言葉は行動につながる 『使わない言葉』を決めておくといい

スポンサードリンク




どんな言葉を使うか、というのを意識しています。

言葉1つが行動にもつながるということもあって、使わない言葉を決めています。

『言葉は影響するからね』

先日、とあるところで「言葉は影響するからね」という話がありました。

実際、「考えは言葉になり、行動につながる」とはよく言われますが、これ本当にそう思います。

税理士試験の出来が微妙で内心不安だったとき、自分の中で「大丈夫、絶対合格しているから」と心の中でなんどもつぶやいていたら、本当に合格していたことがありました。

その一方で、「ん、なんだか身体がだるいな」なんて思い始めたら、やっぱりその流れで風邪を引いてしまったということも。

どこまで影響しているかどうかという話はあるものの、考えないより考えた方がいい、ということでどんな言葉を使うかというのは気にしています。

それ次第で行動に反映してしまうというのは嫌なので。

そのためには、まずは使う言葉に気をつけるようにしています。

 

補足
あくまで個人的な見解であり、個人批判をするものではないことを最初に断っておきます。

使わない言葉を決める

どんな言葉を使うかを決めることができればいいのですが、範囲が広すぎますし、ボヤけてしまいます。

そこで使わない言葉を決めておくということをしています。

私が使わないようにしている言葉には、例えばこういった言葉があります。

忙しい

独立する前は「忙しいんだよ」と聞くと、仕事がたくさんあって、すごいなぁと思ったこともありました。

今思うのは、その反面、「忙しい」という言葉には仕事に追われているという感じがするということ。

仕事の時間を決めている、残業を嫌いな私からすると、この言葉は天敵でもあります。

「どう最近は?忙しい?」というのは、決まり文句のようによく聞きますが、私はこれを聞かれたら「忙しくはないよ」と言うようにしています。

指導

税理士の世界であるのがこの「指導」という言葉です。

「記帳指導」なんて言葉があるように、普通に使われている言葉ではありますが、上から感があってどうも好きになれません。

もう過去の、上から目線のサービスは終わっています。(世にはまだまだあるようですけど)

この言葉、変えたほうがいいんじゃないかとも思いますがどうでしょうか。

家族サービス

よく「家族サービス」とは、言いますが。この言葉は以前お客様がおっしゃってて、「なるほどな〜」と思って、それ以来使わないようにしています。

家族サービスと言うと、あくまでサービス。確かに言われれば、一方的な感じがしてしまうのです。

自分は楽しませることに徹して、自分自身が楽しんでいる感じが伝わらない感じも。

家族みんなで遊ぶ、というようにしています。実際遊んでますから。

疲れた〜 あ〜あ

疲れたときくらい、疲れた〜と言いたいと思う人もいるでしょうけど、この言葉を聞くとどうもパワーを奪われる感がしてしまいます。

禁じ手にしました。

使わない言葉を使わないようにするための練習

たかが言葉、されど言葉。

マイナスな言葉がマイナスな行動をつくるということであれば、気にしないわけにはいきません。

ひとりでやっているので、こういったところがけっこう大事だったりします。

とはいっても、ついつい出てしまうこともあります。

 

そうならないようにするための練習が必要です。

この練習をブログに書くことでしています。

話せるようになるためにはまず書くことからということで、書くことを続けています。

書いてみて、その言葉を書いていたら「あっ…」と踏みとどまることができます。

(そのまま書いていることもあるかもしれませんが)

それを繰り返していれば、話す、言葉につながることもなくなってきます。

現に、「集客」という言葉は使っていません。

 

言葉が行動につながるということであれば、先に「使わない言葉」を決めておく、書いておくというのはおすすめです。

 


【編集後記】
昨日はオフ。午前中から子どもたちとプールに行くために西尾市の吉良方面へ。そのあとはパン→かき氷を食べに西尾市街へ。そのあとのかき氷は50分待ち。その間にみんなで近くの本屋に行き、みんなで本を仕入れ。待つときに本屋が近くにあると助かります。クランベリーチョコ?のパンは絶品でした。エスプーマという氷の上にクリームをかけるというかき氷に初遭遇。人気の理由はわかりました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
長男(3)とホワイトウェイブ21
Happy Bakery TAKU TAKU
cafe LUKE
エスプーマかき氷
スタバ ヴェルサウォーク西尾店


スポンサードリンク