たいしたことないかどうかは発信してみないとわからない  

スポンサードリンク




フリーランスになると、自分が商品です。

それだけに自分の「たいしたことない」という感情と向き合うことが必要です。

壁はじぶんで勝手につくっていることも

「これって出しても全然たいしたことないし、誰も興味示さないんじゃ…」というのは考えがちです。

例えば、このブログでも。

何を書くかというのを毎日考えていますが、常に書くことが浮かんでいるわけじゃありません。

ネタに困ることもあります。

ただ、「これしか浮かばないや」と書いて出してみると、意外に読んでいただけることも多いです。

さらに最初は読まれていなかった記事がしばらくしてから検索で入ってきていただき読んでいただけるといったことも。

最近で言うと、こういう記事。

iPhoneケース『iFace』レビュー 持ちやすさ・デザイン・耐久性の3拍子そろい踏みでおすすめ

2018.07.21

ゼッケン、まだ手書きしてるの? PCから印刷できるアイロン印刷シートあるよ!

2018.04.21

内容が評価されたかどうかは別としても、読まれないという壁は超えました。

結局、壁はじぶんの思い込みだったりします。

本当はすごい低い壁なのに、自分で必要以上に高い壁にしているということです。

そう最初に感じたときから、ひとまず考えたことは書いてみるようになりました。

自分が力を入れて書いた記事が意外と読まれていないという現実もあるのですが、まぁそれはそれで仕方ありません。

またどこかでネタにするだけです。

「たいしたことない」の感情を捨てる

フリーランスになると、この「たいしたことない」という感情が、ときにじぶんの判断を迷わせることも。

  • この値段でいいのかな?
  • 人前で話せるかな??
  • ネットに自分が顔だして大丈夫かな?
  • お客さんきてくれるかな?
  • こんなネタで読んでくれるんかな?

こういった感情と向き合って、少しずつ取り除いていくことが必要です。

「じぶんがやっていることはみんなもやっているんじゃ…」と思いがちですが、意外とそうでもありません。

私もそう感じていた1人です。

 

「たいしたことある」をイチから作るより、「たいしたことない」を「たいしたことある」に変える方が楽なはず。

そのためには自分の気持ちが必要以上に高くしている無駄に高い壁を下げる必要があります。

「たいしたことない」を「たいしたことある」に変えるには?

たいしたことないをたいしたことあるに変えるためにやっているのは、とにかく「発信」してみるということ。

出さないとそれが「たいしたことない」のか、「たいしたことある」かもわかりませんし、ある人からすれば、「たいしたことない」ですが、別の人からすると「たいしたことある」の可能性もあります。

具体的にやっていることは次のようなことです。

ブログで書いてみる

ブログに書いてみるというのは発信の1つの方法。

自分なりの「たいしたことない」を貯めることができるブログは、発信する場所としても最適です。

毎日書いていると「たいしたことない」と思っても、書き続けようとするなら、出さないわけにはいきません。

でもそれがいいのです。

たとえ、その日出したネタが読者の方の「たいしたことない」でも、次の日以降に「たいしたことある」がでる可能性もあります。

打席に立っても毎回ヒットを打てるはずもありません。

文才がない私が毎日書いている理由でもあります。

セミナーで話してみる

最初は「みんなが…」なんて思っていても、いざ話してみると、自分だけの体験だったと気づくことも意外にあります。

セミナーの告知で試しに出してみたら応募があった、セミナー後に声をいただいたときでも気づくことは多いものです。

何が引っかかるかもわかりませんから、ひとまず出してみる、出さないと損です。

 

相手が誰かというのもポイントです。

例えば、税理士の方から見たら「たいしたことない」でも、税理士以外の方から見ると「たいしたことある」になることも多いはずです。

これだけ人がいれば、誰か1人くらいには「たいしたことがある」と思ってもらえる。

そう考えると、自分で必要以上に壁を高くしないで、出すことも楽になります。

 

まずは出してみる。

それによって自分の提供するサービスの価値も正しい方向に向けることができるはず、そう考えています。

 


【編集後記】
昨日は東京からスタート。朝、ラッシュ時間を避けて山手線に乗車しようとしたものの、これが甘かったようで結果、満員電車に乗ることに。名古屋と同じ感じで考えていました。それでも新宿でかなり楽になりましたが…ちょっと甘かったようで。帰宅して午後は株価評価の仕事完了。夜は妻のiPhoneのデータ移行を。余ったiPhone6を売却する予定です。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
品川駅構内のショップ
macOS Mojave
妻のiPhone6→iPhone7へのデータ移行


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。


スポンサードリンク