手続きはやっぱりあっさりでドライなのがいい

スポンサードリンク




申し込みはできるだけかんたんにしたいものです。

自分のサービスでも、その方向性を目指しています。

手続きはわかりにくいもの?

世の中のサービス、申し込みはまだしも、解約となると手続きがややこしいものが多いです。

 

これまでで一番手強かったのが、格安SIMに変えようと、携帯のMNPを取得したとき。

格安SIMに乗り換えしてみた iPhoneをSIMフリーで購入しFREETELで契約

2016.11.06

ネットでそれらしい項目があっても、結局わからなかったり、最後は電話しないとダメという流れでした。

  • 電話つながるまでかなり待たされる
  • 他のサービスを勧められる
  • ポイントをたくさんつけます
  • 理由もしつこく聞かれる

といった感じです。

あれだけしつこくされたら、余計に「もういいよ」って思ってしまいます。

 

そんな中、とあるサービスを解約しました。

ネットから手続きできないかと探しましたが、予想どおりHPには見当たらず、店頭に行くことに。

店頭で解約の意思を伝えたのですが、「わかりました。少々お待ちください」とその後、驚くほどあっさり解約完了でびっくりしました。

サインでよく、ハンコも不要でした。

手続きにかかった時間は5分もかかっていません。記入項目も5つくらい。

特に引き止めもなく、「またよければ…。」程度で。

もし引き止められたら…と、流星拳の準備はしていましたが、今回は必要なし。

 

やっぱり手続きはシンプルがいいなぁと改めて感じました。

特に解約については、時間がかかったり、理由を聞かれたりとあっさりしていないことも多いです。

 

手続きはあっさりできるのがいい

手続きをかんたんにするには、やはりネットを使うことが欠かせません。

  • わざわざ行かなくてもいい
  • ハンコがいらない
  • 紙に書かなくてもいい

とメリットも少なくありません。

ということで。モノを買ったり、サービスを受けるときは、できるだけネットで完結するものを選んでいます。

  • セミナーを申し込むならネットで。
  • 教材を買うならネットで買う。
  • Webセミナーを受講する

といった感じです。

電話やFAXで申し込みなら、その時点でやめます。…と言ってもFAXありませんが。

 

あと決済については、できるだけクレジットカードにしています。

ネットで申し込みできて、さらにクレジットカードが使えると、申し込みから決済までがスムーズです。

 

振込みもあるのですが、ネットバンクから払うまでには、いくつかプロセスも必要です。

私の場合だと、パスワードの入力を何ヶ所かしないといけない、金融機関によっては、ワンタイムパスワードとかもありますし。

そんなわけで、振込みとカードがあればより手続きがシンプルになるカード決済を選んでいます。

 

 

手続きがあっさりしていると、「本当に大丈夫?」という不安な気持ちもあるのかもしれません。

ただ、手書きにしたからと言って、ハンコを押したから、時間をかけたからと言って、手続きが安心できるというものでもないでしょう。

いいと感じたものはまず自分もやってみる

自分が仕事を受ける側としても、このあっさり、ドライに、というのは意識しています。

そして、このあっさり・ドライにを実現させるには、ネットを使うことが欠かせません。

サービスの告知から申し込みや受付メール、決済といった手続きを、できるだけシンプルにというのを目指しています。

選択(入力)項目は少なくし、決済方法にクレジットカードを入れて選択できるようにといった感じです。

 

自分が受けてみて、いいなと感じたことを活かすためにも、まずは取り入れてみることが大事かと。

「もうちょっと修正した方がいいかも」と感じたときにも、すぐに修正できるのもネットのいいところです。

 


【編集後記】
昨日はオフ。午後から友人家族と一緒にヤクルトの工場見学。そのあとは長久手の愛知県児童センターで遊びました。子どもが喜ぶようなイベントも色々やってて、中でも、ヒントをもとに、館内にあるキーワードを探すというゲームは、長男(3)が文字を読めないのもあり、いつの間にか夢中になっている自分がいました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Pasto 豊明店
長男(3)とヤクルトの工場見学


スポンサードリンク