の使い方」の学び方

「お金の使い方」を学んだとしても、それを実際にやってみないと意味がありません。アウトプットです。学んだことは些細なことでも実際にやってみるべきでしょう。

私なりに「学べる」と感じたことは次のようなものです。

書籍を読んで、自分が興味を持てることにお金を使ってみる

まずは「お金の使い方」がどういったものかを学べる書籍を横断的に読んでみるといいでしょう。

お金の使い方をわかりやすく教えてくれる本はたくさんありますが、私が読んだ中で印象的な書籍を挙げてみました。

どちらも「お金の使い方」についてわかりやすく書いてあります。「お金の使い方」以外にも学べることが多い書籍です。

その上で、私の場合は「自分が何をやりたいか」を考えて、それに関するセミナーに参加したり、DVDなどの教材を購入したりしています。

イチから自己流で学ぶよりも一度はそのことに精通した方のスキルを学んでみて、自分なりに深めていくのがオススメです。

友人など身近な人がどうやってお金を使っているのかを研究 できることを真似してやってみる

私の場合、身近に「お金の使い方」が上手な人がいました。その人の行動を見て色々学ばせてもらっています。

気に入ったセミナーや教材があれば、お金を払って参加したり、購入したりしています。

私も購入した教材を見せてもらい、体感したことで自分自身も同じようなことができるようになりました。

先日も京都のリッツ・カールトンにも行ってきたそうです。お金を使って一流のサービスを体感することも大事なことでしょう。

ザ・リッツ・カールトン京都 - The Ritz-Carlton, Kyoto
ザ・リッツ・カールトン京都は、鴨川のほとり、東山三十六峰を一望できる立地にて、最高のおもてなしでお客様をお迎えいたします。

リッツ・カールトンは価格帯が一般のホテルとはちょっと違います。^^;宿泊は私にはちと厳しいですが、ホテル内のカフェに行くくらいは機会があればと思っています。

友人などで自己投資の価値観が同じような人がそばにいるといろいろ学べます。

お金を上手に使うことで得られるもの

「何にお金を使えばいいの?」と言われても価値観などは人それぞれで、上手に答えることは難しいです。自分なりに考えていく必要があります。

ただ、言えることは「自分が今まさに自己投資をしているんだ。」という意識を持つことが大事だということです。

読書、セミナー参加それ以外にもいろいろあると思いますが、自己投資などをして上手に「お金を使う」ことで将来的に新しいお金も入ってくることになり、更には同じ方向性の新しい出会いがあったりもします。自分の価値を上げることもできます。その効果は少なくありません。

これは「投資なんだ」と意識しながらお金をつかうことが大切です。

そういったことを体感すれば、自分自身にも自信がもてるようになり、その経験が自分を前向きにもしてくれます。

 

【編集後記】
昨日は6月決算の会社訪問、決算説明。午後は事務所でブログ更新、法人決算を。
オリンピックは、いよいよレスリング女子が登場。いきなり全員が金メダルは凄すぎですね。朝から多くの感動をもらいました。私が住んでいる大府市に彼女たちの出身校である至学館大学があります。ニュースにここまで大府市が取り上げられることは4年に1回のことです。(笑)

 


スポンサードリンク




相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。