自主開催セミナーでやらないと決めていること 本番でやらなくなったこと3つ 

スポンサードリンク




「セミナーの準備、本番でどんなことをやっておこうか?」

自主開催セミナーならその準備、進め方も自分で自由に決めることができます。そんなわけでやらないと決めていること、やらなくなったことがあります。

話す仕事、最近の傾向

最近、少しずつ芽を出しつつある、話す仕事。

自主開催セミナーも少しずつできるようになってきました。

先月は気づいたら、4回セミナーやってました。

(あとから思えば、もう少しスケジュール緩めでもよかったかなと。)

そして、今月は、明後日の火曜日にセミナーを開催する予定です。

とにかく、独立したら話す仕事もやらないとな、という思いから始めた講演、そして自主開催セミナー。

やってみると意外にできるものです。

やらないこと・やらなくなったこと 全部で3つ

自主開催セミナーをやるに当たって、やらないと決めていること。

そして、最初の頃は、それまでに見ていた講演やセミナーでやっていたから、「やらないといけないのかな」と思ってやっていたこと、あまりこだわる必要もないなぁと感じてやめたことがあります。

それは、次のようなものです。

最低開催人数 ○人

よくあるセミナーには、こんな記載があります。

「最低開催人数○人」

これ、字のとおり読むと、最低開催人数が集まらなかったら、やらないってことでしょう。

締め切り日まで引っ張って、締切日になって「人数揃わなかったから、今回はやりません。」というのは私にはできません。

まず予定をセミナーのために開けていただき、その後に予定が入りそうでも、「セミナーがあるから」と断っていることも想定されます。

それで「最低人数にならなかったから」と断ったら、「あの予定入れておけばよかった…」となることもあり得るわけです。

そんなことがないように、参加者が1人でもいれば、開催決定です。

プロフィール紹介

最初の頃、プロフィールの紹介をスライドを作ってやっていました。

自分がどんなことをやってきたかを知ってもらうためにです。

でも、よく考えるとセミナーに来て頂ける方、ブログをご覧になったことがある方と想定されます。

私についても、最低限の情報は知ってくださっているでしょう。

だとすれば、これはなくてもいいのかなと。その分セミナーで話をした方がいいんじゃないかって思いました。

そんなことから最近は最初にあいさつだけをして、そのままネタを話すようになりました。

前日のひとりリハーサル

独立当初にやっていたのが「ひとりリハーサル」。

人前で話せるようになるために私がやってみたこと、意識していること 

2016.06.26

まだ、最初の頃は時間内に終わるかどうか気になりましたし、話す内容を忘れちゃったらどうしようという不安もあったりして、前もって自分で声に出して練習していたのです。

でも、ここ最近はやらなくなりました。

つまりぶっつけ本番です。

それでも、「時間内に終わるかな〜」という不安は少しありますが、意外と大丈夫ですし、話す内容がその都度多少違っていても、そのときそのときで感じたことを話せばいいかな、なんて前向きに考えています。

どんどん変えていける それが自主開催の魅力

自主開催セミナーのいいところは、自分でネタも運営も考えて、必要があれば変えることができるところです。

実際、前述のような感じで変えてきたことがありました。

もちろん、現状のままということではなく、またどこかで必要があれば、そのときに変えればいいと思っています。

それは自分で話をしてみて、「ん、ここは変えておいたほうがいいかも」と感じたり、他の方のセミナーに参加して気づくことだったりします。

ひとり仕事に欠かせない自分なりのセミナーの選び方 セミナー参加で『1粒で二度おいしい』の理由

2018.07.04

語る内容も日程も自分で決めることができるのも、自主開催セミナーおすすめな理由です。


【編集後記】
昨日は1日オフ。午前中は読書タイム。午後はクーラーの買い替えなどでケーズデンキなどへ。いい買い物できました。それにしてもなんだか急に夏になってきた感じです。

【W杯ひとりごと】→期間限定・ネタバレなし
今日の3位決定戦、昨日は早めに寝たこともあり、朝起きて時間差でチェックしましたがなかなか面白かったです。今日のファイナルも期待したいです。どうも決勝が結構さむい試合であることが多いので。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
ピノ トリュフショコラ
とあるモノ注文


スポンサードリンク




相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。