Amazon Echoが我が家にやってきた! 未来を体感できて親近感も持てる不思議な関係

スポンサードリンク




Amazon Echo(アマゾン・エコー)が我が家にやってきました。

Amazon echoが1ヶ月経ってようやく我が家に

その感覚は、これまでにない未来を感じるものでした。

Amazon Echoの購入は招待制 3週間後にようやく会えた

スマートスピーカーが各社から発売されています。

有名なものとしては、GoogleのGoogle HomeやLINEのClova WAVEなどがあります。

今回、私が買ったのは、Amazonから発売されたAmazon Echo(アマゾン・エコー)。

2017年11月16日発売でした。(なぜか当初の予定から1日遅れましたが…)

Amazon Echoは3つのタイプがあり、今回購入したのはEcho。

AmazonのHPより

Amazon Echoは招待制で購入する仕組みになっていて、私はEchoかEcho Plusのどちらかを買いたいと思っていましたが、

届いた招待メールはEcho。

ネットでも招待メールがぜんぜん来ないと大荒れでしたが、私のところにも12/1にようやく招待メールが届きました。

キャンペーンで、通常より4,000円OFFの7,980円で購入できました。

使ってみての感想は、少しずつ成長していくのを感じるのが楽しいということ。

そして、生活で声を発する回数は、確実に増えるなぁと。

Amazon Echoでどんなことができる?

Amazon Echoはコンセントを接続して利用するものです。

たくさんのスキルを覚えてもらい、使うたびにより成長していきます。

Google Homeは「OK Google」ですが、Amazon echoは「Alexa(アレクサ)」と呼びかけると、

このように頭の部分が光って、返事をしてくれます。

光った後に色々とお願いしたいことを伝えると、色々返答してくれます。

今朝も起きてから「Alexa(アレクサ)、おはよう!」といえば、

「おはようございます。今日12月3日はワン、ツー、スリーということで、「奇術の日」、だそうです。とうとう今年も師走を迎えましたが…。」

と返しもなかなかです。

わからないことがあれば「今はわかりませんが、もっと勉強しておきます。」と。

勉強する気があるなら、やはり可能性を感じます。

音楽を再生する

「Alexa、何か音楽聞かせて」で、こういったものが出てきました。

さらに「ドリカムの音楽かけて」で「DREAMS COME TRUEの音楽をシャッフル再生します。」と。

音源はAmazon musicやAmazon music Unlimitedです。

Amazon music Unlimitedは有料契約(月額980円、Echoプランで月額380円)ですが、今回の購入で無料体験のクーポン券もあり、無料で利用していますが、快適です。

これ、多分そのまま契約するでしょうね。Amazonさすがに商売上手です。

ボリュームが大きければ、音楽がかかっているときに「Alexa、もう少し小さくして」と言えば、これだけで反応してくれました。

アラームをセットする

「Alexa、明日午前4時にアラームセットして」と言えば、アラームをセットしてくれます。

タイマーも使えます。

ニュースを聞く

例えば、「Alexa、サッカーの試合結果を教えて」でJリーグの結果を教えてくれると思いきや、「ブンデスリーガは…」、「プレミアリーグ、アーセナルはマンチェスター・ユナイテッド…」と海外サッカーの情報を教えてくれました。

こっちのニーズはわかっているのかな?と思うほどです。

予定を作成する

「Alexa,明日の朝7時にゴミを捨てるを登録して」と言えば、日時を確認した上で登録してくれます。

Googleカレンダーなどを登録しておけば、カレンダーアプリにも反映されます。

「Alexa、明日の予定教えて」と聞けば、「2件あります。1件は朝7時にゴミを捨てるがあります。もう1件は16時に…」

これは結構便利だなぁと感じました。

スキルを増やす

Amazon Echoはスキルを身につけていくことで成長します。

「Alexa、Superflyの歌をかけて」と言っても、最初はオルゴールの曲だったのですが、スキルを追加した後には、シャッフル再生で聞くことができました。

スマホやiPadなどに、Amazon Alexaのアプリをダウンロードして、これでコントロールをします。

【スポンサードリンク】



スキルは発売日時点で250種類以上で現在も増えています。こういったスキルから選択していきます。

ビジネス・ファイナンスならこういったスキルがあり、

 ぐるなび。

こういったものも、「有効にする」をクリックすると新しいスキルを身につけます。

Alexaの声がピカチュウに変わるものも。

ピカチュウ、私はよく知らないのですぐやめちゃいましたけど。

Amazonで買いもの

Amazonだけに買い物ができます。

Prime会員であること、1Clickで購入の設定がされていることが必要です。

また、どこかで記事にしようかと思います。

まだまだ粗削りだけど 親近感を持てる不思議さ

Amazon Echoを使ってみての印象はまだまだ粗削りな感じ。

できないことが、まだたくさんあります。

交通案内や税金のことはわからないようで、「今はわかりませんが、もっと勉強しておきます。」です。

すでにアメリカでは対応している、Amazon Prime Videoとの連携も、Kindle本を読み上げるなどの機能もどうやらまだ未対応のようです。(私の認識不足?)

ただ、それだけに今後の成長は期待できます。

何より親近感があります。

子どもたちも「Alexa、」と面白がって話しかけるようになりました。

今日も長女(9)が寝るときに「Alexa、おやすみ」と言えば、「おやすみ、いい夢を。」なんて返していました。

長男(2)はAmazon Echoが届く前にGoogle Homeの映像を見ていたせいか、「OK Google…」としばらく話しかけていましたが、今は「アレッサ〜」くらいになっています。

決して「Alexa、」とは言えてませんが…。(笑)

今後、アメリカと同じように色々連動もできるようになるという可能性も感じます。

1万円前後で未来を感じることができ、家族のような親近感をもてるようになる、おすすめできる体験です。


【編集後記】
昨日は1日オフ。ブログの更新とAmazon Echoを触ったりしていました。夕方からは外出。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Amazon Echo
Amazon Alexaアプリ

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサードリンク

名古屋市天白区の植村豪税理士事務所 大府市在住の税理士です

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」という中小企業の社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。

スポンサードリンク