独立したらスケジュールはゆるめにしておく

スポンサードリンク




独立してからというもの、スケジュールはゆるめにしています。

キツキツだと、やりたいことができなくなるからです。

忙しいのがすごい?

独立前、毎日予定が入っていることに憧れていました。

先輩には、予定がバンバン入っていたのに、自分にはそれほど。

先輩たちは会議中に突然席を立って、お客様との電話に出るのに部屋から出たり…私はそれほど。

当時は「すごいなぁ」と憧れたものです。

自分も事務所に勤務していた頃、紹介もいただけていたこともあり、少しずつ予定が入るようになり、気づいたら1ヶ月のうち、ほとんどで紹介で人に会う、もしくはお客様訪問が入っている時期がありました。

(もちろん、空振りもそれなりに)

その忙しいときに、失っているものがあると気づきました。それは自分の時間です。

 

予定が埋まりすぎていると…

人に会うことが多くなると、それだけ時間も埋まります。

つまり、こういうことです。

日中に紹介で人に会う「一度飲みに行きましょう」→夜飲みに行く

これ自体はよくある流れなのでしょうけど、これが結構続きました。

結果、夜はじぶんの時間にするはずが、飲み会がある日は当然じぶんの時間がなくなります。

「予定が埋まりすぎてもダメなんだ」

と感じたのはこの時の経験が前提になっています。

もちろん、飲みにいくのは今でも、ですが、今はどこでも顔を出さずに選んでいます。

独立してからはスキマを作ることを意識

そんな経験も踏まえてやっているのは、予定を入れすぎないこと。

連続3日外出予定を入れない、丸1日予定を入れないなど。

予定を入れすぎなければ、

  • じぶんのスキルアップをする時間もできる
  • 平日にプライペートの予定を入れることもできる
  • 体調が悪くなっても、被害は最小限
  • 子どもと遊ぶ時間ができる
  • トラブルがあっても対処しやすい
  • ブログを書ける

といったことがメリットとなります。

仕事が減るじゃないと思われるかもしれませんが、仕事ばかりをしてしまうと、売上は増えるかもしれませんが、失うものも多いです。

  • セミナーに行けない
  • 家族との時間を持てない
  • 友人と楽しむ時間がない
  • ブログを書けない
  • じぶんの時間を持てない

先日、東京のセミナーに参加できたのもスケジュールをゆるめにしていたからで、翌日まるまる予定があったら行けていませんでした。

仕事が少なすぎても、食べていけなくなるので困りますが、多すぎるのも時間の面で困ります。

休み、じぶんの時間も取りつつ、残った枠でどう仕事をしていくか。

やらないことを決めておく必要がありますし、安売りもできなくなります。

こういったことが、フリーランスとしてはいい訓練になりますし、やり方次第で仕事のスタイルを変えることができるのがフリーランスのいいところでもあります。

 

スケジュールについて、マイルールを決めておくというのは、ぜひやっておきましょう。

私は税理士業は18時30分以降はしないことにしています。最近はそれより前に終えることがほとんどですが…。

 


【編集後記】
昨日はお客様訪問。「レバテックフリーランス」というフリーランスのITエンジニアの求人情報サイトのお役立ちコンテンツの1つとして、当ブログの記事《フリーランスのお金の管理は「分ける」ことから始めてみよう》をご紹介いただきました。さらに横浜のひとり税理士戸村さんの記事も。家計簿アプリとExcelを使ってわかりやすく説明されています。

レバテックフリーランスの記事
→ フリーランスは家計管理が大事!家計のやりくりに役立つ記事特集

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
とある業種向けの雑誌
レバテックフリーランス記事掲載


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。


スポンサードリンク