「働きすぎていないか?」の判断基準は子どもとの時間をもてるかどうか

スポンサードリンク




働き方を変えようと思ったきっかけは家族。

家族との時間がとれるかどうかを基準にしています。

毎日タクシー帰宅 ちっともうれしくない

サラリーマンの頃は、毎日残業でした。

新入社員の頃、早めに帰っていて、一度上司に釘をさされたことも。

これが東京に転勤になってから、さらに拍車がかかりました。

日中は会議に参加してから、17時頃になってから、ようやく自分の仕事です。

日が変わった夜中に、タクシーで家に帰る。

そんな生活で完全に仕事に追われていました。

これはその当時住んでいた横浜の鶴見。東京からここまでタクシーで帰ってきていました。

先日、通りすがりに見てきました。前に一度見てから10年ぶりくらいです。

駅前はかなり整備された感じでした。こんな駅ビルじゃなかったですし。

そして、当時住んでいたマンションはこのすぐそば。

まったく変わっていなくて、ある種の感激も。

 

ただ、もうあのときに戻りたいとは思いません。

今は仕事に追われないような生活を目指しています。

働きすぎない基準は子どもとの時間がもてるかどうか

働きすぎていないかどうか?

その一つの基準として「家族との時間がもてるかどうか」というのがあります。

とくに子どもはいつまでも起きててくれません。

毎日遊び疲れて、たいてい20時とか21時前には寝ています。

なので、仕事を夜までずっとやっていたら、子どもとの時間をもつことはむずかしくなります。

ということで、しごとは18時とか18時30分には終わるようにして、そのあとは家族との時間を持つようにしています。

(セミナー後の懇親会とか、なにか予定があれば別ですが)

確定申告の時期であっても同じです。

確定申告時期でも仕事のスタイルを変えないために 日々戦って残業から逃げる!

2017.03.06

休みやすく働きやすくをバランスよく

しごとに追われていても、家族や友人との時間はもてません。

逆に、そればかりでも食べていけなくなってしまいます。

やはり、バランスよくというのが目指すところです。

今では独立前のような「休みにくいなぁ」というのはなくなりました。

先日、子どもたちが夏休みということで、東京へ行き家族との時間を過ごしてきました。

「変なホテル」と「三鷹の森ジブリ美術館」 スタッフが本当に必要かどうか?を考えてみた

2018.07.28

今回も「金曜日と土曜日はいませんので」と、とくにお客様に伝えることなく出てきています。

東京へ行った翌日は赤レンガ倉庫へ

こういったものを食べてました。

帰りは台風を恐れて早めに名古屋に向けて出発したものの、ガラガラで拍子抜け。

そこで、予定外でしたが、子どもたちの希望で浜松スマートICで高速を降りてnicoeへ。

その後は大好きな福満の餃子も。

といっても、完全オフではなく、そこそこ仕事もしていました。

あまり知らない場所でも、PCがあり、ネットがつながり、場所があれば問題ありません。

子どもたちとの時間をもちつつ、しごとができるように、しごとの量についても意識しています。

何と言ってもひとりですし。

 

そして休みのとり方。

独立した今は、平日の朝にカットに行くといったこともありますし、今回のように平日から旅行に行くこともあります。

逆に。独立前には必ずチェックしていた祝日などの意識もありませんし、お盆休みとか夏休みという意識も今ではもうありませんが。

 


【編集後記】
昨日は久しぶりに栄へ。新しい仕事をさせて頂くので、その仕入れが目的。なんとか収穫ありました。移転リニューアルした丸善にも。ロフトのジュンク堂書店と丸善が近くなったのは、本探すときにはいいのかも。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
スタバ 栄 チェリープラザ店
スタバ レモンシフォンケーキ
丸善(移転リニューアル後)


スポンサードリンク




相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。