独立してからの新しい選択肢「どこで仕事をするか?」 自分にあった環境をつくる

スポンサードリンク




独立してからどこで仕事するかという選択肢ができました。

 

そのときの心境で変えたりすることも多いです。

閉ざされた世界は苦手

ずっと同じ場所にいるということが苦手です。ある意味落ち着きがないということでしょう。

 

独立前、勤務していた頃にも、外出する予定がないと、「ちぇっ、今日は外出なしかぁ。」なんてがっかりしてました。

会計事務所では、お客様の訪問やセミナーにいくといったことがなければ、基本的には内勤。

そうすると動くと言っても、その時間はわずかです。

 

事務所にいて、気分が乗らないからと「今日はちょっと外に出てきます。」といってももちろん却下でしょう。

気分次第で動けない。

行動するパターンも、事務所かお客様のところ、それとたまに行ける研修の会場くらい。

さらに静かすぎる雰囲気がこれまた苦手なのです。(ちょっと音があるくらいの方が仕事がはかどります。)

「ちょっと音楽かけましょうか。」といってもこれまた却下でしょう。

 

外出がない日は、1日机に座っていることもあった、まさに閉ざされた世界。

まるで、「精神と時の部屋」です。

 

独立したら自分で決めることができる

独立したら自分に一番あっている環境を作るというのはおすすめです。

誰にも「やめといて」とは言われません。

確かに独立すると誰にも相談できないとか、事務処理まで全部自分でやらないといけないというデメリットももちろんあるのですが、それはやり方次第ですし、それ以上にメリットも多いです。

少なくとも自分の意思と違う行動をしないといけないということはないはずです。

  • どこで仕事するか?
  • 仕事の時間はどうする?
  • どんな仕事をするか?

 

こういったことは自分で自由に決められるわけです。

独立後の環境は自分でつくる

独立する前に体験した閉ざされた空間、そして静かすぎる場所。

 

そんな苦手な環境から脱出するために仕事の環境は重視しています。

どこで仕事をする?

もちろん机で仕事もしますが、外で仕事をすることも多くなりました。

例えばカフェや図書館など。勤務していたら、給料をもらっている身ということもあり、やっぱり却下でしょう。

ずっと同じデスクで仕事をする気分にならないときには、こうして外で仕事することも多いです。

原稿書いていた時は特に。

さらに今度は東京、大阪でも仕事をする予定。

独立して、その行動範囲は広くなりました。

これも自分で選んだことです。

静かすぎる環境には?

静かすぎるのが苦手なので、ラジオをかけたりするのが好きでよくやっています。独立前はほとんど利用していなかったのですが。

 

radiko.jp
無料
(2018.05.26時点)
posted with ポチレバ

 

カフェなどでは、そもそも何か曲がかかっているので問題ありません。

といってもどちらもバックでかかっている程度で、しっかり聞いていません。でも、これが今の自分にはあっています。

あと、動画を1回流したこともありますが、やっぱり見てしまうのですぐにやめました。

もちろん、逆に静かにしたいときもあります。読書やwebで受講するときなどです。

 

まぁ、これは私の好みなのですが、独立すれば仕事の環境も自分の思うようにつくることができます。

独立前、苦しんだことを思い出し、独立後はそれと反対のことをやってみましょう。

独立前の経験がベースになるはずですが、私も独立してから変えたことは数多いです。

自分で変えてみたことを検証してみる 判断が違ったら軌道修正すればいい 

2017.03.10

 


【編集後記】
昨日は午後から自主開催セミナー 。最近になってようやくJRゲートタワーのこともわかってきました。独立してから名古屋駅に行く機会もかなり減ったので。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
K+名古屋
とある依頼


スポンサードリンク