ブログとの2年前の出会いが分岐点に たった1日の行動で舵は大きく切られた

スポンサードリンク




 

たった1つ、たった1日の行動で意外に大きく動くものです。

 

私は2年前の今日が大きな分岐点の1つだったと言えます。

人生にはいくつかの分岐点がある

人生80年、いや100年?

40年以上、生きてくると人生の分岐点というものがやってきます。

もちろん、わたしにもありました。パッと思いつくのは3つ。

 

最初の分岐点は29歳の夏、会社をやめて税理士試験受験をするという道を進むことになりました。

(勤務せずに専念。よく考えると、このときすでにひとと違う行動していたなぁと。)

次の分岐点は、独立。まぁ、意外に最近のことです。^^;

税理士試験を受ける以上は独立はしたい。そう思っていたので、早めに分岐点の前にたったのですが、この分岐点で税理士事務所に勤め続け、約5年立ち止まることに…。

そして5年経ってようやく、独立の道へ進んだわけです。

そして、3つ目はブログを始めたこと

それまで問題意識はあったものの、ネットに自分を出すのに抵抗があったわたしが、ずいぶんと思いきった行動に出たものです。

それだけ、井ノ上さんのブログ、EX-ITは僕に刺さりまくったということでしょう。記事が無限ループになってますから。

そして、分岐点に立ったのが2年前の今日、2016年5月23日。

東京の目黒に行き、ブログセミナーを受けたのです。

平成28年5月23日にブログセミナーに参加

あのときの自分と比べると成長もたくさん

まずはドメインを決めて、WordPressを立ち上げるところから。

レンタルサーバーの契約をしたりと、とにかく言われたとおりにやるのに必死でした。(汗)

約5時間のセミナーがあっという間に終わりました。

2年経った今でも、ハッキリと覚えています。

それから2年が経ち…。

毎日続けることでの結果も、たくさんありました。

  • 700を超える記事
  • 自分でブログのカスタマイズ
  • セミナー自主開催
  • 書くチカラ
  • ITスキル
  • メンタル
  • ブログを読む

過去の自分と比べてみると、多少は行動力ついたかなと。成長しているかなとも感じとれるものです。

特に最初の頃の記事とかは、もう見たくないです。

大きな収穫だった2016年5月23日

この2016年5月23日、たった数時間でしたが得られたものが大きかったのです。

何よりも2つの出会いがありました。

 

今の自分のスタイルを教えてくれたのは、間違いなく井ノ上さん。

あの本がなく、EX-ITがなかったら、セミナーに行ってブログを教えてもらっていなかったら、あの日懇親会で話をしていなかったら、「ひとり」でやるという強い決意を持てたかどうか。

もちろん。ブログ、セミナー 、コンサルなどで教えてもらったこともたくさんです。

井ノ上さんを知らなければ。おそらくMacやiPadを使うこともなかったでしょう。

 

ブログを毎日みては、刺激を受けているのは、私だけじゃないはずです。

 

そして、ブログ、やろうとした人はたくさんいたけれど、井ノ上さんのブログセミナーを受けたあとの継続率は2割くらいとか。(本人談。今はもう少し少ないのかも)

その日参加したブログセミナーには定員の4人の参加者。そして、現在の生存率は50%。(たぶん)

このときのもうひとつの出会いが横浜のモロトメさん。初めてあったブロガーです。

その翌日から今日まで、お互いに毎日更新した記事を確認し合うという、いい仲なのです。

このモロトメさんの存在が、私にとっていい刺激になっていることは確かでしょう。

記事も楽しく、セミナーも毎月開催と、ホント気づきをもらうことも多いです。

 

それ以降、いろいろと刺激をもらえること、楽しめる仲間は増えましたが、私にとってその原点、始まりは、2年前の今日、セミナー後の3人での懇親会だったりします。(笑)

帰りの新幹線で、少し酔いながらなんとなくブログを書き始めていた光景も思い返されます。(当日、書いちゃおうと思ったのですが、時間めちゃかかって、結局翌日に更新)

 

とまあ、色々思い出してみましたが。区切りのときに、一度自分の行動を振り返ってみるのはおすすめです。私はよくやってます。ブログでも。

 

それがきっかけで次の行動につながることもあります。


【編集後記】
昨日はお客様訪問。W杯の各国の代表も決まりつつあり、W杯もすぐそこまで来ています。ただ放送時間は結構、夜中が多く…。これをどうするか、悩みどころです。独立してマスターした、「ずらして見る」が現実的なところかなぁ。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
スタバ コールドブリュー アップル シトラス


スポンサードリンク